引越しの電気の手続きはいつどうやってする?もっと便利なサービスは?

こんにちは、引越しアドバイザーのめぐみです。



引越しをする時には、色々な手続きも必要になってきますよね。



その中でも特に重要なのがライフラインに関するもの。つまり、電気・ガス・水道です。



水道の手続きに関しては、以下の記事で詳しくご紹介しています。電気の手続きとあわせて、参考にしてみてください。



引越しで水道の手続きのコツは?なぜネット申込みは要注意?




私の苦い経験ですが、一度ライフラインの手続きを怠ったために引越し先で電気はつかないし、退去をすませた部屋の電気料金を電力会社から請求されて、無駄に払うなどがありました。



電気やガス、水道は生活するうえでは欠かせないものだからこそ、どのように手続きをするかどうかは一度確認すべき内容です。



その中でも今回は、電気の手続きに関して詳しくみていきましょう。



スポンサーリンク

次の記事もあなたにおすすめです





引越しをする前の電気の手続きはいつまでにどこへする?




電気の手続きも引越し前つまり旧居と引越した後つまり新居でのぞれぞれの手続きについて詳しくご紹介していきます。



まず引越しをする前、旧居の電気の手続きについて。



電気アイキャッチ


旧居の電気の手続きとしてすることはふたつ。



一つ目は、電気契約を停止(解約)してもらうということです。



これを怠ると、旧居と新居の両方の電気料金がかかってしまうことになります。



「電気、使わないのに?」と思うかもしれませんが、基本料金があるので電気を全然使わないとしても電気料金が発生してしまうんです。



この一つ目の電気契約の停止の手続きは、いつぐらいまでに行えばいいのか、というのが引越しをする時、疑問に感じることが多いものです。



引越しには手続きが様々あるので、電気だけ手続き忘れ、などのこともよく起きるからこそ、引越しの連絡の期限を頭に入れおくと、連絡忘れが少なくなりますよ。



電気契約を停止させるための期限は、引越しをする日の1週間前です。



そこまでに連絡しておけば間違いありません。



その際には、自分が住んでいる地域の電力会社に連絡しましょう。関東圏であれば東京電力ですし、関西地方であれば関西電力へ連絡ということになります。



これは、電力会社から送られる毎月の電気の使用量明細に記載されているので、その通りに連絡するようにしましょうね。



連絡の時には、



・名前



・お客様番号(わからない場合は、それ以外の情報を伝えることで照会してもらえます。)



・引越し日



・旧住所



・新住所



・電話番号



・最終月の電気料金の支払い方法



を伝えることになります。



ちなみに、同じ電力会社圏内での引越しであればこの解約の電話で新居の電気の手続きを行うこともできます。



同じ圏内かどうかは、新居の住所を伝えれば教えてくれるので手続きの負担を減らすためにも次の電力会社がどこなのか、というのをチェックしておきましょうね。



さらに、支払い方法というところですが、これは口座引き落とし、請求書支払い、現地清算の3つの方法を選ぶことが出来ます。



現地清算の方法を選ぶ場合には、引越しの時間も伝えておいて引越しの最中に電力会社の担当者に支払うという形になるので、万が一引越しが早まった場合当日清算できない可能性があるということは肝に銘じておいてくださいね。



電気の手続きと併せて、ご近所への引越しの挨拶についても考えなければいけません。ご近所への挨拶品を用意するときに気を付けるべきポイントがあるので、間違えて失礼にならないように事前にチェックしておいてくださいね。



⇒なぜ引越しの挨拶の粗品にのしが必要?書き方のポイントまとめ!



スポンサーリンク




引越し後の電気の手続きはいつまでにどこへする?




では新居の電気の手続きどのようにしたら良いのでしょうか?



まず引越し後つまり新居の電気の開始の手続きは、引越しをする日の1週間前までに行うようにしてください。



というのも、どういう物件の種類に引越すのかということでも違ってきますが、引っ越し先で電気を開始する時は立ち合いが必要なことがあるんです。



立ち合いが必要となると、つまり引越し日のその時間に人を派遣する必要がありますよね。



逆に言えば立ち合いの人が来れなければ引っ越し先で電気を使うことが出来なくなってしまうんです。



そのため、少なくても引越しをする日の1週間前には連絡をしておくようにしましょう。



もちろん立ち合いがいらない場合には、直前に連絡しても大丈夫なこともありますが立ち合いが必要かどうかは連絡してみないとわからないことなので、引越し日の1週間前という期限を忘れないようにしてくださいね。



またどこへ手続きの連絡をするかというと、新居がある地域の管轄の電力会社に連絡または管轄の電力会社のホームページで確認してください。



賃貸物件であれば、不動産屋が基本的に契約の際に連絡先は教えてもらえるはずです。



新築の一軒家などであれば、インターネットなどを使って探せばすぐに見つかりますよ。



連絡をする時に伝えなければいけないのは、



・名前(家族であれば契約者になる人の名前)



・新居の住所



・電話番号



・引越し日(必要であれば時間も)



・立ち合いの有無



です。



先ほども少しご紹介しましたが、引越しする前と後で電力会社の管轄が変わらない場合は引越しをする前の手続きでこの手続きも完了しますが、そうでない場合には2つの手続きが必要になってくるので、どちらの手続きも忘れないようにしてくださいね。



電力会社


引越し前に登録しておくと便利「引越しれんらく帳」




引越しの電気の手続きをする時に特に注意したいのは、電力会社の管轄が変更する時です。



関東圏の人は「東京電力」ですが、関西圏の人は「関西電力」を利用しています。



関東圏内の引越しであれば、一度東京電力に連絡すれば旧居と新居の手続きの両方をすることが出来るのですが、例えば、千葉県から福岡県に引越すという場合には完全に電力会社の管轄が変わるので、旧居は東京電力、新居は九州電力に連絡するという手続きをしなければいけません。



そうすると心配なのが手続き漏れです。



電気だけではなく、ガスや水道も今利用しているところから新しい地域へ電話しなくてはならなくなってしまう上、引越しの手続きや準備はそれだけではないからこそ漏れが生じることがあるんです。



そうなると、引越し先でエアコンが使えない、お湯が使えないなどのような最悪の事態が起きることも。



平日の引越しであれば、万が一当日の連絡でもスムーズに対応してくれることはありますが土日の引越しであればなかなかそうはいきません。



会社の変更がある場合に、漏れがでないようチェックするために便利なのが「引越しれんらく帳」というサービスです。



耳にしたことがある人もいるかもしれませんが、このサービスは電気・ガス・水道さらにはNTT東日本(電話)やNHKの受信料、クレジットカードや新聞の購読、自動車保険や火災保険にも対応しているので、通常はひとつひとつ連絡して手続きをしなければいけないところ、引越しれんらく帳に登録することですべてを一括で手続きすることが出来るので、手間が一気に楽になります。



もちろん、電気だけでみれば東京電力・北海道電力・東北電力などほぼ全国の電力会社と提携しているために地域をまたいで引越す時でも手続きが簡単なんですよ。



引越しれんらく帳のやり方は簡単で、パソコンまたはスマートフォンから東京電力のホームページまたは「引越しれんらく帳」と検索すると簡単に登録することが出来ます。



ひっこし手帳


仕事で忙しい人は、なかなか電話連絡できる時間に電話できないことがありますがインターネットから登録するだけなので24時間、時間を気にせずに手続き出来るというのも嬉しいポイントですよね。



申し込みが出来ているかどうかも登録後にチェックすることが出来るので、安心して引越しの準備をすることが出来ますよ。



なので、ぜひ引越しをする前の手続きとして登録しておくと便利にできますよ!



電気の手続きだけではなく、引越しをする前と後では必要な手続きがあります。以下の記事で、引越し全体の手続きについてわかりやすくご紹介しています。



引越し前後の必要手続きは?役所や水道光熱以外の必須項目は?




スポンサーリンク




まとめ




引越しの手続きの中で、電気って本当に大切だなと思います。



というのも、私が過去に電気の手続き漏れがあって、新居で電気が使えず最低でも翌日の対応になってしまったことがありました。



ガスや水道は1日ぐらいならどうにかなっても、テレビも見れなければ携帯の充電もできないし、夜は真っ暗。電気って本当に大切なライフラインなんだな、と思いました。



だからこそ、特に電気の手続き漏れはないようにしてくださいね。



おすすめの関連記事




⇒お引越しの手続き|家庭のお客さま|東京電力エナジーパートナー株式会社



⇒お引越し手続き│関西電力 個人のお客さま



おすすめの関連動画







 引越し料金が最大50%安くなる無料の一括見積りサイトを見てみる




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ