こんにちは。引っ越しアドバイザーのめぐみです。



引っ越しの形態にはいろいろありますが、一人暮らしで引っ越しをするパターンって多いですよね。



例えば大学入学で一人暮らしを始めたり、就職のために引っ越しをしたり、はたまた単身赴任をするためだったり、など。



私が一人暮らしをしていた時にも、何度も引っ越しをしてきました。



一人暮らしというのは家族引っ越しに比べて荷物が少ないので、一見楽なように見えますよね。



しかし、その反面、引っ越しに関する手続きや作業を、全て自分でしなければならないという大変さもあるのです。




そのため、引っ越しのためにやることは自分で把握しておかなければいけません。



一般的な引っ越しのやることリストに関しては、こちらの記事で紹介していますが、こちらで紹介している内容は、どんな引っ越しにも当てはまること。



引っ越しやることリスト!手続きの順番や新築等入居前の準備一覧!



今回は、それに加えて特に一人暮らしの引っ越しの際にやること、注意したいポイントについて、紹介していきましょう。




一人暮らしの引っ越しでのやること1 引っ越し方法の決定




家族引っ越しの場合、大きな家具や荷物も多いので、業者頼みになることがほとんどでしょう。



しかし、一人暮らしの場合には、人によってはかなり荷物が少ないなどのケースもあり、いろいろな方法が考えられます。



  • 友人などに頼んで引っ越しをする
  • 家財宅急便などを利用する
  • 単身パックを利用する
  • 通常の引っ越しプランを利用する



  • 一人暮らしの引っ越しの場合、このような方法が考えられます。



    荷物がかなり少なかったり、近距離の引っ越しの場合には、友人に頼んで引っ越しをする人も多いですよね。



    その場合に大きな家具だけを家財宅配便で運ぶなど、これらの方法の組み合わせで引っ越しをする人もいます。



    また、一人暮らしの場合、お得に引っ越しができる単身パックの利用も選択肢に入れられるので、自分に合った引っ越し方法を選ぶことが大切です。



    選ぶ方法によって、引っ越し料金もかなり変わってくる可能性があるので、しっかり検討したいですね。



    ちなみに単身パックの場合、事前の見積もりがない場合もあるので、なるべく正確に荷物の量を把握しなければいけません。



    また、当日になって積み切れない場合の代替手段も、確認しておくと安心です。



    一人暮らしの引っ越しでのやること2 必要な家財をそろえる




    すでに一人暮らしを始めている人の場合は必要ありませんが、新しく一人暮らしを始める場合、いろいろな物を買い揃えなければいけません。



    一般的に必要と言われる家具、家電としては次のようなものが挙げられます。



  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • テレビ
  • 寝具一式
  • 調理器具一式



  • こういった物をそろえておく必要がありますが、購入するタイミングがポイント。



    新しい物を購入する場合には、新居に直接運んでもらうようにしておくのがおすすめです。



    これを引っ越し前に購入してしまうと、引っ越し荷物が増えてしまい、引っ越し料金が高くなる可能性があります。




    手配は事前でも構いませんが、引っ越し後に届くように注意してくださいね。



    また、もし期間限定の単身赴任などの場合には、家電レンタルとセットになったプランなどを活用するのもおすすめです。



    購入してしまうと、その期間が終わった後の処分にお金がかかってしまう場合もあるので、状況に応じて、いろいろなプランを調べてみてください。



    一人暮らしの引っ越しでのやること3 当日のスケジュール調整




    一人暮らしの場合、すべての手続きを自分でしなければならない、というのはお伝えしましたが、これが意外と大変です。



    引っ越し前や引っ越し後の手続きというのは、インターネットなどを利用することで余裕をもってできる場合もありますが、引っ越し当日はそうはいきません。



    一般的に引っ越し当日にやることというと、次のようなものが挙げられます。



  • 引っ越しの立ち合い、荷物確認(旧居・新居)
  • 旧居の掃除、引き渡し
  • 新居でのガスの開栓立ち合い



  • 引っ越しの立ち合いとしては、旧居で荷物の積み忘れがないことなどを確認し、その後新居に移動して、荷物の運び入れを確認しなければいけません。



    引っ越しにどのくらいの時間がかかるのか、また移動時間や移動手段を考え、引っ越し業者との調整をしておきましょう。



    また、引っ越し先がかなり遠い場合には難しいのですが、旧居の掃除と引き渡しなどは、できれば後日に、新居での立ち合いや手続きは事前に行っておくと、当日が楽になりますよ。




    まとめ




    一人暮らしでの引っ越しというのは、楽なように見えて、実はいろいろと大変。



    場合によっては、家族や友人の協力を仰ぐことも必要かもしれません。



    そういったことも含めて、早め早めの作業と調整を心がけましょう。