引越し料金に差が出る3つの要素とは?単身編!

こんにちは、引越しアドバイザーのめぐみです。



単身で初めてを引越しする人にとって、気になることと言えばその料金ですよね。なにせ今まで単身で引越しをしたことがないので、どれくらい料金がかかるのか、というのが気になるのは当たり前です。



単身引越し、とひとくくりにしても実は料金の差があるものなのです。では、単身の引越しで料金の違いが出てくる理由はなんでなのでしょうか?



その3つの理由をご紹介していきます。



ちなみに、料金の差に関連して見積もりをとる時の効果的な方法についても参考してみてください。



単身引越しで見積もりをとる3つのポイントとは?



スポンサーリンク

次の記事もあなたにおすすめです





引越し料金に差が出る要素1 時期




引越しにおいて、引越しをする時期というのはとても大切です。引越しをする時期で一番多いのが、3~4月です。



3~4月の桜


これは、3~4月に入学や卒業、入社や異動などが重なるからです。なので、引越しにおいて3~4月は引越センターが忙しくなるために、引越しのトップシーズンだと考えられています。



そのため、この時期に引っ越そうと思うのであればある程度相場でも高めの料金になってしまうということを覚悟しておかなければいけません。



どうしてもこの時期じゃなきゃ、という人でなければ出来るだけ引っ越しは3~4月を避けるようにしてください。
もちろん、3~4月が引越しのトップシーズンであるということは有名な話ですが、実は引越しのトップシーズンはもうひとつあります。



それが、9~10月です。というのも、社会人だと10月に人事異動が起きることが多いですよね。その人事異動に合わせて、9~10月に引越しをする人がとても増えるんです。



そのため、9~10月も引越センターは忙しくなるために引っ越しのトップシーズンになるのです。
この時期の引越しにはある程度料金がかかると思っておいてくださいね。




引越し料金に差が出る要素2 荷物量




AさんとBさんともに、隣の都道府県に同じ時期に単身で引越しをする。という場合でも、絶対にAさんとBさんが同じ料金であるとは限りません。



その理由は荷物量にあります。



男性単身引越し


例えば、Aさんは家具も家電もしっかり揃えた状態で引越しをしようと考えています。一方Bさんは、家具や家電は引っ越し先で買えばいいかな、と考えています。



これだけで、Bさんの方が安い料金で引越しをすることが出来る可能性が高くなるのです。



引越し業者が引越しの見積もりをとる時にポイントとするひとつに、荷物の量があります。引越しセンターにあるトラックはその大きさの種類がいくつかあり、荷物の量によってトラックの大きさを変えています。



荷物の量が少なければ小さいトラックで済みますが、もし単身と言えども荷物が多い場合にはどうでしょうか?



例えばAさんの荷物が、二人暮らししている人と同じぐらいの荷物の量であれば、結果的に大きなトラックが必要となってくるんです。引越しの料金は、その荷物がおさまるトラックの料金とその引っ越しにかかる人数になります。



荷物の量が多ければ多いほど、大きいトラックつまり値段の高いトラックが必要になります。さらに、荷物の量が多ければ多いほど、引越し業者の人数も増えて人件費も増えてしまうんです。



それが、同じ時期で同じ距離で単身引越しをしても料金の違いが出てきてしまう理由なんですよ!


スポンサーリンク




引越し料金に差が出る要素3 サービス




引越しをする時に、引越し料金の一括見積サービスを使うと実感しますが、自分が思っている以上に引越し業者は存在します。そして安い業者ほど、普段名前を聞かない業者だったりするんです。



そんな時に、いくつかの業者から訪問見積もりをしてもらうとその違いがわかることが多いです。



私も、単身で引越しをする時に訪問で見積もりを3社ぐらいからしてもらいました。2社は、聞き慣れた業者で残りの1社は一括見積サービスで一番安い業者を選びました。



訪問見積もりをしてもらうと、荷物量から引っ越し先まで詳しい話をするので実費に近い見積もりを出すことが出来ます。もちろん訪問で見積もりを出してもらった時でも、一括見積サービスで一番安い業者が安い料金を提示してくれました。



でも、よくよく話を聞いてみると一番安い業者は、本当に荷物を運ぶだけ、という印象でした。



洗濯機はつけてくれないし、段ボールはもちろん有料。更には、他の2社に比べると現場に来る人数は一人少ない計算でした。一方少し高くても聞き慣れた名前の業者は、プラスアルファのサービスも整っているし、段ボールも無料なところが多かったです。



段ボールは引っ越しにおいて欠かせないものだからこそ、有料か無料かの違いは結構大きいですからね。



段ボールは有料な点以外「ここがいい!」と思う業者があった場合、段ボールを無料で手に入れたいものですよね。段ボールを無料で手に入れるための方法について次の記事でご紹介しています。



⇒引越しのダンボールを無料で手に入れる3つの方法




その点も含めて、引越しの見積もり上の「最安値」はあまり信頼していません。



引越しにおいて、もちろん料金が安いというのは大切ですが表面上だけの見積もりにとらわれることなく、サービス面もしっかりと見てほしいということです。



引越し業者横


見積もりで表面的に少し高いかな、と思っても段ボールの料金、洗濯機をとりつけてもらう料金などもろもろ含めると結果的にそんなに料金が変わらなくなってしまう、そういうことだって起きてしまうのです。



だから、見積もりだけで見る料金ではなくサービスも含めた料金をしっかりと見ることがよりよい引越しをするうえでは大切なのです。なにより、私は引越しは自分の大切な荷物を託すことだと思っているので、いくら安くてもサービスや人の対応が悪いところは良くないと思っています。



だからこそ、営業に来た人も含めてしっかりとチェックしてみてください。



サービスに関連して、単身引越しでサービスなどがおすすめな業者をご紹介しています。



引越しでおすすめしたい3つの業者~単身編~



スポンサーリンク




まとめ


単身の引越しでは、時期・荷物量・サービスで料金が変わることがあります。時期に関しては、入社や会社の異動の都合であればかえることが出来ないしょうがない部分ですが、荷物の量を減らすことで少し料金を安くする、ということも出来るので、引越しの際の荷物について少し考えてみてくださいね。



また、見積もり上の料金だけではなくそれに付随するサービスや追加料金なども考慮することが、料金を決める上でも良い引越しをする上でも大切ですよ。



ちなみに、どの業者もというわけではないですが、単身者の場合単身パックというかなり格安のプランを扱っているところもあります。荷物量にも限りがありますが、もし荷物量が少ない単身の引越しであれば単身パックを利用するというのもひとつの方法です。



単身引越しで料金が安い業者について、次の記事にまとめてあります。気になる方は、ぜひ確認してみてくださいね。



⇒単身の引越しが安い業者は?費用半額にする一括見積り活用術!



おすすめの関連記事




⇒単身の引越し相場は?一括見積もりの活用術と更なる激安化の秘訣!




 引越し料金が最大50%安くなる無料の一括見積りサイトを見てみる




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ