アート引越センターのハンガーボックスの利点は?利用した所感!

こんにちは、引越しアドバイザーのめぐみです。



引越しでは荷造りでは基本的にダンボールにどんどんと荷物をつめていきますよね。



ダンボールについては、次の記事で詳しくご紹介しているので気になる方はご覧になってみてくださいね。



アート引越しセンターでダンボールは無料?サイズやその他資材は?




ですが、より荷造りがしやすくなるために最近ではいろいろな梱包資材が開発されています。



そのひとつとして、今ではほとんどの引越し業者で扱っている『ハンガーボックス』という梱包資材をご存知ですか?



ハンガーボックスアート


より引越しを楽にしてくれるハンガーボックスとはどんな梱包資材なのか、また大手引越し業者のアート引越センターのハンガーボックスはどんなものなのかということについて詳しくご紹介していきます。



スポンサーリンク

次の記事もあなたにおすすめです





ハンガーボックスとは?




そもそもハンガーボックスとはどういったものなのでしょうか?



ハンガーボックスは、引越しの荷造りの時に使用する梱包資材のひとつです。



プラスチックまたはダンボールからできていて、そのボックスの中にハンガーパイプが取り付けられていて、洋服をハンガーでかけられるのがハンガーボックスの特徴です。



まさに持ち歩きできるクローゼットのようなものになります。



通常は、衣類もダンボールにたたんで入れなければいけないところを特にしわになりやすいスーツやワンピース、コートなどといった服をたたまずにハンガーにかけるだけで梱包することができるのです。




そのため最近では多くの引越し業者で梱包資材としてハンガーボックスを取り扱うようになっています。



スポンサーリンク




アート引越センターにハンガーボックスはあるの?




ではアート引越センターではハンガーボックスは取り扱っているのでしょうか?



もちろんアート引越センターではハンガーボックスを扱っています。



アート引越センターのハンガーボックスは、ダンボールからできているタイプのハンガーボックスです。



その大きさは、W558ミリメートル×D499ミリメートル×H972ミリメートルとなっています。



コートとスーツではその厚みが違うため、この大きさで何着分の洋服が入るというのは断定できませんが、幅がこれだけあればワイシャツの幅でいうと10着程度が入る大きさです。



ハンガーボックス量


自分の荷物を比べた時に一番わかりやすいのは、自宅のクローゼットのハンガーパイプの長さです。



今衣料品をかけているクローゼットのハンガーパイプが何センチなのかによって必要なハンガーボックスの数が異なってくるのです。



もちろん引越しをする世帯人数によって必要なハンガーボックスの数は違うため、しっかりと営業マンの人と必要数の確認を行うようにしてください。



ハンガーボックスをはじめ様々な荷物を運ぶアート引越センターのトラックの大きさなどについては次の記事でご紹介しているので併せて参考にしてみてください。



アート引越センターのトラックの種類は?オリジナル車輌は?




アート引越センターのハンガーボックスのメリットは?




ではアート引越センターのハンガーボックスのメリットはどういった点でしょうか?



もちろん最大のメリットは、スーツやコートなどをしわにならないように運べることができるということ。



引越しで洋服をたたんでしまったことによって改めてクリーニングに出すなどの必要性がないという点です。



また、通常の梱包作業はダンボールに入れるため『たたむ』という手間が発生するのにハンガーボックスのハンガーパイプにかけるだけで梱包できるので引越しの荷造り作業としても楽になるというのもハンガーボックスを使用するメリットになります。



また、他社のハンガーボックスにはプラスチック製のものもありますがアート引越センターのハンガーボックスはダンボール製です。



ダンボール大小


そのため、軽くて運びやすいため引越し当日に衣類を入れるとしても運ぶのが楽で作業しやすいというのもアート引越センターのハンガーボックスのメリットといえますよ。



実際、私もアート引越センターで引越しをした時にハンガーボックスを利用させていただきました。



部屋がいくつかある中でそれぞれでハンガーにかかっている洋服を入れていくということがありましたが、軽かったので運びやすく梱包作業も簡単にそしてスムーズに行うことができました。



スポンサーリンク




まとめ




ハンガーボックスは引越しの梱包作業をより楽にしてくれる梱包資材です。



最近では当たり前のように広告にも記載され、取り扱われるようになってきましたが、アート引越センターのハンガーボックスの場合にはワイシャツなどでいえば10着程度しまうことができるサイズになっています。



スーツが多い男性などはもちろんのこと、ワンピースやコートなど洋服をたくさん持っていることも多い女性にとってもハンガーボックスは引越しの荷造りの強い味方になるものだからこそ、引越しの見積もりに来た時には必ず基本料金で「ハンガーボックス」が梱包資材に扱われているかどうかチェックしてみるようにしてくださいね。



おすすめの関連記事




⇒アート引越センターのエコ楽ボックスとは?使い方や評判まとめ!



おすすめの関連動画








 引越し料金が最大50%安くなる無料の一括見積りサイトを見てみる




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ