こんにちは、引越しアドバイザーのめぐみです。



単身赴任はもちろん新大学生や新入社員で新しい土地へ行かなければいけない時。単身での引っ越しは欠かせないものですよね。


引越し単身部屋


単身で引越しをする場合に考えることはとにかく「安く済ませたい」ということ。



そこで今回は単身での引っ越しの相場や費用といったお金まわりについて、ご紹介していきたいと思います。



単身引越しの費用の相場は?




さて、本題にはいっていきましょう。



まず知っておいてほしいのが、単身引越しでの相場です。



とはいえ、引越業者さんに見積もりを頼めば基本的には荷物量で判断されるのが基本です。



その時に出される見積もりは、荷物量やその時期によって多少前後はありますが、3~6万ぐらいと考えておいてください。



引越しの繁忙期でもある3~4月でも、6万ぐらいでおさまると思っておいてOKです。



先ほどもご紹介しましたが、見積もり比較サイトを使うと、その中でも特に最安値で引越しをしてくれることを手伝ってくれるので、ぜひ活用してみましょう。



単身の引越しは自分でする方が料金が安い?




単身で引越しをする時に、引越し業者ではなく自力で引越しをしたいという人をよく見かけます。でも本当に自分でやった方が安く済むのでしょうか?



では少し考えてみましょう。



引越しに使うレンタカー代は1日レンタルとして考えると、大体2万円ほどになります。そこにガソリン代、高速代、引越しを手伝ってくれた人へのお礼、荷物の梱包費などがかかってきます。



引越し単身お手伝い


もちろん、自力で行うということはそこに自分たちの労力もプラスされますよね。テレビをつないだり、洗濯機をつけたりなども引越し業者に頼めばサービスでやってもらえることもありますが、自分だとそういったことも行わなければなりません。



引越し経験がない人にアドバイスするのであれば、先輩経験者の私の感想としては、引越しにかかる労力は想像していたよりもかなり大きかったです。



私自身、単身で引越しをした際自分でやったことがあります。



その時は、千葉から埼玉までという短距離での引越しでしたが、実家に頼んで両親と弟の4人がかりで午前10時から始めた引っ越しは結果的に午後5時までかかりました。



というのも、段ボールなどは特に問題ありませんが、普段運び慣れない机やタンス、冷蔵庫などの大きい家具を部屋に運ぶ時に、狭いドアからどのように入れるかとか、傷つけないようにとか考えながら行うとかなりの労力になるのです。



もちろん、引越しの時に必要なダンボールも自分で用意する必要があります。無料でダンボールを手に入れる方法については、次の記事を参考にしてみてください。



⇒引越しのダンボールは無料になる?タダで手に入れる3つの方法!



私は家族に引越しを手伝ってもらったので、特にお礼などはしなかったですが、これが友人となればその労力に対して支払うお礼はそんなに安いものではいけないと思います。



そうなると、レンタカー代と引っ越しを手伝ってくれた人へのお礼を考えると、自分でするのも引っ越し業者にするのも、かかる費用はほとんど変わらなくなると思いませんか?



私から言わせると、引越しを自分でする労力を考えると、むしろ引越し業者に頼んだ方が安くなるんじゃないかな、なんて思うほどです。



だからこそ、単身なのであれば引越し業者に頼んじゃったほうが良いと思いますよ。



一括見積りで業者を比較すると、想定していた金額の半分で済んでしまう驚きの価格が出ることもあります。



引越し業者に頼む場合、見積もりをもらう時のポイントを3つにまとめてあるので、ご参考にしてみてください。



単身引越しで見積もりをとる3つのポイントとは?



単身引越しで費用を相場よりも安くするためのポイントは?




単身で引越しをする場合の相場は3~6万円ぐらいだと、ご紹介しましたよね。



これは、引越しの時期にもよりますが引越しの荷物量にもよるところが多いです。



単身でも荷物が多ければ多いほど、どうしても価格が高くなってしまうのはしょうがないことです。



というのも、引越しの荷物量が多くなれば必然的に引越しに使うトラックの大きさが大きくなってしまうからです。



引越業者のセンターにあるトラックには種類が色々とあります。



引越業者のセンターのトラックは荷物量によってかわり、トラックの大きさが小さいほどに料金は安くなるものです。だからこそ、ファミリ―に比べると単身の引越しの方が安くなるんです。



そこで、単身の引越しで出来るだけ少ない荷物量で済ますことが出来るポイントについてご紹介したいと思います。



これは、引越しの状況によってもちょっと変わりますが、単身で初めての引越しの場合に効果的な方法です。実家から初めての一人暮らしをするなんて場合にはかなり有効的かもしれません。



そのポイントとは、大きいものは用意しないということ。



引越し単身家具


どういうこと?と思うかもしれませんが、生活に必要な家電類。つまり、冷蔵庫や洗濯機、電子レンジなどなど必要な大きめの家電類やもしベッドやソファを置きたい場合にはそういった大きな家具類も含め、大きめのものはとにかく事前に用意することを避け、引越先で新しく調達しましょう。



事前に用意しておけば、もちろんそれを運ぶ運賃がかかってしまいますよね?



でもどうせ新品を購入するなら、引越し先または全国展開の電気屋や家具屋で購入して直接運んでもらえば、無料または低い運賃で大きな家電や家具を運んでもらうことが出来るんです!



実際、私は大学の時に初めての一人暮らしをしました。



その時、ベッド・机は同じ全国展開の家具屋さんで、冷蔵庫・洗濯機・テレビは同じ全国展開の電気屋さんで購入したところ、送料はほとんどかからずに運んでもらうことが出来ました。そのため、かなり安く引越しをすることが出来たんですよ。



単身引越しでまだ荷物がそろっていない、という人は洗濯機や冷蔵庫といった大きく荷物量を増やしてしまうものを運ばないことでかなりお安く済ませることが出来るのです。



また荷物量を少なくすれば、いくつかの引越し業者で取り扱っている単身パックというプランを利用することが出来ます。単身パックは時期や距離によって多少変わりますが、最安で1万5000円ぐらいで出来ることもあるんですよ!



引越し業者の中には、単身引越しが安い!という特徴のある業者があり、そういう業者を選ぶことで安い引越しが出来ます。次の記事で詳しくご紹介していますのでチェックしてみてくださいね。



⇒単身引越しが安いのは?一人暮らしの格安業者を紹介!



まとめ




単身引越しの相場は、時期または荷物量で前後はしますが3~6万円ぐらいだと考えてOKです。



でもやっぱり単身で引っ越す場合、引っ越しシーズンのピークってことも多いです。



そんな時には、これから購入する予定の家具家電は出来るだけ引っ越し先に届けてもらうことでピークの時期でもある程度お安く済ませることができますよ。



そして、先輩引越しアドバイザーとして単身引越しであっても自分でする引っ越しはあまりおすすめできません。引越しの労力を考えたら絶対的に引越業者に頼む方が労力も少なくサービスも受けることが出来るので、良いと思います。




見積もりの料金に差が出てしまうポイントをチェックする場合は、以下の記事に3つの要素でまとめておりますので、よければチェックしてみて下さい。



引越し料金に差が出る3つの要素とは?単身編!



ぜひ、単身引越しされる方は参考になさってみてくださいね。



おすすめの関連動画