引越しに必要なダンボールの数はいくつ!?

こんにちは、引越しアドバイザーのめぐみです。



引越しの荷造りで、ダンボールは必須ですよね?



引越しに慣れている人であれば、これくらいのダンボールがあればいいかな、なんて大体目安を見積もれますが、引越しに慣れている人なんて滅多にいません。



だからこそ、必要なダンボールの数もよくわからないことが多いですよね。



色々ダンボール


引越し業者から無料でもらう予定であれば、多めにもらっておいてもいいかもしれません。



でも、もし自分で購入したりもらってきたりする場合には、出来るだけ荷物の量にあったダンボールの数を知っておきたいものです。



今回は、引越しの人数別に必要なダンボールの数の目安についてご紹介していきます。



引っ越しの準備でダンボールの数の把握をすることはもちろん大切ですが、もうひとつの準備としてご近所への挨拶品の用意も忘れてはいけません。喜んでもらえる引越しの挨拶品についてご紹介していますので参考にしてみてください。



⇒引越しの挨拶にもらうと嬉しい品物の3つの条件とは?




スポンサーリンク

次の記事もあなたにおすすめです





1人暮らしの場合




まず1人暮らしの場合、ダンボールの数は部屋の間取りで多少変わってきます。



1人暮らし向きの部屋に多い、1Kの間取り。



このくらいの部屋の場合には、10~15枚のダンボールが必要になってきます。ただ、これぐらいのダンボール数は、引越しの中では少ない方です。



なので、引越し業者が取り扱っている単身パックにおさまるぐらいの量になりますね。



また1人暮らしでも、1DKの間取りになるともう少しダンボールの数は多くなります。



大体20~30枚です。部屋が少し広い分、箱詰めする荷物の量も多くなることが多いですからね。



ただ女性の1人暮らしとなると、洋服やバッグ、靴などでかなり荷物が増えてしまう場合があり、この目安のダンボール数ではおさまらないということも多いようです。



最近は洋服は、ダンボールに梱包せずタンスにいれておけばそのまま運んでくれることが多いので、出来るだけ洋服はタンスなどに収納して運べるような形を作っておくと、ダンボールをたくさん使わずに梱包することができますよ。



2人暮らしの場合




2人暮らし


2人暮らしで、部屋の間取りが1DKの場合。



ダンボールは、30~40枚は必要になってくると思います。



1人暮らしの1DKより人が増える分、どうしても荷物の量が増えてしまうのでダンボールの数も増えてしまう、ということを頭に入れておいてくださいね。



また、間取りが2DKにもなるとダンボールの数は40~50枚は必要になってきます。



実際に私が2DKの部屋から2人暮らしで引越しをした時には、最初にサービスでもらったダンボール50枚をぴったり使い切りました。



お皿や服などだけではなく、トースターや炊飯器などの小さ目の家電やお風呂のおけやいすなどもすべてダンボール箱に詰めるということを考えると、意外に50枚は少ないかな、という感覚でした。



なので、自宅の荷物が多いなと思う人は、目安量にプラスしてダンボールの量は考えておいてくださいね。



スポンサーリンク




3人以上の家族の場合




3人以上の家族の場合、部屋の間取りよりもその人数がダンボールの数に大きく反映してきます。



3人家族であれば、50~70枚ぐらい。



4人家族であれば、60~80枚ぐらい。



5人以上であれば、100枚ぐらいはダンボールが必要になってきます。



ファミリー


3人以上という場合であれば、おそらく子供が含まれることが多いですが、子供がいることでかなり荷物は増えます。目安のダンボール数よりも多くなってしまう可能性もありますよ。



特に小さい赤ちゃんや幼児の場合、ベビーベッドなどをはじめ大きめの家具が増えてきます。



さらには、おもちゃや洋服などを考えるとずっと荷物が増えるので、小さいお子さんがいるファミリーの引越の場合には、ダンボール数は目安よりも多く見積もっておいた方がよいかもしれませんよ。



実際に私も子供(幼児)を含め3人家族で引越しをした時には、予定の数では入りきれずに、目安の70枚を使い切り、プラスアルファでダンボールを業者に頼んでもってきてもらいましたよ。



ダンボールを最大枚数活用するために、効率的な梱包方法についても以下で確認できるので、ご参考にしてみてくださいね。



引越しのダンボールのサイズにまつわる3つのポイント



最後に、引越し費用を少しでも安くするためには、一括見積サービスを利用して、引越し相場の把握と業者との価格交渉術を知ることが必要不可欠です。



具体的な方法は、以下の記事で詳しくまとめておりますので合わせてチェックしてみて下さい。



引越しの料金相場は?サカイの費用を一括見積で半額にした方法は?



スポンサーリンク




また、大手業者を希望する場合、10回以上引越し経験をした私が経験的におすすめできる大手4社について以下の記事で比較していますので、こちらもご確認下さい。



引越し業者大手4社を比較!サービスやプランの違いとは?




まとめ




ダンボールの必要枚数は、部屋の間取りや引越す人数によって変わってくるものです。



ただし、今回ご紹介したのはあくまで見積もる目安なので、「自分はものが多いな」と思うのであれば、目安のダンボールの数にプラスで5~10枚は考えておいてもいいかもしれません。



とはいえ、最近は洋服は収納家具に入れたままでOK。荷物類もボックスに入っていればそのままでOK。という引越し業者が増えていますし、コートなどハンガーの服はハンガーラックを貸してくれるので、ダンボールの数が目安よりも少なくて済む場合もあるんですよ。



ただ、私が引っ越した時には荷物の量が多かったので、今回ご紹介したダンボールの数の目安と同じぐらいのダンボールを使うということもありましたよ。



ダンボールの数が多いほど、引越し料金にも差が出てきてしまいます。



荷物が多ければ多いほど、大きいトラックが必要になってしまいますからね。



ちなみに、引越しのダンボールを無料で手に入れるための秘訣について以下の記事でまとめているので、チェックしてみてくださいね。



引越しのダンボールを無料で手に入れる3つの方法




さらには、大体引越し業者が無料で提供してくれるダンボールは最大で50枚のところが多いです。



そうなってくると、荷物が増えて50枚をこえてしまったダンボールは有料となり、さらに金額がかかってしまうことになるのです。



そういった理由を踏まえて引越し経験の多い私から言わせると、引越しは断捨離をする格好の機会です。



荷物の梱包をしながら、いるものいらないものをごみ袋に分けていくと意外にも荷物が少なくなることも多いですよ。



今ある荷物を全て入れられるダンボールの数を知っておくことも大切ですが、ダンボールの数を減らせるように荷物の整理もしてみてくださいね。



おすすめの関連記事




⇒引越しのダンボールを激安で手に入れるための3つの秘訣



おすすめの関連動画







引越し料金が最大50%安くなる無料の一括見積りをチェック



引越し荷造りで出てきた不用品・・・買取サービスの活用が賢い選択です



・引越し荷物量を減らせる(=引越し費用削減)と同時に、現金GET。

・ネットだから高額買取。

・送料無料の宅配便が自宅で引取り、査定即日入金。



引越し荷造りで出てきた不用品を買い取ってもらう事で、荷物量が減り引越し費用が安くなる事に加え、現金もGETできるため、一石二鳥です。



不用品を、



・引越先に有料で運んでもらうか

・無料OR有料で廃棄するか

・在宅買取で現金化するか



引越しの費用負担を少しでも減らしたいなら、『不用品の在宅買取』は最優先で対応すべき1つです



単行本、絵本、マンガ、CD・DVD、ブルーレイ、ゲーム、CDなど


単行本・絵本・マンガ・CD・DVD・ゲームなどの高価買取でおすすめはこちら

・非常に幅広いジャンルの不用品を自宅にいながらまとめて売却できる
 ・フィギュア
 ・おもちゃ
 ・レゴ
 ・ホビー
 ・プラモデル
 ・ゲーム
 ・本
 ・DVD
 ・CD
 ・アイドルグッズ
 ・ジャニーズグッズ
 ・プラレール
 ・ノベルティ
 ・お酒など
・無料宅配キット(段ボール・着払い伝票)を用意


ブランド、時計、宝石、ジュエリーなど


ブランド、時計、宝石、ジュエリーの高価買取でおすすめはこちら

・高価買取
・スピード査定&即現金支払
・送料、査定料、キャンセル料、返送料0円
・おまとめ査定で買取額UP
・カイウルで買い替えすると買取額UP
・キズや汚れのある訳あり商品でもしっかり査定



壊れたパソコン


壊れたパソコンの高価買取でおすすめはこちら

・処分にこまっていた壊れたパソコンが売れる!
・壊れたパソコン専門買取店。
・24時間365日オンライン査定受付。
・全国対応、データ消去、破壊対応。



壊れたカメラ


壊れたカメラの高価買取でおすすめはこちら

・壊れたカメラがお店に行かずにが売れる。
・24時間365日匿名オンライン査定。
・他社比較、価格交渉大歓迎。



大学教科書(大学教科書、専門学校教科書、医学・歯学・薬学書)


大学教科書の高価買取でおすすめはこちら

・書き込みがあってもOK。
・5冊以上買取で送料無料。
・短大・専門学校の教科書もOK。



飲まないお酒


飲まないお酒の高価買取でおすすめはこちら

・お酒なら、なんでも問わず買取。
・洋酒や日本酒、ウイスキー・ブランデー、ワインなど幅広く買取。
・とにかくお酒ならなんでも高額買取。
・宅配買取で送料・査定料完全無料。
・梱包セットの無料贈呈!
・全国出張対応。
・最短翌日入金。



楽器


楽器の高価買取でおすすめはこちら

・買取上限価格の廃止、適正価格の見積もり提示
・全国無料宅配買取
・無料で梱包グッズ提供
・無料の事前見積もり完備



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ