こんにちは。引越しアドバイザーのめぐみです。



引越しの際には、ガスや電気、水道など、ライフラインに関する変更手続きが必要。



引越し前の住居の解約や精算、新居での利用開始などを忘れずにしておかないといけません。



こういった手続きって面倒なイメージがありますよね。



しかし、電気に関して言えば、以前は電気に関する契約先というのは、その地域で一つだったため、引越し先の住所によっては利用停止と開始をまとめて手続きすることも可能でした。



また、インターネット手続きが可能な場合も多かったので、私も特に面倒を感じなかったのが電気の手続きです。



しかし、電力が自由化されたことによって、電気の契約先は一つではなくなり、引越しの手続きも一筋縄ではいかなくなってしまいました。



そこで、引越しの際に電気に関してやることについて、手続きの内容と注意点を紹介しましょう。




スポンサーリンク





引越しで電気に関してやることは?




引越しをする場合、旧居で電気の利用を解約し、新居で契約をすることになります。



電力会社が変わる場合と変わらない場合では、手続きも異なってくるので、注意が必要です。



引越し前後で電力会社が変わらない場合




引越しをしても、今と同じ電力会社と契約する場合、電話やインターネットなどで、まとめて手続きをすることも可能です。



引越しの1~2週間前を目安に、利用している電力会社に連絡をして、手続きすればOK。



このとき、検針ごとにもらえる電気料金のお知らせや、領収書などの用紙があると、手続きがスムーズに進むので、あらかじめ用意しておいてください。



引越し後に電力会社を変更する場合




引越しを機に、利用する電力会社を変更する場合には、旧居での電気の解約手続きと新居での利用手続きの両方を別途行わなければいけません。



契約する会社によっては、電力の供給開始までに時間がかかることもあるので、早めに連絡しておいた方が安心。



また、引越しと同時に新規契約をすることができない電力会社もあります。



まず引越し後の電力会社を決めて契約を済ませ、問題なく引越し先で利用できることを確認してから、これまでの電力会社の解約をするのがおすすめです。



そのため、1ヶ月程度前から準備を進めておいた方が良いでしょう。



スポンサーリンク




電気に関する手続きの注意点は?




電気の契約の住所変更の手続きについて説明してきましたが、その他引越しに伴う電気の契約について、注意しておきたいポイントを紹介しましょう。



引越し後の住居で個別契約が可能か確認する




戸建てであれば問題はありませんが、集合住宅の場合には、事前に電力会社について確認しておく必要があります。



そのマンション全体で、1つの電力会社と契約することが管理組合などで決められている場合も少なくありません。



そうなると、自分の希望する電力会社との契約ができなくなる可能性があるのです。



集合住宅の場合、まず引越し先が決まったら、電気の契約について確認しておきましょう。



引越し前後の契約アンペア数を確認しておく




電気の契約には、契約するアンペア数があり、使用電力がそのアンペア数を超えると、ブレーカーが落ちるようになっています。



電気のブレーカーでアンペア数を確認
電気のブレーカーでアンペア数を確認




例えば旧居から新居に引越しをして、アンペア数が下がっていた場合、いつも通りに電気を使っていたら、ブレーカーがー落ちてしまった、ということも起こってしまうかもしれません。



そのため、旧居と新居のアンペア数を比較し、必要に応じて、入居と同時にアンペア数を変更しておきましょう。



変更する場合は、宅内での作業が必要になりますので、注意してくださいね。



現在の契約アンペア数は、ブレーカーを見れば確認できます。



ちなみに、私も経験があるのですが、賃貸住宅の場合、アンペア数を変更したら、退去の際にはもとに戻さなければいけません。



引越しの退去日より前にその予定を入れておく必要があるので、忘れないようにしましょう。



引越し先の住居のコンセントのボルト数を確認しておく




これは電気の契約というより、電気工事に関することですが、新居に設置されているコンセントの数やボルト数は事前に確認しておきましょう。



例えば対応畳数の大きなエアコンの場合、通常の100Vのコンセントではなく、200Vのコンセントが必要な場合があります。



電気のコンセントを確認
電気のコンセントを確認




もし、新居に設置されているコンセントが対応していない場合、あらかじめ電気工事を行っておかなければいけません。



せっかく新居に引越したのにエアコンが使えない!ということにならないよう、事前に確認しておきましょう。



電気屋さんでエアコンを購入する場合にはそこで工事をお願いすることもできますし、私は過去にエアコンの引越しに伴ってお願いしたこともあります。



料金や対応できる日なども、依頼する先によって異なりますので、早めに確認しておきましょう。



まとめ




電気は生活していく上でなくてはならないものですよね。



そのため、引越しに伴っていろいろな変更や手続きが必要になる場合があります。



自分がどういった使い方をするのか、また電気料金のことなど、様々な条件を検討した上で、必要な手続きを行ってくださいね。




電気の手続き含め、引越しでやることのリストについては、こちらの記事で詳しく紹介しています。



引っ越しやることリスト!手続きの順番や新築等入居前の準備一覧!



確認しておくことで、作業漏れを防ぐことができますので、引越しが決まったらぜひ一度確認してくださいね。



スポンサーリンク