引越しの荷造りに必要な日数は?世帯人数別による違いは?

こんにちは、引越しアドバイザーのめぐみです。



引越しをするまでに大変なのが、荷造りですよね。



部屋にある荷物をダンボールに梱包していなければいけないために、荷物の量が多いほど荷造りには日数が必要になってきます。



日数


そのため、一人暮らしと三人暮らしでは引越しの荷造りにかかる日数が違ってくるのです。



では、世帯人数によってどれくらい荷造りにかかる日数がかわるのでしょうか?



世帯人数別の日数の違いとそれぞれの荷造りのコツについてご紹介していきます。



スポンサーリンク

次の記事もあなたにおすすめです





引越しの荷造りの日数に必要な日数その1;一人暮らしの場合




まずは一人暮らしからです。



一人暮らしの引越しの荷造りでかかる日数は、平均で5日です。



意外にすぐ終わるな!と思ったかもしれませんが、これは丸一日引越しの荷造りに費やした数字です。



つまり仕事をしている人であれば、5日分の休みを使うことになるわけなのです。



もちろん5日の荷造りの工程を数日にわけて少しずつやるという方法もあります。



そのため、荷造りにかかる日数としては5日ですが荷造りを始めるのであれば2週間程度前から始めておくのが良いのです。



ちなみに、一人暮らしの引越しの場合、見積もりがより安い業者にお願いすることが多いです。



安くする条件として、梱包に必要な資材をもらわないという条件にすることもあります。



私も一人暮らしの引越しでは、料金が安い代わりにダンボールなどは自分で用意するということがよくありました。



でも自分でダンボールを用意するのってなかなか面倒なために、引越しの荷造りが先送りになることも多かったです。



そのため、一人暮らしの荷造りのコツはとにかく荷造りに必要な資材を用意すること。



一人暮らしの引越しでもダンボールは15~20枚ぐらい必要になってきます。



2~3枚ならまだしも、10枚をこえるダンボールを集めるのって結構大変で面倒なものだから手につきにくいんです。



だからこそ、面倒といわず引越しが決まったらまずは引越しの荷造りに必要なダンボールやガムテープを用意するようにしてください。



スポンサーリンク




引越しの荷造りの日数に必要な日数その2;2人家族




2人家族の場合、平均でかかる荷造りの日数は6日になります。



2人家族だと、同棲しているカップルまたは夫婦という場合が多いですよね。



2人家族だと、2人とも仕事をしている場合も多いため荷造りの日数は6日で済むとしても、集中して行える日をあらかじめ決めておかないと間に合わなくなることがあります。



私も、2人で引越しをする時お互いに働いていて、なんとなく相手が引越しの荷造りやってくれているだろう、と思っていたらやっていなかったということがありました。



その時は、引越し前の1週間3時間睡眠ぐらいしかせずに引越しの荷造りをした、という苦い思い出があります。



自立した大人同士だからこそ、「相手が荷造りをしている」と思い込んでしまうことが多いのが2人家族の場合の荷造りで気を付けなければいけないポイントです。



相手に任せる


そのため、2人家族の荷造りのコツは自分がどこまでの範囲まで荷造りをするのか事前に確認をしておくということ。



台所は誰がやる、服は誰がやる、本は誰がやるというように誰がどこまでの荷造りをするかという担当をしっかりと決めておきましょう。



ちなみに荷造りの中でも手がかかるのが食器の梱包です。食器の梱包方法について次の記事でまとめてありますので、併せてチェックしてみてくださいね。



引越しで食器の荷造りのコツは?割れないための3つのポイント!





担当を決めないところは、2人で荷造りをする日を決めてその日に一緒に行いましょう。




そうすれば、引越し日ぎりぎりになって荷造りが出来ていないところがあった、ということがなくなりますよ。



引越しの荷造りの日数に必要な日数その3;3人家族以上




3人家族以上になると、家族に子供がいる場合が多いですよね。



子供がいて3人以上の家族ともなると、引越しの荷造りにかかる日数も増えます。



平均で必要な日数は8日。



もう何度もお伝えしていますが、8日というのは8日間びっちり引越しの荷造りを作業をしなければいけません。



仕事をしているようであれば、休日と平日にわけて少しずつ行わなければ2週間以上かかることもあります。



子供が荷造りの手伝いをできるような年齢であれば、一緒に手伝ってもらえますがそうでない年齢の場合には逆に荷造りを邪魔されることもあるので、余裕をもって3週間前ぐらいから荷造りをスタートさせるのがおすすめです。



3人家族以上で荷造りをする時のコツは2つ。



まずひとつは、いらないものの処分です。



特に子供がいる場合には、子供の成長とともに使ってないけれどもなんとなく残してあるものというものも山のように出てきます。



洋服、靴、おもちゃなど様々ありますが、そういったもう使わないものたちを処分するのも荷造りのコツになります。



いらないものを荷造りして、新居で荷解きしてまた押し入れの奥の方にしまってしまうぐらいならこのタイミングで捨てた方が荷造りも荷解きも荷物が少なくなるので楽になります。



また、子供の服や靴、おもちゃなど程度が良いものであれば買取をしてくれるところも多いので、処分ではなくリサイクルしてみるのもおすすめですよ。



リサイクル


私もベビーベッドやバンボなど赤ちゃんの時に使っていたものを引越しのタイミングでリサイクルしました。



部屋も片付く上に、お金にもなるのでリサイクルは本当におすすめです。



もうひとつのコツは、新居のレイアウトに沿った荷造りをするということです。



特に3人家族以上になると、引越し先の家の間取りは広くなることが多いです。



その際に、新居のレイアウトを考えずに荷造りをすると荷解きからの片付けがかなり面倒になってしまいます。



今までは同じ部屋に置いてあったものだからと単純に同じダンボールに入れたけど、新居では子供部屋と書斎の2つに分かれる予定の荷物であれば、片付けの時にダンボールの中身をそれぞれの部屋に振り分けなければいけなくなるのです。



これは家族が多ければ多いほど特に意識しなければ、引越しの片付けにかなりの日数を費やすことになってしまいます。



そのため、新居で同じ部屋に置くものは同じダンボールにと新居の部屋ごとに荷造りをするようにしましょう。



ただ子供が小さかったり、奥さんが妊娠していたりと引越し作業が難しい場合には引越し業者などが扱う荷造りサービスを頼んでしまうのもひとつ。次の記事では、荷造りサービスについて詳しくご紹介していますので参考になさってみてくださいね。



引越しの荷造りサービスとは?頼む前に知っておきたい3つの事!




スポンサーリンク




まとめ




引越しの荷造りは、その世帯人数によっても荷造りにかかる日数が変わってきます。



日数の平均はご紹介しましたが、これは集中して作業をした場合なので基本的には2~3週間前ぐらいからはじめておくと、余裕をもって引越しの荷造りをすることができますよ。



また、引越しの荷造りをして荷物がすっきりとした部屋はある程度掃除をするのもマナーでもあります。



そのため、掃除をする余裕も含めてあまり荷造りはぎりぎりにならないようにしましょうね。



おすすめの関連記事




⇒引越しの荷造りはいつからする?スケジュール毎の準備の仕方!




 引越し料金が最大50%安くなる無料の一括見積りサイトを見てみる




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ