一人暮らしの引越し費用は?契約から挨拶までにかかる金額は?

こんにちは、引越しアドバイザーのめぐみです。



大学への進学、社会人として就職、そんな機会に一人暮らしをはじめることが多いですよね。



引越し一人暮らし


もちろん親がお金を出してくれる、なんて場合もありますが、そうでない場合には自分でお金を用意して引越しの準備をしなければいけません。



引越しの初期費用は、数万円で済むものではないからこそ予めお金を貯めておかなければいけません。



お金を貯めるならしっかりとした目標が必要。



一人暮らしを始める時、どれくらい引越し費用を用意したらよいのでしょうか?



物件にかかるもの、引越しをするのにかかるもの、それ以外にかかるものにわけてご紹介します。



引越料金を激安化させる秘訣の1つとして、一括見積もりの活用があります。こちらも併せてチェックしていくことで、引越の失費を最小限に抑えることができ、貯蓄につなげていくことができるかもしれません。




⇒単身の引越し相場は?一括見積りの活用術と更なる激安化の秘訣!



一括見積もりイメージ
>

次の記事もあなたにおすすめです





一人暮らしの引越しにかかる費用1 物件に関わるもの




まず一番費用がかかり、一人暮らしをするにあたって必要なのが物件に関わる費用です。



一人暮らし費用



初めての一人暮らしということであれば、マンションやアパートへの引越しになると思いますが、そういった賃貸物件はただ借りればいいというわけではありません。



賃貸物件を借りる時には、家賃以外の費用が必要なのです。



まず、よく耳にするとは思いますが、敷金・礼金・仲介手数料・前家賃です。



敷金は、不動産会社によっては保証金などともいわれるものです。



敷金は、保証金とも言われるように、家に対する保証の費用です。



例えば、家賃を滞納してしまった、家に修繕が必要になってしまったなどそういった時に、敷金から賄うというわけなのです。



もちろん、敷金がない物件もありますが、その場合家に修繕が必要な場合は後から支払わなければいけない費用になるわけなのです。



一方、敷金を支払っておいて、その物件を出ていく時に特に修繕などなければ敷金は自分の手元に返ってくる費用ですよ。



また礼金ですが、その名の通りお『礼』のお『金』です。



基本的に賃貸物件には、その物件の大家さんがいるものでその人に対するお礼金になるのが礼金なのです。



最近では、礼金ゼロという物件は増えてはいますが、もし入居する物件に礼金があったらそれは手元に戻ってこない費用と思っておきましょう。



そして、仲介手数料です。



これは、大手不動産会社で物件を借りる場合に発生することが多く、これも引越し物件を仲介してくれた不動産会社へのお礼のお金になります。



つまり手元に戻ってこない費用です。



敷金礼金は、家賃に対して1~2か月ぐらいで設定していることが多いです。



また、仲介手数料は上限は家賃の1か月と決まっていますが、その不動産会社によって仲介手数料は違ってきます。



ちなみに、私が今まで引越してきた限りでは0~0.5か月ぐらいで設定しているところが多かったですよ!



そして、前家賃とは引越しをする月の家賃を前に払うというものです。



基本的に家賃はその月の前月に支払います。



5月に入居であれば、4月の終わりに、などに設定していることがほとんど。



なので、引越しをする初期費用には最初の月の家賃を支払わなければいけないのです。



また、物件にかかる費用はこれだけではありません。



それが火災保険と鍵交換代です。



火災保険?と思うかもしれませんが、大抵の賃貸物件は義務として火災保険に加入しなければいけないことが多いです。



ちなみに、火災保険とは名前の通り火災に関する保険です。



万が一、火災になった場合借りている部屋を大家さんに返却しなければいけないつまり同じ分のお金を支払わなければいけないですが、火災保険に入っていればそれが保証されます。



また自分が火の元になってしまった場合の保証にもなってますし、他の人が原因の火災で自分の家財道具が燃えてしまった場合の保証にもなってします。



法律では義務化されているものではないですが、その建物の大家さんの意向で「絶対加入」という条件の建物が多いですよ。



ちなみに、火災保険は色々なものよりは決まったこれを選ぶというように勧められることがほとんどでその費用としては、15000~20000円ぐらいです。



そして鍵交換代。



これは、新居の鍵を交換するための費用です。



特に一人暮らしが初めてという人は疑問を感じる部分が多いようですが、その部屋に入ることが出来る鍵は1~2本ではなく5本近く存在します。



基本は退去の時に鍵を全て返却するのが決まりですが、中には全部返却しない人もいれば無断で合鍵を作ってしまっている人もいます。



そうすると、自分の新居の鍵を前の住人も持っていることになってしまうので、防犯などのリスクを避けるために、ほとんどの物件で鍵交換のための費用がかかってくるのです。



費用自体は、大体13000~20000円程度。立ち合い等は必要なく、引越す前までに交換しておいてくれます。



物件に関わる費用は、敷金(0~家賃の2か月分)+礼金(0~家賃の2か月分)+仲介手数料(0~家賃の1か月分)+前家賃+火災保険料(15000~20000円)+鍵交換代(13000~20000円)ですよ。



一人暮らしの引越しにかかる費用2 引越しするのにかかるもの




引越しをするのにかかる費用としては、主に引越し業者にかかる費用になります。



一人暮らしを初めてする場合には、そこまで荷物量が多くないはず。



なぜなら、大きい家電や家具などがほとんどないからです。



なので、基本的には引越し業者が行っている単身パックというサービスで十分です。



時期・距離などによって、単身パックでも料金は変わってきますが、大手の引越し業者だと、ヤマトと日通で単身パックというプランを出しています。



最安で15000円から出来るのも単身パックプランの特徴です。



ちなみに、単身パックプランは扱っていませんがアート引越センターでは女性向けのサービスがあり、女性だけの作業員で引越しをしてくれるレディースパックがあります。



特に一人暮らしをする女性は、男性作業員が気になるということも多いので、女性にはおすすめです。



また、引越しをする時にかかる費用はそれ以外も発生することがあります。



例えば、エアコンの取り付け。



エアコンを新しく購入して、それを取り付ける場合当たり前ですが取り付け費用がかかります。その業者にもよりますが、4000~10000円ぐらいから対応してくれることがほとんど。



もちろん引越し業者のオプション(有料)としてもやってもらうことはできますよ。



一人暮らしで引越しをする場合には、一人暮らしの引越しが安い業者というものがあります。一人暮らしの引越しで安く済ますことが出来る業者について次の記事でまとめてご紹介してありますので、チェックしてみてくださいね。



⇒単身の引越しが安い業者は?費用半額にする一括見積り活用術!




ちなみに、一人暮らしの引越しの場合引越し業者ではなくセルフで引越しをすることがあります。



その場合にかかる費用は、レンタカー代・ガソリン代・荷造り用品代などがかかりますよ。



レンタカーは大体6時間で5000円前後でレンタルすることが出来るところがほとんどですし、ガソリン代はその移動距離によって違います。



大体トラックは10~15km/lなので、移動距離で予め計算することはできますね。



荷造り用品代は、引越し業者に頼めばパック料金内に含まれているので用意はいりませんが、自分で行う場合にはダンボールやふとん袋、ガムテープなどを用意する必要性がありますよ。



荷造りに欠かせないダンボールは、購入することもできますがいくつも必要になるので有料だと結構バカにならない金額になることも。引越しのダンボール代節約のため、次の記事では引越しのダンボールを無料で手に入れる方法についてご紹介しています。



⇒引越しのダンボールを無料で手に入れる3つの方法




スポンサーリンク




一人暮らしの引越しにかかる費用3 家具家電や挨拶にかかる費用




初めての一人暮らしの場合、冷蔵庫・洗濯機・電子レンジなど実家で使っていたものを持っていくわけにはいかないので、新しく購入する必要性があります。



そのため、冷蔵庫や洗濯機・電子レンジを新調するための費用がかかってきます。



もちろん、新しい生活をするうえでこれだけではなく、カーテンや机、ベッドなどの必要なインテリアにも費用がかかります。



家具


最初からすべてを揃えておく必要はないかもしれませんが、最低限必要なものはありますよね。



一人暮らしで最低限必要な家電といえば、冷蔵庫・電子レンジ・洗濯機・炊飯器・掃除機です。



実際私も、初めて一人暮らしをした時にはこの5つだけは揃えました。



大体の相場ですが、冷蔵庫20000~40000円、電子レンジ5000~10000円、洗濯機20000~50000円、炊飯器10000~25000円、掃除機10000~30000円です。



こういった家電がすでについている家電付物件もありますが、そんなに数はないので大抵は揃える必要があると思っておきましょう。



引越しが多い3~4月の時期だと家電量販店などでは新生活セットなどのようにしてセット売りで安く売りだされていることもあります。



また、おいおいお金が貯まってから良いものを購入するとして一旦は中古品などでもっと安く手に入れることもできますよ。



インテリアとして最低限必要なのは、ふとん(ベッド)・カーテン・机です。



ふとんだけなら10000~20000円、ベッドも併せてであればそこに+15000~30000円、カーテンは10000~20000円、机は3000~15000円ぐらいで購入することができますよ。



これらの家具家電は初めて一人暮らしをするにあたってはかかってくる費用になりますよ。



ちなみに、こういった家具家電を新しく買う場合には新居へ直接送ってもらうことで、引越しの荷物の負担が減るので直接新居へ送ってもらうようにしましょうね。



また、挨拶にかかる費用もあります。



それがご近所への挨拶です。



最近は挨拶をしない、という人も増えていますが、引越しアドバイザーの私から言わせれば絶対にしておいた方がいいです。



ご近所がどんな人ということもわかりますし、万が一ご近所とトラブルになった時も挨拶をしているかしていないかで対応が変わることもあります。



なので、挨拶はしておくべきです。



挨拶の品物代として、大体500~1000円ぐらいのものを両隣と上下に用意しておきましょう。



引越しの挨拶にせっかく品物を用意するなら、喜んでもらえるようなものを選びたいものですよね。喜んでもらえるような引越し挨拶の品物を次の記事でご紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。



⇒引越しの挨拶にもらうと嬉しい品物の3つの条件とは?




さらに、引越し挨拶の品物にはのしが必須。どんなのしをつけたらいいかなどについては、次の記事で詳しくご紹介しています。失礼のないようなのしのつけ方を参考にしてみてくださいね。



⇒なぜ引越しの挨拶の粗品にのしが必要?書き方のポイントまとめ!





規模の小さいアパートだと全戸に挨拶しなければいけないということもあるので、挨拶に関してわからない場合には大家さんなどに聞いてみてくださいね。



ただし、女性の一人暮らしなどは防犯のため挨拶をしない方が良い場合もあるので、ケースバイケースで挨拶をするしないは考えてください。



まとめ




初めて一人暮らしをする場合、単純に引越し業者に払う費用だけではなくその他にも費用がかかるということ。



今回ご紹介した費用を1~3まで足した費用が初期費用としてかかる費用となります。



また住み替えの場合には、退去にも費用がかかる場合があります。退去の費用も含めた詳しい内容を次の記事でご紹介しているので気になる方は参考にしてみてください。



引越し費用の目安は?全体の料金を把握するための3ポイント!






お金を貯めて一人暮らしをしよう!という場合には、いくらぐらいかかるかを詳しく計算して明確な金額を出してくださいね。



ちなみに一人暮らしが会社の都合の場合には、経費として計上することができます。条件によっては確定申告で税金の軽減につながるため、会社都合の引越しであれば次の記事も参考にしてみてくださいね。



引越し費用は経費になる?確定申告で税金を安くするには?






スポンサーリンク








 引越し料金が最大50%安くなる無料の一括見積りサイトを見てみる




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ