引越しお祝いの相場まとめ!贈る相手と新居タイプでの金額差は?

こんにちは、引越しアドバイザーのめぐみです。



引越しをした、と聞いた時、ある程度の関係があるのであれば”引越し祝い“を用意するのが日本の礼儀的なものにもなっています。では、いくら用意すればよいのでしょうか。



この引越し祝いの相場は、引越しをする人との関係によっても違いますが、実は引越し先がどんな物件なのかによっても違うんです。



新築・中古・賃貸の3つのケースでどう違うかということを詳しくご紹介していきます。



スポンサーリンク

次の記事もあなたにおすすめです





ケース1 新築物件へ引越す人へ引越し祝い相場




引越し祝いとして贈るケースが一番多いのが、この新築物件を購入した場合です。



新築一戸建て


新築は一戸建てだけに限らず、新築のマンションへ引越した場合も新築祝いに含まれます。



新築に引越した場合には、どれくらいが引越し祝いの相場となることが多いのでしょうか?



お祝い金額の相場は、身内、友達、職場関係で異なるのでそれぞれについてご紹介します。



身内への引越し祝い相場




身内の場合、新築物件への引越しの相場は3~5万円です。



この相場は大体、兄弟姉妹、付き合いの深い従兄弟などがメインで、関係が遠い身内や従兄弟でもあまり付き合いがないという場合には、1万円ぐらいで済ますという意見もあります。



またその家によっては、家族や親戚の中で引越し祝いは○万円、のように決まっているところもあります。



身内へ引越し祝いを渡す場合には、両親や親戚、兄弟姉妹などに一度相談してみるのがいいですよ。



友達への引越し祝い相場




友人が新築へ引越した場合の、お祝い金額の相場は、1~3万円です。



このお祝い金の違いは、仲の良さとかお世話になったとかそういった点で決めるものであくまで自分次第というところもあります。



ただし、すでに自分が以前新築の家を購入して引越した時に引越し祝いをもらっているというのであれば、その金額に合わせた金額を用意するのが礼儀ですね。



友達への引越し祝いを贈る時のポイントなどを次の記事でまとめています。ぜひあわせてご参考にしてみてください。



友達の引越し祝いを贈る時にチェックすべき3つのポイントとは?




職場への引越し祝い相場(上司・同僚)




職場でも上司なのか同僚なのかでもその相場は違います。



上司の場合は、5千円~1万円ぐらいが相場です。



一方同僚の場合には、3千円~5千円というのが相場だとされています。



これが相場ではありますが、上司で特別にお世話になった人の場合には、2万円ぐらいまでの相場で考えることも多いようですし、同僚でも仲の良い友達程度の関係であれば、友達に贈る位の引越し祝いを用意することが多いです。



新築祝いを贈る場合、のしの表書きには『新築祝』『祝新築』などのように書くので、のしの表書きには注意してくださいね。



ケース2 中古物件へ引越す人への引越し祝い相場




引越しといっても、中古物件の一戸建ての家やマンションを購入する場合もありますよね。



中古マンション


実はこの場合、新築祝いとはその金額の相場が変わるんです。



これも新築祝い同様に、身内・友達・職場とわけてご紹介します。



身内への引越し祝い相場




中古の場合、身内への引越し祝いの金額相場は3~5万円です。



実は、身内の場合には新築祝いの場合と金額は変わらない相場になっています。



これは「住まいを購入した」ということに対してのお祝いなので、新築中古問わずという場合が多いです。



ただ先ほどもご紹介した通り、身内の場合にはその家のしきたりのようなものがあるからこそ、まずは両親や親戚に確認をしてからお祝いを用意するようにしましょう。



友達への引越し祝い相場




友達への場合には、5千円~1万円と新築物件より少しお祝い金額の相場は少なくなります。



もちろんお世話になっている友人には、新築同様ぐらいの金額を用意したり、以前にもらっている場合にはその時の金額に合わせたりなどもあるので、あくまで目安としてください。



職場への引越し祝い相場(上司・同僚)




上司の相場は、5千円~1万円と新築とほぼ変わらずです。これは普段お世話になっているということも兼ねての金額だと思います。



同僚に対しても同様で3千円~5千円が相場です。



職場では、個人というよりはみんなでお金を集めて渡すということも多々あるので、先走って用意せず職場の人と相談してみましょうね。



中古物件への引越しでは、のしの表書き『引越し祝』となりますので、『新築』としないように注意してください。



スポンサーリンク




ケース3 賃貸物件へ引越す人への引越し祝い相場




ではケース3つ目。



賃貸物件へ引越す場合の相場はどれくらいなのでしょうか?



賃貸物件


賃貸物件へ引越す場合、考えられるのが「結婚してパートナーと一緒に住むために新しい賃貸物件へ引越す」「転勤のため賃貸物件へ引越す」という理由が多いですね。



賃貸物件へ引越した人へのお祝いは、いりません。



引越し祝いをあげるのは常識、と思われがちですがそれは間違いで、常識として「賃貸物件への引越しはあげない」ということなのです。



なので、基本的には賃貸物件への引越しにはお祝いは用意しなくてOKです。



ただ、職場の中で転勤の場合には、別の場所へ異動してしまうので、餞別として『栄転祝』
というものを用意することも多いです。



もちろんこれも職場内で、渡すかどうか相談することがほとんどなので確認してくださいね。



また仲の良い友達などが、夫婦になって新しい家へ引越すからお祝いをあげたい!というのであれば、それは結婚祝いとしてあげるのが正しく、引越し祝いとして贈る必要はないですよ。



もしどうしても引越し祝いを贈りたいというのであれば、インテリアや生活雑貨などの品物を用意して贈りましょう。



また、賃貸物件でも以前に自分がお祝いをもらっているというのであれば、同じように賃貸物件でも同等の品物をお祝いを用意してくださいね。



スポンサーリンク




まとめ




引越しをしたら必ず用意するだと思っていた、引越し祝い。



ですが、引越しをする物件が新築か中古によってもお祝い金額の相場は異なり、さらに賃貸物件の場合には基本的にお祝いを用意する必要はないのですね。



なお、引越し祝いのプレゼントを選ぶ時には相手に喜んでもらえるポイントがいくつかあります。それについて次の記事でまとめてあるので、もしよければ、併せてチェックしてみてくださいね!



引越し祝いの贈り物の選び方とは?喜ばれる4ポイントまとめ!



おすすめの関連記事




⇒引越し祝いのお返しで注意すべき4点は?相場や最適な贈り物は?



⇒引越し祝いにのしは必要?表書きやデザイン等3つの疑問を解消!



⇒引越し祝いランキング!タオルや洗剤より圧倒的に喜ばれる物は?



おすすめの関連動画







 引越し料金が最大50%安くなる無料の一括見積りサイトを見てみる




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ