引越しの荷造りは手順が大切!無駄な手間を減らす3つのコツは?

こんにちは、引越しアドバイザーのめぐみです。



引越し業者が決まり、引越し日まであとは準備をする期間になります。



その期間は、意外に忙しいもので引越しの手続きや荷造りなど、特に仕事をしている人や学校に行っている人はその合間にやらなければけないからこそ大変なのです。



だからこそ、ひとつひとつの作業に手間がかからないようにしなければいけません。



特に、引越し準備のメインでもある荷造りは少しでも手間が増えれば、余計な時間のロスになってしまうのでいかにスムーズに行えるかどうかが引越しの荷造りのコツになります。



荷造りの手間を減らすには、荷造りの手順が大切になってきます。



手順


そのコツについて、3つにわけてご紹介していきます。



スポンサーリンク

次の記事もあなたにおすすめです





引越しの荷造りの手順1 引越しまでに使わないものから始める




引越しの荷造りの手順の基本中の基本ともいえるのが、使わないものから荷造りをはじめるという点です。



大体引越し業者を決めて、引越し当日までには1か月あることが多く、1か月もあるとどこから荷物に手を付けていいかわからないということがあります。



そうすると、とにかく目の前にあるものからどんどんダンボールに入れていってしまいます。



ですが、この梱包の仕方はNG。



なぜなら、生活に必要なものをしまってしまったらまたダンボールから取り出すということを繰り返すことになり、荷造りの手間が何倍にもなってしまうからです。



だからこそ、引越しの荷造りをする時にはまず使わないものから荷造りをはじめるべきなのです。



まずは引越し当日までを思い浮かべて絶対に使わないものをしまっていきます。



春の引越しであれば、冬物と夏物の衣料類は使わないのでそれらははじめの荷造りの対象になります。



それ以外にも、アルバムや本なども優先的にしまっていきましょう。



思い出



特に本の梱包は間違えると、最悪けがをする可能性もあるので注意が必要です。本の梱包方法について次の記事でまとめてありますので、併せてチェックしてみてください。



引越しの荷造りで本をまとめる時の必須3ポイントまとめ!





使わないものが大体梱包出来たら、次は引越し日までの1週間を思い浮かべ、そこで使わないものをダンボールにしまっていってください。



洋服などは最低限使用するもの以外はすべてしまえますし、食器類や調理器具なども大体梱包できますよ。



私は出来るだけ早く食器類はしまってしまいたいので、あと1週間まできたら食器はすべてしまって、割りばし・紙皿・紙コップを使います。



ごみが増えるというデメリットはありますが、メリットもあります。



食器を少し残しておくということは、食器のダンボールのふたはぎりぎりまでしめられなくなります。



この状態は危険で、我が家は特に小さい子供がいてそれをいたずらするという危険もありましたし、他の荷物が落ちて食器類が割れるという危険もあります。



だからこそ、出来れば食器類の入ったダンボールは早くふたをしめたいのです。



割りばしや紙皿を利用することで、食器はすべてダンボールにいれてふたをしめられるのでそういった危険な状態は避けることが出来るというメリットがあるのです。



ちなみに割れやすい食器の梱包方法は、次の記事で詳しくご紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。




引越しで食器の荷造りのコツは?割れないための3つのポイント!




また、シンク回りも早い段階で掃除してきれいにしておけるというメリットもありますよ。



このようにして、使わないものから順番にダンボールにつめていってくださいね。



スポンサーリンク




引越しの荷造りの手順2 始めたらダンボールがいっぱいになるまでやる




引越しの荷造りでやりがちなのが、色々な荷物に手を付けてしまうということ。



本の荷造りをしていたのに、思い出したように服の荷造りを始める、というやり方です。



ダンボールをどんどん広げていくので片付けが進んでいるように思えますが、この荷造りの仕方は効率的ではないです。



何よりダンボールを広げていくばかりだと引越しの荷造りスペースがなくなり、どこに何をいれるか混乱してしまいます。



さらに毎回ダンボールを覗いては何が入っているか確認していたら引越し作業もなかなか進みません。



だからこそ、ダンボールを組み立てたらそのダンボールがいっぱいになるまでまたは詰めようと思っていた荷物をすべて梱包しきるまでは他の荷物の荷造りをはじめてはいけないのです。



私も引越しにまだ慣れていない時には、ダンボールを広げてはつめてまた違う荷物の荷造りをはじめる、という荷造りをしていました。



特に一人暮らしだったので、部屋が小さい分そういう片付けをしているとすぐに部屋がダンボールでいっぱいになってしまいました。



どこに何が入っているかよくわからなくなるし、移動もしにくくなるしととにかく荷造りの効率が悪かったのを覚えています。



ダンボールをいっぱいにしてガムテープでふたをしめる、という作業をやりきってから次のダンボールにいけば片付いたダンボールは重ねておけます。



そうすれば、一人暮らしというあまり広くないスペースでもダンボールだらけで片付けにくくなるということは避けられますよ。



もちろん一人暮らしでなくても、家族になれば荷物の量はさらに増えるので家のスペースが広くても同様にダンボールひとつひとつを片付けていくというようにしていきましょう。



引越しの荷造りの手順3 引越し日まで使うものを入れるダンボールは開けておく




ダンボール開けておく


引越しの荷造りでは、使わないものから順に荷造りをしていくということを手順の1でご紹介しました。



つまり、使用頻度が高いものは引越し当日ぎりぎりまでは使うため、荷造りの荷物には入れることが出来ません。



ぎりぎりまで使う荷物を入れる専用のダンボールを作っておくというのもひとつですが、ぎりぎりまで使う荷物って種類が色々ありますよね。



着ていた洋服やお風呂の洗剤類など様々で、一緒に入れておきたくないようなものもありますよね。



洋服とお風呂セットを同じダンボールに入れることに抵抗もありますし、



実際私も、引越しの朝まで使っていた荷物を同じダンボールに入れて引越しをしたことがありました。



私の梱包の仕方も悪かったのですが、お風呂セットの水切りが十分でなく、一緒に入れておいた洋服がびしょびしょになったことがありました。



そういうことも防ぐため、ぎりぎりまで使うものの入るダンボールはいくつかふたを開けたままにしておきましょう。



開けておくといってもそんなにたくさんではないので、洋服をいれるもの、お風呂セットを入れるものなどのように開けておけば当日の朝にふたを閉めるだけになりますよ。



スポンサーリンク




まとめ




引越しに慣れていない人は、目の前にある荷物をとにかく一生懸命ダンボールにつめてしまいがちですが、そのやり方は無駄な手間を増やすだけになってしまいます。



限られた引越し準備の期間の中で、いかに無駄な手間を省いて引越しの荷造りをするにはその手順が大切なんですよ。



今回ご紹介したような手順で引越しの荷造りをすると、いつまでにこの荷物をしまえばいいという荷造りの予定も立てやすくなるので、計画的に荷造りをすることにもつながりますよ。



おすすめの関連記事




⇒引越しの荷造りはいつからする?スケジュール毎の準備の仕方!




 引越し料金が最大50%安くなる無料の一括見積りサイトを見てみる




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ