単身の引越しが安い業者は?費用半額にする一括見積り活用術!

こんにちは、引越しアドバイザーのめぐみです。



単身で引越しする場合の理由はいくつかありますが、代表的なのが、進学と転勤ですね。



特に忙しさを伴うのが、人事異動による転勤です。



もちろんその会社にもよりますが、人事異動の辞令が異動の2か月とか3か月前くらいにわかるということもありますよね。



引越しがなければ2~3か月あれば十分ですが、引越しするとなると2~3か月で引越しというのはなかなか大変なものがあります。



何より引越しには結構な費用がかかってしまうので、出来るだけ引越しの費用を安く抑えたいところです。



また、会社から一番安いところで、といわれることもあります。



そこで今回、単身で引越しをする時に安く出来る業者をご紹介していきます。



すべて単身パックを利用できる荷物量を想定して安い業者をピックアップしています。



実際に引越し手続きを進める段階にはいったら、まずはじめに、引越し一括見積もりを取っていくといいですよ。



引越し見積もりには、以下のメリットがあります。



  • 最大で50%見積もりが安くなる可能性がある
  • 一括見積もり結果が、お願いすると決めた引越業者の営業さんとの値下げ交渉で武器になる
  • あなたの条件(引越距離、引越荷物量、引越先の階数、引越予定日)において、今現在最も格安な業者を見つけることができる
  • 無料で利用できる
  • 最短1分程度で見積り相場も把握できる



  •  引越し料金が最大50%安くなる無料の一括見積りサイトを見てみる



    次の記事もあなたにおすすめです





    単身で安い引越しが出来る業者その1;クロネコヤマト




    単身パックの中でも基本料金が一番安い、というのがクロネコヤマト。クロネコヤマトは宅急便だけ、と思っているのであればもったいないです。



    クロネコヤマト


    実際に、私は単身で引越しをする時にクロネコヤマトを利用しました。



    まず何よりも知名度があるため、安心して頼むことが出来たという点。また、引越しといえども引越日時指定などの宅配のようなサービスを利用することが出来ます。



    そのため、通常の引越しのように制限された時間帯だけではなく、夕方18時以降という時間でも対応してくれるのがとっても助かりました。



    私は引越日時指定日対応でやってもらいましたが、翌日配達というサービスも選ぶことが出来るので、急いで引越しをしたいという人にも嬉しいかもしれません。



    1人暮らし用の冷蔵庫やテレビ、電子レンジと洋服など1人暮らしで必要な量は、引越し単身パックでおさまります。(私は特に洋服や靴が多い部類の人間ですが、それでも十分でしたよ!)



    もっと荷物が少ない人はもう少し料金が安い引越し単身パックminiでも大丈夫なくらいかもしれません。



    逆に、洗濯機や布団、家具などといった荷物が多い人は、単身パック×2という方法もできます。その場合、複数BOX割が適用になるので2000円ぐらい安くなります。



    また、WEB割や平日割、早期申込割などを遣えば最大で7000円ぐらい安くなるのでそういったサービスを使用するのがおすすめです。



    引越し単身パックは、東京から神奈川つまり隣の都道府県へ引越しする時には20000円です。千葉県から栃木県への引越距離で、私が利用した時には35000円。これは、3月の引越しピークの値段なのでこれで十分安いと思いました!



    ただし、段ボールは有料なので自分で集めました。単身パックなので段ボール量は少ないためそこまで手間ではないですが、比較の時に知っておくと便利な情報です。



    有料引越しダンボールの代金もカットする場合には、次の記事でダンボールを無料で手に入れる方法についてご紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。



    ⇒引越しのダンボールを無料で手に入れる3つの方法



    単身で安い引越しが出来る業者その2;日本通運


    単身引越し業者接客


    「引越しは~日通~♪」でおなじみの日本通運。



    日本通運は会社の単身赴任での引越しがお得だ、というCMの影響なのか、単身と言えば日本通運と考える人さえいるほど。ただ、CMで打ち出すだけあってやはり単身パックプランは安く設定されています。



    日本通運を利用する場合には、あまり遠くないところへの引越しの場合に使うのがおすすめです。



    というのも、日通の場合距離が30キロ以内であると平日なら30000円ほど、土日祝で35000円ぐらいで済むのです。



    ワンルームぐらいの荷物量を想定しているので、それ以上多くなるとまた少し高くなりますが、それでも引越し料金としては安い方だと思います。




    私は引っ越し自体は頼んでいないですが、電話で話した時電話の人の対応がすごくよかったのがこの日通。その印象があるので、きっとサービススタッフの人の対応もしっかりとした対応ができるのだろうな、と予測できますよね



    単身で安い引越しが出来る業者その3;アート引っ越しセンター




    アート引っ越しセンターといえば、引越し業界の中でもかなり大きな会社のイメージを持っている人も多いのでは?確かに、サービスもしっかりしていますし何より接客対応が完璧です。



    でもその分あまり値引きはせず、お高いイメージが強い会社でもあります。ですが、単身パックになると意外にも安く出来るのでねらい目かもしれません。



    単身パックには2種類あり、単身引越パックとレディースパックです。



    単身引越パックはその名の通り、単身用の荷物量で安くやってくれるプランです。



    一方レディースパックは、作業員が全員女性というプランです女性の中には、これから自分が一人暮らしをしなければいけない家に男性が入ってくることを嫌がる人も結構多いので、そんな女の人には嬉しいサービスですよね。



    どちらのプランも料金は25000円が基本です。



    ただし、アート引越センターの場合には追加料金が出てしまうことが結構あります。引越し荷物の日時指定や、荷造りを頼んだ時にも追加で料金が発生してしまうのです。



    追加料金に注意しながら頼めば、アート引越センターはまさか25000円とは思えないほどしっかりとしたサービスや接客がされているので、気持ちよく引越しをすることができますよ。



    ご紹介した3社の実際の見積もり金額は、あなたの条件によって異なりますので、詳しくは一括見積もりで、詳しく確認していきましょう。




     引越し料金が最大50%安くなる無料の一括見積りサイトを見てみる



    トラックの台数は限りがあり、人気の日柄は各社一瞬で完売しますので、縁起の悪い安い日に予約して親戚から反対される前に、早めに一括見積もりからチェックしていくといいですね。




    まとめ


    単身の引越し



    私が実際に単身の引越しで見積もりをとった時に、安くできるなと思った印象をご紹介していきました。どの会社も大手のため、全国対応してくれるというのも嬉しいですよね。



    サカイ引越センター(引越しのサカイ)も大手引越し業者のひとつ。引越しのサカイは交渉次第で見積もりが安くなります。そのコツについて次の記事でまとめてありますよ。



    ⇒引越しの料金相場は?サカイの費用を一括見積で半額にした方法は?



    中小企業の引越し業者は安いには安いですが、大手のように全国に対応していないことも多いのです。



    もちろんここに紹介したのは、ほんの一部で条件によっては料金が変わってしまうこともあります。



    単身パックとはいえ、何社からか事前に見積もりをとっておくというのも安い引越し業者を見つけるためには大切なことですね。



    もちろん料金だけではなく引越しにはサービスなども大切な要素です。サービス面でおすすめな業者もあわせてチェックするのに参考にしてみてください。



    引越しでおすすめしたい3つの業者~単身編~



    また、以下の記事では、単身の引越し費用をさらに安くするための方法をご紹介しています。



    引越し料金に差が出る3つの要素とは?単身編!



    おすすめの関連記事


    ⇒一人暮らしの引越は単身引越サービス|ヤマトホームコンビニエンス

    ⇒単身のお引越し|【引越しは日通】料金・費用の見積もりや単身引越し

    ⇒単身の引越し相場は?一括見積もりの活用術と更なる激安化の秘訣!



    おすすめの関連動画





     引越し料金が最大50%安くなる無料の一括見積りサイトを見てみる




    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ