引越し手続きチェックリストまとめ!アート引越便利帳も便える?

こんにちは、引越しアドバイザーのめぐみです。



引越しには様々な準備がつきものですが、その準備がひとつでも怠っていることがあれば引越した後に困ることって結構ありますよね。



私も経験がありますが、調べ不足で必要だった手続きをして書類をもらっておかなかったため、片道4時間以上かかる道のりを引越し後にまた訪れなければいけない、ということもあったほどです。



そういった手続き漏れがないように、事前にチェックリストとして確認しておくことは大切ですよね。



引越しの手続きで必要なチェックリストを詳しくご紹介していきます。



スポンサーリンク

次の記事もあなたにおすすめです





時期別、引越し手続きチェックリスト




早速ですが、引越しをする時に必要な手続きを引越しの日からの時期別にまとめてみました。



引越しの手続きチェックリスト!



1.引越し日が決まったら

  □ 現住所への退去の連絡
  □ 固定電話・インターネットの契約手続き
  □ 転校届け

2.引越しの1~2週間前までにやっておくこと

  □ 転出・転居届
  □ 印鑑登録の廃止
  □ 福祉・医療関係の手続き
  □ 国民年金と国民健康保険の手続き
  □ ペットの登録変更
  □ 電気・ガス・水道の手続き
  □ 郵便の転送届け
  □ NHKや衛星放送などの契約変更

3.引越し前日までにやっておく手続き

  □ 各種住所変更の手続き
   (インターネットでの変更ができるものだけにしておく)

※チェックリストの優先順位

 1.行かなければ手続きできないもの
 2.電話で手続きできるもの
 3.ネットで手続きできるもの



詳しくみていきましょう。



チェックリスト


引越しの時期が決まったら




・引越し会社を選ぶ→引越しの時期が大体決まったらまずは引越し会社を選びます。引越し会社を選んだら、引越し日を確定させることが出来ます。



引越し日が決まったら




・現住所への退去の連絡→賃貸物件に住んでいる場合には、引越し日が決まり次第退去日を連絡する必要があります。大体引越し日から1か月以上前に連絡するということが多いですが、これに関しては早ければ早いほどいいです。



・固定電話・インターネットの契約手続き→固定電話は最近あまりひいている人はいませんが、固定電話と併せてインターネットの契約は引越しの日程が決まったらすぐに手続きをすると便利です。どうしても忘れがちですからね、この2つは。継続する場合は住所変更をするだけで簡単に手続きしてくれることもありますし、必要な場合であれば、新居のインターネット工事の日程もこの時に決めてくれます。



・転校届け→お子さんが学校に通っている場合で、転校が必要な範囲へ引越しをする場合には引越しの日程が決まり次第連絡して、在学証明書や教科用図書給与証明書が転校先で必要になるので早めに準備をしておきましょう。



引越しの1~2週間前までにやっておくこと




・転出・転居届→引越しをする上で絶対的に必要な手続きです。引越しぎりぎりにやる人も多いですが、引越し前後は何かと忙しくなってしまうので、引越しの2週間ぐらい前には手続きをしておきましょう。もちろん書類はなくさないように。



・印鑑登録の廃止→転出届などの手続きとあわせて、役所では印鑑登録の廃止手続きもしましょう。大抵は転出届と共に廃止してくれることがほとんどですが、やってくれない場合には自分で行うようにしておきましょう。



・福祉・医療関係の手続き→これは子供がいる家庭であれば、医療費助成や児童手当など。介護をしている場合であれば、介護保険などの手続きが必要です。転出の際と転出先で必要な書類がその自治体でも違ってくるので、転居先ではどんな書類が必要かを確認して擁しておきましょう。



・国民年金と国民健康保険の手続き→国民年金は、住所変更の必要があります。また、国民健康保険は、資格喪失届が必要になってくるのでそれぞれを役所で手続きしましょう。



・ペットの登録変更→ペット(犬)を飼っている人であれば、犬は各自治体で登録されているため、必要な手続きを役所でやってもらいましょう。ただし、自治体によっては犬の登録が保健所という場合もあるので、各自治体で事前の確認を。



・電気・ガス・水道の手続き→生活する上で欠かせないライフラインの、電気・ガス・水道。現住居の使用停止だけではなく、新居の使用開始の連絡ともに1~2週間前までには行うようにしましょう。



電気の詳しい手続きに関しては、以下の記事でまとめてあります。ご参考にしてみてください。



引越しの電気の手続きはいつどうやってする?もっと便利なサービスは?




・郵便の転送届け→基本的に必要な住所変更を行と思いますが、中には住所変更し忘れているなんてこともあります。そういった時に対応できるよう、郵便の転送届けの手続きをしておきましょう。ホームページなどから簡単に手続き出来、引越してから1年は旧居への郵便物を新居へ届けてくれるのでしっかりと転送届けの手続きはしておきましょう。



・NHKや衛星放送などの契約変更→これらも基本的にホームページで簡単に手続きをすることができます。衛星放送やケーブルテレビなどの場合には、設備があるのでおsの撤去や新居での取り付け工事などが発生することがあるので、ぎりぎりではなく1~2週間前までには手続きをしておくようにしましょう。



引越し前日までにやっておく手続き




引越し前日までにやっておく手続きは基本的に、インターネットでの変更が出来るものだけにしておきます。



・各種住所変更の手続き→クレジットカード・銀行・携帯電話・保険などの住所変更の手続きも必要になってきます。ただし、これらはどれもインターネットから簡単に住所変更することが出来るので、引越し前日の作業でOK。最悪、これを忘れてもしばらくは郵便の転送届けがあるので、郵便物が届かないということにはならないのでご安心を。



引越し前日までにやっておくことにご近所への挨拶品の準備があります。手続きではないですが、手続きと同じぐらいなことです。どんな挨拶品を持っていくと喜んでもらえるかについて次の記事でご紹介しているので、参考にしてみてくださいね。



⇒引越しの挨拶にもらうと嬉しい品物の3つの条件とは?




引越し手続きをするコツ




引越しの手続きをするコツは、まず先ほどご紹介したようにスケジュールでわけて手続きをするということです。



特に役所で手続きな必要なものは、事前にまとめておき漏れがないように一気に手続きをしてしまうと楽にできます。



また、電話でしか手続きできないものもあれば、ネットで簡単に手続きできるものなど手続きの仕方も様々です。



電話をする女性


だからこそ、手続きの優先順位として、行かなければ手続き出来ないもの→電話で手続き→ネットで手続きのように決めておいてまとめておくと便利ですよ。



ネットサービスで住所変更などの手続きが簡単に出来るものであれば、最悪引越し前日や引越し当日の移動時間でも可能です。



なのでまず、引越しの手続きの仕方での優先順位を自分の中で決めておきましょう。



足を運んで手続きしなければいけないのが自動車に関する手続きです。事前にいつまでに何を手続きしておくかというのを知るために、以下の記事を参考にしてみてください。



引越しで必要な自動車手続き4点とは?書類と届出先まとめ!




また、それに加え引越し先で必要な書類というのもあります。これに関してはその自治体によって変わってくるので、これが必要でこれは必要ないとは言えませんが、特に役所関係の手続きではよくあることなので調べておきましょうね。



スポンサーリンク




アート引越センターを利用する場合には、便利な引越便利帳を利用しよう




引越し業者の中では大手のアート引越センター。



サービスの良さなどからも人気の高い引越し会社ですが、実はアート引越センターの便利な-サービスがあるんです。



それが、引越便利帳です。



引越しで必要な手続きが一覧化されたものあり、ダウンロードしてチェックリストとして利用することが出来るんです!



パソコンから出力することが出来るので、書き込んで実際にチェックできることから私も以前の引越しでは使わせていただきました。



出力


さらに、引越し先に関して地域情報などを引越便利帳のページでは紹介しているので、どんなお店があるのかなどを参考にさせてもらいました。



手続きをやったかどうかのチェックリストとして使用すると手続き漏れがなくなりますよ。



引越し手続き以外の内容も含めた、チェックリストも、以下の記事で別途用意しております。



⇒引越し準備リストまとめ!3つのタイミング毎の対応内容は?



まとめ




チェックリストをご覧の通り、引越しの手続きは本当にたくさんあります。



でもその手続きをひとつでも怠ると、私のように引越し後に旧居へ行かなければならないとう手間を増やしてしまうことがあるからこそ、チェックリストを最大限活用して漏れがないようにしてくださいね。



もちろん引越しの準備はこれだけではなく、引越しの2週間ぐらい前には荷造りは半分以上は終えておきたいですし、同時進行で引越しの挨拶のための粗品の用意もしなければいけません。



チェックリストには手続き以外にも、自分がやらなければいけない作業をスケジュールのようにしておくことでスムーズに作業ができるので、書き足しながら○○忘れがないようにしてくださいね。



忘れてしまいがちなのが、引越しの挨拶品ののし。あまり知識がないままご近所への挨拶品を恥をかくこともあるので、事前にご近所への挨拶品につけるのしなどの知識について知っておきましょう。次の記事で詳しくご紹介しています。



⇒なぜ引越しの挨拶の粗品にのしが必要?書き方のポイントまとめ!




スポンサーリンク




 引越し料金が最大50%安くなる無料の一括見積りサイトを見てみる




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ