単身の引越し相場は?一括見積りの活用術と更なる激安化の秘訣!

こんにちは、引越しアドバイザーのめぐみです。



単身赴任はもちろん新大学生や新入社員で新しい土地へ行かなければいけない時。単身での引っ越しは欠かせないものですよね。


引越し単身部屋


単身で引越しをする場合に考えることはとにかく「安く済ませたい」ということ。



でも、単身での引っ越しが初めてということも多い場合が多いので、今回は単身での引っ越しの相場や費用といったお金まわりについて、わかりやすくご紹介していきたいと思います。



なお、結論から申し上げますと、引越し料金を安く済ませたいならば、一括見積もりの利用は必須だと考えています。



なぜなら、一括見積もりをすることにより、以下のメリットが得られるからです。





  • 引越し料金が最大で半額になるケースがある
  • 引越業者の営業担当との値下げ交渉に使える強力な武器が手に入る
  • 数分程度の簡単な入力作業で、引っ越しのサカイやアート引っ越しセンター等の人気業者の見積りを一括入手できる
  • 無料で利用できる
  • 引越しの料金相場を具体的に知ることができる
  • 自分の条件に対応した精度の高い見積りを比較検討でき、格安業者を一発で把握できる



  • 仮に、引越し条件(荷物量、距離、引越先の階数など)の詳細が決まっていない場合でも、ある程度、住むエリアや住居タイプ(マンション・アパート・一軒家など・・・)が決まっているなら、後回しにせず、操作しているPCやスマホから、今すぐ一括見積もりをGETすると良いと思います。



    なぜなら、各社ともに当然ながらトラックの台数は決まっていて、人気の日柄はすぐに予約で埋まってしまうからです。




    安く引越ししようと思って、日柄などの条件を気にせず自分で引っ越し日を決めて申込みをした後、縁起を担ぐ事を重んじる年配の親戚や実家の親御さんから反対され、泣く泣く売れ残り的な割高業者で契約をせざるを得なくなった、という苦い経験をするケースが実際にあります。



    どっち道、引越業者の見積もりを取るわけですから、早いに越したことはありません。



    無料で10分もあれば入力完了しますので、今のうちに、サクサク行動していけるといいですね。



    ⇒引越し料金が最大50%安くなる無料の一括見積もりを行う



    一括見積もりイメージ

    次の記事もあなたにおすすめです





    単身引越しの費用の相場は?




    さて、本題にはいっていきましょう。



    まず知っておいてほしいのが、単身引越しでの相場です。



    とはいえ、引越業者さんに見積もりを頼めば基本的には荷物量で判断されるのが基本です。



    その時に出される見積もりは、荷物量やその時期によって多少前後はありますが、3~6万ぐらいと考えておいてください。



    引越しの繁忙期でもある3~4月でも、6万ぐらいでおさまると思っておいてOKです。



    先ほどもご紹介しましたが、見積もり比較サイトを使うと、その中でも特に最安値で引越しをしてくれることを手伝ってくれるので、ぜひ活用してみましょう。



    単身の引越しは自分でする方が料金が安い?




    単身で引越しをする時に、引越し業者ではなく自力で引越しをしたいという人をよく見かけます。でも本当に自分でやった方が安く済むのでしょうか?



    では少し考えてみましょう。



    引越しに使うレンタカー代は1日レンタルとして考えると、大体2万円ほどになります。そこにガソリン代、高速代、引越しを手伝ってくれた人へのお礼、荷物の梱包費などがかかってきます。



    引越し単身お手伝い


    もちろん、自力で行うということはそこに自分たちの労力もプラスされますよね。テレビをつないだり、洗濯機をつけたりなども引越し業者に頼めばサービスでやってもらえることもありますが、自分だとそういったことも行わなければなりません。



    引越し経験がない人にアドバイスするのであれば、先輩経験者の私の感想としては、引越しにかかる労力は想像していたよりもかなり大きかったです。



    私自身、単身で引越しをした際自分でやったことがあります。



    その時は、千葉から埼玉までという短距離での引越しでしたが、実家に頼んで両親と弟の4人がかりで午前10時から始めた引っ越しは結果的に午後5時までかかりました。



    というのも、段ボールなどは特に問題ありませんが、普段運び慣れない机やタンス、冷蔵庫などの大きい家具を部屋に運ぶ時に、狭いドアからどのように入れるかとか、傷つけないようにとか考えながら行うとかなりの労力になるのです。



    もちろん、引越しの時に必要なダンボールも自分で用意する必要があります。無料でダンボールを手に入れる方法については、次の記事を参考にしてみてください。



    ⇒引越しのダンボールを無料で手に入れる3つの方法



    私は家族に引越しを手伝ってもらったので、特にお礼などはしなかったですが、これが友人となればその労力に対して支払うお礼はそんなに安いものではいけないと思います。



    そうなると、レンタカー代と引っ越しを手伝ってくれた人へのお礼を考えると、自分でするのも引っ越し業者にするのも、かかる費用はほとんど変わらなくなると思いませんか?



    私から言わせると、引越しを自分でする労力を考えると、むしろ引越し業者に頼んだ方が安くなるんじゃないかな、なんて思うほどです。



    だからこそ、単身なのであれば引越し業者に頼んじゃったほうが良いと思いますよ。



    一括見積りで業者を比較すると、想定していた金額の半分で済んでしまう驚きの価格が出ることもあります。



    ⇒引越し料金が最大50%安くなる無料の一括見積もりを行う



    引越し業者に頼む場合、見積もりをもらう時のポイントを3つにまとめてあるので、ご参考にしてみてください。



    単身引越しで見積もりをとる3つのポイントとは?



    単身引越しで費用を相場よりも安くするためのポイントは?




    単身で引越しをする場合の相場は3~6万円ぐらいだと、ご紹介しましたよね。



    これは、引越しの時期にもよりますが引越しの荷物量にもよるところが多いです。



    単身でも荷物が多ければ多いほど、どうしても価格が高くなってしまうのはしょうがないことです。



    というのも、引越しの荷物量が多くなれば必然的に引越しに使うトラックの大きさが大きくなってしまうからです。



    引越業者のセンターにあるトラックには種類が色々とあります。



    引越業者のセンターのトラックは荷物量によってかわり、トラックの大きさが小さいほどに料金は安くなるものです。だからこそ、ファミリ―に比べると単身の引越しの方が安くなるんです。



    そこで、単身の引越しで出来るだけ少ない荷物量で済ますことが出来るポイントについてご紹介したいと思います。



    これは、引越しの状況によってもちょっと変わりますが、単身で初めての引越しの場合に効果的な方法です。実家から初めての一人暮らしをするなんて場合にはかなり有効的かもしれません。



    そのポイントとは、大きいものは用意しないということ。



    引越し単身家具


    どういうこと?と思うかもしれませんが、生活に必要な家電類。つまり、冷蔵庫や洗濯機、電子レンジなどなど必要な大きめの家電類やもしベッドやソファを置きたい場合にはそういった大きな家具類も含め、大きめのものはとにかく事前に用意することを避け、引越先で新しく調達しましょう。



    事前に用意しておけば、もちろんそれを運ぶ運賃がかかってしまいますよね?



    でもどうせ新品を購入するなら、引越し先または全国展開の電気屋や家具屋で購入して直接運んでもらえば、無料または低い運賃で大きな家電や家具を運んでもらうことが出来るんです!



    実際、私は大学の時に初めての一人暮らしをしました。



    その時、ベッド・机は同じ全国展開の家具屋さんで、冷蔵庫・洗濯機・テレビは同じ全国展開の電気屋さんで購入したところ、送料はほとんどかからずに運んでもらうことが出来ました。そのため、かなり安く引越しをすることが出来たんですよ。



    単身引越しでまだ荷物がそろっていない、という人は洗濯機や冷蔵庫といった大きく荷物量を増やしてしまうものを運ばないことでかなりお安く済ませることが出来るのです。



    また荷物量を少なくすれば、いくつかの引越し業者で取り扱っている単身パックというプランを利用することが出来ます。単身パックは時期や距離によって多少変わりますが、最安で1万5000円ぐらいで出来ることもあるんですよ!



    引越し業者の中には、単身引越しが安い!という特徴のある業者があり、そういう業者を選ぶことで安い引越しが出来ます。次の記事で詳しくご紹介していますのでチェックしてみてくださいね。



    ⇒単身の引越しが安い業者は?費用半額にする一括見積り活用術!




    このように、引越しの荷物量を圧縮した上で、できるだけ早く複数の引越業者の見積りを一括で取り寄せ、最終的に依頼する引越業者を選定し、親戚から文句を言われない良い日柄を決めた上で、一括見積りの結果を武器に価格交渉して、激安かつ縁起よく引越しをしてくださいね!



    ⇒引越し料金が最大50%安くなる無料の一括見積もりを行う



    まとめ




    単身引越しの相場は、時期または荷物量で前後はしますが3~6万円ぐらいだと考えてOKです。



    でもやっぱり単身で引っ越す場合、引っ越しシーズンのピークってことも多いです。



    そんな時には、これから購入する予定の家具家電は出来るだけ引っ越し先に届けてもらうことでピークの時期でもある程度お安く済ませることができますよ。



    そして、先輩引越しアドバイザーとして単身引越しであっても自分でする引っ越しはあまりおすすめできません。引越しの労力を考えたら絶対的に引越業者に頼む方が労力も少なくサービスも受けることが出来るので、良いと思います。



    見積もりの料金に差が出てしまうポイントをチェックする場合は、以下の記事に3つの要素でまとめておりますので、よければチェックしてみて下さい。



    引越し料金に差が出る3つの要素とは?単身編!



    ぜひ、単身引越しされる方は参考になさってみてくださいね。



    おすすめの関連動画







    引越し料金が最大50%安くなる無料の一括見積りをチェック



    引越し荷造りで出てきた不用品・・・買取サービスの活用が賢い選択です



    ・引越し荷物量を減らせる(=引越し費用削減)と同時に、現金GET。

    ・ネットだから高額買取。

    ・送料無料の宅配便が自宅で引取り、査定即日入金。



    引越し荷造りで出てきた不用品を買い取ってもらう事で、荷物量が減り引越し費用が安くなる事に加え、現金もGETできるため、一石二鳥です。



    不用品を、



    ・引越先に有料で運んでもらうか

    ・無料OR有料で廃棄するか

    ・在宅買取で現金化するか



    引越しの費用負担を少しでも減らしたいなら、『不用品の在宅買取』は最優先で対応すべき1つです



    単行本、絵本、マンガ、CD・DVD、ブルーレイ、ゲーム、CDなど


    単行本・絵本・マンガ・CD・DVD・ゲームなどの高価買取でおすすめはこちら

    ・非常に幅広いジャンルの不用品を自宅にいながらまとめて売却できる
     ・フィギュア
     ・おもちゃ
     ・レゴ
     ・ホビー
     ・プラモデル
     ・ゲーム
     ・本
     ・DVD
     ・CD
     ・アイドルグッズ
     ・ジャニーズグッズ
     ・プラレール
     ・ノベルティ
     ・お酒など
    ・無料宅配キット(段ボール・着払い伝票)を用意


    ブランド、時計、宝石、ジュエリーなど


    ブランド、時計、宝石、ジュエリーの高価買取でおすすめはこちら

    ・高価買取
    ・スピード査定&即現金支払
    ・送料、査定料、キャンセル料、返送料0円
    ・おまとめ査定で買取額UP
    ・カイウルで買い替えすると買取額UP
    ・キズや汚れのある訳あり商品でもしっかり査定



    壊れたパソコン


    壊れたパソコンの高価買取でおすすめはこちら

    ・処分にこまっていた壊れたパソコンが売れる!
    ・壊れたパソコン専門買取店。
    ・24時間365日オンライン査定受付。
    ・全国対応、データ消去、破壊対応。



    壊れたカメラ


    壊れたカメラの高価買取でおすすめはこちら

    ・壊れたカメラがお店に行かずにが売れる。
    ・24時間365日匿名オンライン査定。
    ・他社比較、価格交渉大歓迎。



    大学教科書(大学教科書、専門学校教科書、医学・歯学・薬学書)


    大学教科書の高価買取でおすすめはこちら

    ・書き込みがあってもOK。
    ・5冊以上買取で送料無料。
    ・短大・専門学校の教科書もOK。



    飲まないお酒


    飲まないお酒の高価買取でおすすめはこちら

    ・お酒なら、なんでも問わず買取。
    ・洋酒や日本酒、ウイスキー・ブランデー、ワインなど幅広く買取。
    ・とにかくお酒ならなんでも高額買取。
    ・宅配買取で送料・査定料完全無料。
    ・梱包セットの無料贈呈!
    ・全国出張対応。
    ・最短翌日入金。



    楽器


    楽器の高価買取でおすすめはこちら

    ・買取上限価格の廃止、適正価格の見積もり提示
    ・全国無料宅配買取
    ・無料で梱包グッズ提供
    ・無料の事前見積もり完備



    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ