アパートに引越した際の挨拶の対象範囲は?挨拶の内容や粗品は?

こんにちは、引越しアドバイザーのめぐみです。



新居へ引越した時には、ご近所へ挨拶をするのは基本ですよね。



でも、最近では近所づきあいを遠ざけるような場合も多いために、「挨拶はしなくていいか」なんて思うこともあると思います。



でも、引越しの挨拶はとても大切です。



なぜなら、ご近所である以上何かしら付き合いがうまれてくるからです。



顔を合わせたら挨拶をする必要もあるし、もし災害が起きた時などには協力することだって考えられますよね。



だからこそ、引越した時には挨拶をする必要があるんです。



今回は、特に一人暮らしなどに多いアパートに引越した場合の挨拶はどの範囲までするべきなのか、ということをご紹介していきますね。



一人暮らしの引越しの場合、より安く引越し費用をおさえたいということがほとんどです。一人暮らしの引越しであれば、次の記事で一人暮らしの引越しを安くしてくれる業者についてご紹介しているので参考にしてみてください。



⇒単身の引越しが安い業者は?費用半額にする一括見積り活用術!



スポンサーリンク

次の記事もあなたにおすすめです





アパートに引越しした場合の挨拶の対象範囲は?




アパートへ引越す時、どの範囲まで挨拶をしたらいいのでしょうか?



女性挨拶


実は、あまり決まりがないんです。



なので、私の様々な引越し経験をもとにお話しさせていただきますね。



アパートへ引越す場合、まず引越し先のアパートが全部で何戸あるかチェックしてください。



まず、7戸以上ある場合。



その場合には、両隣と上下が基本です。




アパートは2階建てのことが多いので、自分が1階に住んでいるのであれば上階の人に、2階に住んでいるのであれば下階の人に挨拶するようにしてみてくださいね。



6戸以下の場合。



私は、アパートが6戸以下なら全部に挨拶に行くようにしています。




6戸ということであれば、そこまで手間でもないですし戸数が少ない分、何かあった時にはお世話になる可能性があるかな、と思っていつもそうしています。



もちろん、最近では近所づきあいが希薄になっているということもあり、挨拶に行くとびっくりされてしまうことがあります。



でも、挨拶しないで「礼儀知らず」と思われるよりは、挨拶に行って驚かれた方がいいと思いませんか?



だからこそ、私はアパートだったら6戸以下なら全戸。7戸以上であれば、両隣上下へ挨拶へ行くようにしています。



スポンサーリンク




どんなものをどんな風に持っていき挨拶する?




そうめん


希薄な近所づきあいのため、なかなか引越しの挨拶の時にどんなものを持っていって、どんな挨拶をすればいいのかということを知らないという人も増えてきていますよね。



引越しの挨拶に関して何にもわからない!という人にも、わかりやすくご紹介しますね。



まず引越しの挨拶の時に手土産は必須です。



予算は500円~1000円ぐらいのもので構いません。



日用品でよく使うものが喜ばれるものなので、洗剤類や入浴剤または食べ物なら乾麺などをチョイスしてみてくださいね。



なお、挨拶する際、どんな品物を用意したらいいのか、『熨斗(のし)』をつける必要性などを事前に知っておくことで、相手のあなたに対する印象がだいぶ変わり、同じ挨拶でもより意味のあるものになりますね。



⇒引越しの挨拶にもらうと嬉しい品物の3つの条件とは?



熨斗(のし)をつけるとより印象はしっかりしたものになります。



⇒なぜ引越しの挨拶の粗品にのしが必要?書き方のポイントまとめ!



引越し先で挨拶をする時のポイントは



  • 1.どこに引越してきた

  • 2.いつ引越してきた

  • 3.名前

  • 4.よろしくお願いします



  • の4点です。



    例文でご紹介すると、



    「昨日、○号室に引越してきました△△です。何かとご迷惑をおかけすると思いますが、よろしくお願いいたします。」



    「本日○号室に引越してきました△△です。これからお世話になります。何卒よろしくお願いいたします。」



    のような感じで挨拶をすれば、間違いないですね。



    もし赤ちゃんやまだ小さい子供がいるような家族であれば、「子供がいて少しうるさくしてご迷惑おかけするかもしれません・・・」などのように言っておくと、「子供がいる世帯の方だな」とわかってくれるので、多少うるさくなってしまっても常識の範囲内であれば許してくれると思います。



    もちろん、仕事で夜中や明け方に帰宅するような場合には、「仕事で不規則なので、ご迷惑をおかけするかもしれませんが・・・」と言っていれば、夜中や明け方に生活音がしたとしても何か言われることはないと思いますよ。



    特にご主人がベランダ喫煙するのであれば、前もって伝えましょう。



    自分が迷惑をかけてしまう可能性を予め伝えて挨拶をしておけば、大体は問題にはなりません。



    そういった意味でも引越しの挨拶は大切なのです。



    より引越しの挨拶をスムーズにするために、次の記事で引越しの挨拶のタイミングについてまとめてあるので参考にしてみてくださいね。



    引越しの挨拶のタイミングで注意したい3つのポイント



    また、相手が不在だったときの引越し挨拶の対応については、以下の記事でまとめておりますので、併せてご参考下さい。



    引越し挨拶で相手が不在の場合の対策まとめ!最大訪問回数は?



    スポンサーリンク




    まとめ




    引越しにおいて、挨拶は大切です。



    最近は、ご近所への挨拶も希薄になっていることがあるとは思いますが、同じ建物に住んでいる以上何かしらご迷惑をかけてしまうこともあります。



    そんな時のために、挨拶をしておくというのは結構大切なことなんですよ。



    アパートであれば、何戸あるかによって挨拶の範囲を変える、とアドバイスしましたが、もちろんこれは私の意見です。



    7戸以上でも全戸に挨拶するというのももちろん悪いことではないですし、6戸でも両隣上下だけに挨拶でも悪いわけではないです。



    なので、あくまで参考程度にしてみてください。



    よりよいご近所づきあいのためにも、アパートへ引越す時には必ず挨拶はしましょうね。



    P.S.1



    一人暮らしの人のために、一人暮らしで引越しの挨拶をする時のポイントを以下にまとめてあるのでご参考にしてみてくださいね。



    一人暮らしの引越に挨拶は必要?不必要?



    P.S.2



    自分が住んでいるところがマンションなのかアパートなのかという線引きがわからない、という人も多いですね。



    実際に、明らかにマンションとわかる物件であればいいのですが、これがマンションに分類されるのかアパートに分類されるのかということで私も昔悩んだことがあります。



    ではアパートの定義とは?



    実は、マンションとアパートの間に“明確”な定義はないんです。



    ですが、こういう設備やつくりで出来ていたらアパートという考え方があるので、そちらを参考にしてみましょう。



    アパートかどうかの判別をする際にチェックするのが、設備と構造です。



    まず設備で、エレベーターがついていない事と、管理人がいない場合はアパートの可能性が高いです。



    というのも、構造上アパートは2階建ての建物であることが多くて、高層住宅は基本的にアパートの分類にはされません。



    なので、エレベーターの必要性はないんです。



    さらに、木造や計量鉄骨造という場合が多いというのも特徴かもしれません。



    管理人がいないし、管理費があまりかからないというのもアパートの定義に入っています。



    こういった条件を満たした物件はアパートと考えていいかもしれません。



    アパート


    逆に、マンションとなると鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリートでできていて、高層であることも多いです。また賃料も高めでエレベーターがついていることも多いです。さらに、管理人がいることも多いのが特徴です。



    あまり高層の建物ではなくても、管理人がいて鉄筋コンクリートで作られていて、比較的賃料が高い物件であればそれはマンションに分類されるのです。



    こういった違いで、アパートかマンションかを見分けてみてくださいね。



    おすすめの関連記事




    ⇒一人暮らしの引越しに挨拶は必要?不必要?



    ⇒引越しの挨拶で粗品の意味は?のし袋に書くベストな表現とは?



    ⇒引越しの挨拶状を書くときの3つのポイント〜文例付き〜



    おすすめの関連動画







     引越し料金が最大50%安くなる無料の一括見積りサイトを見てみる




    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ