アリさんマークの引越社の評判は?営業や作業員の違いは?

引越し業者には様々な業者がありますが、その中でもテレビCMなどでよく目にする業者もあります。



いわゆる大手引越し業者になりますが、その特徴的なCMをしているのが『アリさんマークの引越社』です。



有名な会社なので、引越しをする際の見積もりのひとつの候補として考えることも多いはずです。



引越しは安くできるのが理想的ですが、大切な荷物を運んでもらうからこそその引越し業者の評判も気になるものです。



ではアリさんマークの引越社の評判はどうなのでしょうか?



評判


営業・作業員・アフターケアの3つの対応別にご紹介していきます。



スポンサーリンク

次の記事もあなたにおすすめです





アリさんマークの引越社の評判 営業




まず引越し見積もりをもらう際の最初の窓口ともなるのが、営業担当者です。



交渉


電話だけで見積もりをすます、という場合もありますが多くは正確な金額を知るために訪問見積もりに来てもらうことも多々あると思います。



では、アリさんマークの引越社の営業マンの評判はどうなのでしょうか?



良い評判




  • 値段交渉前から値段を安くしようと頑張ってくれた

  • 自分たちの荷物量にあったプランを提案してくれた

  • とにかく丁寧で清潔感があった

  • あまり営業っぽくないのでいろいろと相談することができた



  • という、いわゆる営業において『好印象』を感じるような対応ばかりです。



    好印象な営業を感じた人は値段にかかわらず、そのまま契約をすることが多いです。



    実際に、私も引越しの見積もりをもらう時に思いますが、どうしてもはじめは『値段』重視で考えてしまいますが、何人かの営業マンと話をしていくうちにその良し悪しがわかってきます。



    多少値段が高くてもしっかりとした接客をしてくれる業者か、ただ安くすればいいから接客も雑な業者。



    その価値にすれば何十万~何百万もの自分たちの大切な荷物をどちらに安心して任せられるのか、ということなのです。



    だからこそ、営業担当者のその会社の基準を知るためにも印象は大切なものです。



    一方で悪い評判は




  • 上から目線、他社の悪口ばかりいう

  • 「アリさんマーク」というブランドという言葉を繰り返して、こちらにひとつも歩み寄ってくれない

  • 断ったら逆ギレされて、すごい剣幕でまくしたてられた

  • 当たり前のように遅刻してきて、謝罪もなし


  • というように、ふつうに考えたらありえないですよね。



    ですが、残念ながらこういった現実もあるのです。



    良い評判と比べると、同じ会社とは思えないかもしれませんが全国展開している大きな会社こそ、たくさんある営業所ごとにそのスキルや対応レベルなどが変わってくるためにこのような悪い評判も聞くようになってしまうのです。



    こういった営業マンのレベルの違いは、作業員のレベルにもつながってくるために営業マンの対応があまりよくなければ安くても頼まないというのが一番ですよ。



    アリさんマークの引越社の料金は?値引きさせるコツは?



    アリさんマークの引越社の評判 作業員




    次に、引越し作業員についての評判をみていきましょう。



    作業員


    良い評判




  • 丁寧で素早く引越しをしてくれた

  • てきぱきと仕事をしてくれて予定の引越し終了時間よりも早く片付いた

  • リーダーのような人がしっかりと支持を出してスムーズに引越しをしていた

  • ぼろぼろのたんすにも関わらず、申し訳なくなるぐらい丁寧に運んでくれた

  • マンションだったのでほかの住民に迷惑にならないか心配していたけれども迅速な作業をしてくれたの問題なく引越しができた




  • アリさんマークの引越社は基本1人のリーダーに対して2~3人のチームで引越しを行います。



    <そのリーダーを中心にして、引越しを行っていきますがそのリーダー次第によって引越しのスムーズさなどが違うようです。



    なかにはリーダーが厳しく、新しく入ってきたばかりのような子にきつくなってしまうようなことも見受けられるようですが嫌に感じるようなほどではないようですよ。



    逆に「大切な荷物を扱っているからこそ、しっかりと指導している」という印象に感じる場合が多いでしょう。



    一方で悪い評判はというと




  • 当日急に引越し時間を変更したいといわれたから無理だと伝えたら、逆ギレされた

  • 作業員を3人で契約していたのに当日来たのは2人で、文句をいったら「3人いても2人いても荷物を運ぶ仕事は同じ」と言われた

  • 仲よさそうなのはいいが、私語が多すぎた

  • 荷物や家具などを雑に扱う

  • 営業マンと約束していた内容が全く守られず、それを言ったら「そんなことは聞いてない」と確認もなにもせずに断られた



  • というものになっています。



    作業員に関する悪い評判で多かったのが、営業と作業員との食い違いです。



    営業担当者とは○○という約束をしていたにも関わらずそれが作業員へ伝達がされていないということが多く、それが結果的に悪い印象につながってしまっているようです。



    作業員のほとんどはバイトであることも多いですが、そのバイトにとってアリさんマークの引越社はブラック企業であるといわれています。アリさんマークの引越社の実態については次の記事を参考にしてください。



    アリさんマークの引越社はブラック企業?そういわれる3つの理由!



    こういったこともよく起きるというのがわかっているので、営業担当者と約束をするのであれば口約束にしてしまうのではなく、必ず見積書などに書いてもらうなどして形に残してもらうというのが『基本』になってきます。



    私もアリさんマークの引越社でない業者ですが、同様のことがあったのでそれ以降は必ず見積書を見てわからない内容の契約であれば必ず書いてもらい印鑑または日付+担当者名まで書いてもらい、サービスしてもらう内容などがいつ誰が見てもわかるようにして、こちら側が悪いようにならないようにしています。



    スポンサーリンク




    アリさんマークの引越社の評判 アフターケア




    そして評判に関する3つ目がアフターケアに関するもの。



    基本的にアフターケアは、引越しをして何かしら不備があった場合の対応になります。



    なので評判の種類としても、良いものよりも悪いものの評判の割合が多くなっています。



    まずは良い評判




  • 引越しの際に壁に傷をつけられたけれども、すぐに対応してくれて電話での対応もとても丁寧だった

  • 荷物の破損に引越し後に気づいて電話したら、丁寧に対応してくれて時間はかかったけれども補償してくれた



  • と引越しは人間が行うものなので、どうしても破損などは出てきてしまうものです。



    そこに対していかに丁寧に迅速に行ってくれるかというのは引越し業者を選ぶ上で大切なポイントになってきます。



    一方悪い評判では




  • 作業員が壁を傷つけて後日電話するといわれたが全く電話が来なかったので、こちらから電話したら担当がいないの一点張りで引越し後結局傷ついたまま

  • 引越しの時に机を壊されたので電話したら、経年劣化です、と現物の確認もなしで電話で断言された

  • 明らかに作業員に荷物を壊されたので電話をしたら折り返すといわれた。いくら待っても折り返しはかかってこない



  • など対応の悪さもうかがえるような評判も見受けることができます。



    これに関して、対応のスムーズさと対応の悪さが起きてしまう理由はわかりません。



    ですが、私の経験上わかることとしては引越しで傷ついた壊されたというのは引越し日以降でいうと対応が遅くなります。



    なので、引越し当日は大変かもしれませんが引越し作業員の動きをよく見ておくこと。



    傷つけた壊したというのは見ておけばわかります。



    そしてその時に指摘しないと、うやむやにされたり自分たちじゃないといわれたりすることも考えられます。



    なので、破損や傷はその場でどうするかというのをしっかりと決めないといけないですよ。



    アリさんよりも安い引越し業者&金額を60秒で無料チェック



    まとめ




    アリさんマークの引越社は、引越し業者の中でも大手ですし全体の対応をランキングなどでみても比較的高い評価がされています。



    ですが、大手であればあるほど各地の営業所ごとにその接客の質は違うということは覚えておきましょう。



    1回アリさんマークの引越社にお願いしてよかったから次も良いかどうかといわれると違う場合も多々あるのです。



    なので、こういった評価もひとつの基準として訪問見積もりなどの機会でしっかりと自分の目で見極めましょう。



    スポンサーリンク




     引越し料金が最大50%安くなる無料の一括見積りサイトを見てみる




    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ