一人暮らしの引っ越しのダンボール数は?間取り別にも紹介!

こんにちは、引越しアドバイザーのめぐみです。



一人暮らしでの引っ越しでは、業者に頼むこともありますが距離がそこまで遠くない引っ越しであれば自分でトラックを借りて引っ越しをすることも多いはずです。



その場合、荷物を運ぶためのダンボールは自分で用意しなければいけませんよね。



引っ越しに使えるようなダンボールは、頑丈でいて比較的大きいものが良いです。



そうなってくるとどれくらいの枚数を探しに行けば、または購入すればいいのか悩むと思います。



一人暮らしの引っ越しではダンボールがどれくらいの枚数が必要なのでしょうか?



色々ダンボール


また、同じ一人暮らしでも間取りによって荷物量が変わってくるため間取り別にもご紹介していきます。



ダンボールを使った荷造りだけではなく、一人暮らしの引っ越しではその他準備も必要になってきます。どんな準備が必要か次の記事でご紹介してありますので、参考にしてみてください。



一人暮らしの引っ越し準備は?当日までにやるべき3つの事とは?





スポンサーリンク

次の記事もあなたにおすすめです





一人暮らしの平均的な引っ越しに使うダンボール枚数は?




まず知っておきたいのが、一人暮らしの場合平均的にどれくらいのダンボールを使って荷造りをするのでしょうか?



一人暮らしのダンボールの平均使用枚数ですが、10~15枚となっています。



実家から一人暮らしをする場合であれば、もともとの荷物も少ないので10枚ぐらいでも十分な枚数になります。



ですが、 すでに一人暮らしをしている場合での単身引っ越しであれば荷物が多いことがほとんどです。



そのためその場合には、15~20枚を目安として考えておくようにしてくださいね。



ちなみに、男性よりも女性の方が荷物が多いため、女性の一人暮らしの引っ越しであればダンボールは少し多めを見積もっておくとよいですよ。



間取り別のダンボール枚数は?




実家からの一人暮らしの場合は、ご紹介した通り一人暮らしの平均であるダンボール枚数を用意しておきます。



ですが、すでに一人暮らしをしている場合の単身引っ越しであれば、必ずしも一人暮らしだからと言ってダンボールの枚数が20枚におさまるかというとそうではないです。



その理由は同じ一人暮らしでも、 住んでいる家の間取りによっても荷物の量が変わってくるからです。



間取り


一人暮らしでも2部屋あるような家に住んでいる場合もありますし、服の多い女性などはあえて2部屋ある家に住んで、1部屋をクローゼット代わりにしていることもあるほどです。



そのため、間取りの違いによる必要ダンボール数も知っておくようにしましょう。



1R 10~15枚
1DK 20~30枚
1LDK~2DK  40~60枚
2LDK~3DK  50~80枚


となっています。



一人暮らしで2LDK以上に住んでいる人はそう多くはないですが、1LDKぐらいに住んでいる人は多いです。



そうすると、必要なダンボール枚数は想定していた枚数の2~2.5倍ほどになってくるのです。



そのため、 一人暮らしをすでにしている場合での単身引っ越しであれば、一人暮らしの目安のダンボール数よりは間取りの違いによるダンボール数を目安にするようにしてくださいね。



スポンサーリンク




単身パックでダンボールが無料な業者、有料な業者は?




一人暮らしの引っ越しの場合、単身パックを利用することが多いと思います。



というのも、単身パックはその他のプランよりも断然安いというのが魅力的。



一人暮らしの引っ越しの平均的な料金は3~6万円ですが、単身パックの場合最安値で1万円台のものもあるほどです。



そのため、 一人暮らしでの引っ越しをする時にまず単身パックを利用しようと考える場合も多いですが、単身パックは業者によってダンボールが有料な場合があります。



安さが魅力ですが、安い分通常引っ越しプランを頼むとついてくるダンボールやガムテープがつかなくなってしまうのです。



ですが、単身パックはすべてダンボールなどがつかないわけではなく業者によって無料のところと有料のところがあります。



スポンサーリンク





では、どの業者が無料でどの業者が有料なのでしょうか?



単身パックを扱う業者の中でも、 ダンボールが無料なのがアーク引越センター・アリさんマークの引越社・ハトのマークの引越センターです。



無料


この3社は、単身パックのプランであってもダンボールが無料でついてきます。



アーク引越センターは単身パックの場合何枚無料になるかは不明ですが、最大50枚までは無料でダンボールをくれる特典がついています。



アリさんマークの引越社は、単身パックの場合最大20枚のダンボールが無料になりそれ以外にガムテープや布団袋、ハンガーボックスもついていきます。



そしてハトのマークの引越センターは、ダンボールではなくエコプランボックスというガムテープを使わず何度もリユースできるものになります。



そのためガムテープはいらないというのは、ハトのマークの引越センターの梱包資材の特徴です。



一方、 単身プランで梱包資材が有料なのがクロネコヤマトと日通です。



単身プランといえば、この2社を思い浮かべることも多いほど価格的にも安く出来るクロネコヤマトと日通の単身プランですが、この2社は梱包資材が有料なのです。



クロネコヤマトの場合には、単身用資材パックというものが販売されています。



ふとん袋・ダンボール中サイズと小サイズあわせて10枚、その他ペンやエアーキャップ、クラフトテープなどが入っていて、値段は税抜き3200円です。



日通の場合には、資材セットとして販売されていて値段は税抜き2800円。



内容は、中サイズと小サイズのダンボールが10枚とクラフトテープ、ふとん袋になっています。



もちろん、単身パックの料金でもこの2社は安いのでこういった資材セットを購入してもクロネコヤマトや日通の方が料金が安くなる場合もあるかもしれません。



とはいえ、引っ越し業者を決める前にはダンボールが無料か有料かを必ずチェックしておいてくださいね。



中には、通常プランであればダンボールがついてくるけれども単身パックの場合のみダンボールはつかないという場合もあるので、見積もり時などに必ず確認しておきましょう。



ダンボールは無料で手に入れるいくつかの方法があります。以下の記事もあわせてチェックしていくと、より引越し業者選定の精度がたかまるかもしれません。



⇒引越しのダンボールを無料で手に入れる3つの方法



まとめ




一人暮らしの引っ越しで必要なダンボール枚数は、実家から一人暮らしをするのかそれとももう一人暮らしをしている上での引っ越しなのかによって違ってきます。



実家からの一人暮らしであれば10~15枚、すでに一人暮らしをしている上での引っ越しであれば住んでいる家の間取りに応じて必要なダンボール枚数を計算してみてください。



ダンボールは当たり前のように無料だと思っていることも多いですが、 業者によってダンボールが有料な場合もあるので、契約する前に必ずチェックするようにしてくださいね。



万が一、用意してもらったダンボールで枚数が足りなかった場合には自分で用意する方法も確認しておくようにしましょう。



また引っ越しにはお金の準備も必要になってきますよね。物件の契約からインテリアに至るまでどれくらい費用がかかるかについて次の記事を参考にしてみてくださいね。



一人暮らしの引っ越し費用!物件や引越や家具の料金イメージ!




 引越し料金が最大50%安くなる無料の一括見積りサイトを見てみる




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ