引越しの荷造りで本をまとめる時の必須3ポイントまとめ!

こんにちは、引越しアドバイザーめぐみです。



引越しの荷造りの中でも、意外に量が多いのが本です。



本も漫画から雑誌まで様々なものがありますが、本は荷造りの仕方がとても重要になってきます。



本


というのも、 荷造りの仕方によってダンボールの底が抜けたり、運ぶ際にぎっくり腰になったりなどの危険があるからです。



本の荷造りを上手にそして安全に荷造りをするためのポイントがあるので、3つにまとめてご紹介していきます。



本の荷造りの前に荷造りの手順をチェックしておくと、無駄な手間をかけずに荷造りが出来ます。荷造り全体の手順を次の記事でまとめてありますので参考にしてみてくださいね。



引越しの荷造りは手順が大切!無駄な手間を減らす3つのコツは?





スポンサーリンク

次の記事もあなたにおすすめです





引越しの本の荷造りポイント1 いらない本を処分する




本を荷造りする時、荷物の整理のチャンスでもあります。



特に本は一度読んでから全然読んでいない場合も多く、引越しの荷造りをしている「こんな本あったんだ!」なんて思うこともあります。



私も引越しの荷造りをする度に同じことを思います。



暇つぶして何となく買った本から誰かに薦められて買ってみたけどそこまで面白くなかった、など色々なタイミングで本を買うことが多いからこそ、知らない間に増えているものが多いのです。



特に雑誌類だと趣味の雑誌が増えていることも多く、雑誌も含めるとかなりの数になってきます。



だからこそ、引越しの荷造りというのは、本を精査する機会にもなります。



思い入れのある本や何度も繰り返し読んでいる本でない場合には、本を処分してしまいましょう。



ありがたいことに最近では古本屋もたくさんあるので、いらない本でも相当汚れていない限りは買い取ってくれます。



処分しようと思っていたのに、それがいくらかでもお金になれば嬉しいものですよね。



また荷物自体をスマートにするという意味でも、引越しの荷造りのタイミングで本を整理整頓することは大切なことですね。



スポンサーリンク




引越しの本の荷造りポイント2 ダンボールは「小」を選ぶ




引越しの本の荷造りで最大のポイントとなるのが、ダンボールの大きさです。



ダンボール大小


引越し業者などからもらえるダンボールのサイズは小・中・大がありますが、 その中でも一番サイズの小さいものを選ぶようにしてください。



というのも、本は荷物の中でも重いですよね。



本や雑誌をまとめると感じると思いますが、本や雑誌をまとめるとかなりの重さになります。



ダンボールがいくら丈夫だと言っても、重すぎるものが入った場合ダンボールの底が抜けてしまうことがあります。



なにより、重すぎてダンボールを運べなくなったり持った時にぎっくり腰などになったりなども考えられます。



だからこそ、本の量が一番少なくていい小さいダンボールに詰めることで、重すぎてダンボールが運べない、底が抜けるということを防ぐことが出来るのです。



こういった重すぎるダンボールを作らないというのは自分たちのためにもなりますし、荷物を運んでくれる引越し業者の作業員の人への気配りにもなりますよ。



また、小さいダンボールでも上手に梱包するとかなりの量の本を入れることができます。



ひとつのダンボールにたくさん荷物を入れられることは良いことですが、 本に限ってはいれる量よりもとにかく重さが大切。



小さいダンボールに本を詰めて、自分で運べるかどうか一度持ち上げてみてください。



持ち上げてみて問題なければそのままふたをしめ、持ち上げられないようであれば本を減らすようにしてくださいね。



減らした部分のスペースがもったいない!と思う場合には、タオルなど重みにならないようなものをいれるようにしてくださいね。



また、ダンボールは底抜けしにくいようにダンボールの底にはるガムテープを十字ではなく数本足して強度を高めるようにしてください。



引越しの本の荷造りポイント3 本は大きさごとにまとめる




引越しの本の荷造りをする時、上手に梱包する方法として 本を大きさごとにまとめるという方法があります。



基本的に本の大きさは規格が決まっているものなので、本をまとめていくと何種類かの大きさにまとめることができます。



漫画


同じ大きさの本を一緒にまとめることでダンボールに隙間がなく入れることが出来るのです。



ちなみに、同じ大きさの本を一緒にまとめる時にみやすさを重視すると引越し後の片付けが楽になります。



みやすさを重視するというのは、背表紙が見えるようにダンボールに入れていくということです。



同じ大きさの本をまとめながら、背表紙が見えるように箱詰めしていってください。



また、本の大きさだけではなく 引越し先の部屋ごと棚ごとにダンボールをわけるようにしましょう。



これは荷解きをする時に片付けが楽になるコツのひとつですが、同じ部屋や棚に入れるものが同じダンボールに入っているとその場所だけで片付けが完了するのでスムーズに片付けることができるのです。



私はこれを知らずに、とにかく本というくくりの中でダンボールに本を詰めていったことがありました。



ですが、引越し後の荷解きの時にこの本はリビング、この本は寝室、この本は書斎というように重いダンボールを色々な部屋に運んで片付けをするという大変な経験があります。



これを部屋ごとにまとめておけばどれだけ楽だったか、とその時何度も思いました。



だからこそ、大きさだけではなく引越し後の部屋別棚別に本をまとめることが大切なのです。



スポンサーリンク




まとめ




引越しの荷造りでは食器や洋服など様々な荷物がありますが、その中でも本はその数も多く、重さもあるので荷造りをするにはいくつかのポイントが重要になってきます。



とにかく、本を荷造りする時大切なのが 『重くなり過ぎないようにする』ということ。



重くなり過ぎた場合、運ぶ時に底が抜ける、重すぎて運べないということが起きます。



底が抜けて落ちてきた本によって、足の骨が折れてしまうということも実際にあるようです。



本の重さはそれぐらい危険なものであるからこそ、小さいダンボールに重くなり過ぎないように注意するようにしてくださいね。



また本だけではなくそれ以外の荷物の荷造りのスケジュールを確認しておくと、スムーズに引越し準備を行うことができます。どういうスケジュールで荷造りをすればいいかについて次の記事でご紹介していますので、併せて確認してみてくださいね。



引越しの荷造りはいつからする?スケジュール毎の準備の仕方!








 引越し料金が最大50%安くなる無料の一括見積りサイトを見てみる




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ