硬水と軟水の違いは?


こんにちは。引越しアドバイザーのめぐみです。



水の種類を表す言葉として、「硬水」「軟水」という言葉を聴いたことがある人は多いのではないでしょうか。



私も昔から言葉は知っていましたが、日々ミネラルウォーターを購入するようになるまでは、あまり意識したことはありませんでした。



では、硬水と軟水というのは、どういう違いがあるのでしょうか。



水の硬度によって何が違ってくるのかという点や、硬水、軟水それぞれのおすすめの用途などについて、調べてみました。




硬水と軟水の定義とは




硬水と軟水の定義


水が硬水なのか軟水なのかは、水の硬度によって決まります。



硬度というのは、水中に含まれるミネラル成分である、カルシウムとマグネシウムの量をあらわしたもの。




1リットルの水に含まれる量によって決まるので、硬度はmg/リットルという単位を用います。



では、硬水と軟水の分類はどうなっているかというと、実は共通の明確な定義はありません。



しかし、一般的には、WHO(世界保健機関)の基準に従って、次のように分類されています。

区分 硬度
軟水 60mg/リットル 未満
中硬水 60~120mg/リットル
硬水 120~180mg/リットル
超硬水 180mg/リットル 以上



また、日本ではもう少しわかりやすく、100mg/L未満を軟水、100mg/L以上を硬水と分類する場合もあります。



このように水の硬度に違いが出るのは、水源の環境によるもの。



例えば日本の場合には、南西諸島など一部の地域でのみ硬水が採取されますが、他の水源ではほとんどが軟水です。




そのため、日本で普段飲んでいる水は、基本的に軟水ということになるので、硬水にはなじみが薄い人も多いでしょう。



北欧やアメリカ南西部などでは、硬水が多く採取されるため、日本より硬水に対する距離感は近いですね。



日本で販売されている硬水のミネラルウォーターも、ほとんど外国産です。



国内で利用できるウォーターサーバーの水も基本的に軟水ですが、水の種類などは異なるため、いろいろな点を比較して選ばなければいけません。



ウォーターサーバーの比較については、私が作成した別の記事がありますので、そちらをぜひ参考にしてください。



ウォーターサーバー比較ランキング2018!人気1位のお水は?



軟水の特徴や用途は?




軟水の特徴や用途は?


軟水の特徴は、口当たりがよく飲みやすいという点。



一般的に水の硬度は低いほど、まろやかな水になると言われています。




特に日本では、ほとんどが軟水という環境で生活しているため、硬度が低い水がおいしい水として認識される傾向がありますね。



そのため、飲料水としては硬水よりも軟水の方がおすすめ。



特に赤ちゃんや小さい子供用としては、軟水を選ばなければいけません。



ミネラル豊富な硬水は、胃腸が未発達な赤ちゃんや子供には負担が大きいので、注意しましょう。



赤ちゃんのミルクなどに関する選び方などは、こちらの記事で詳しく紹介しています。



ウォーターサーバーは赤ちゃんのミルクにもおすすめ!注意点は?



料理用としてもくせがないので、利用しやすいのは軟水です。




また、口当たりが良いのと同様に、肌や髪に優しいのも軟水。



硬度が低い水の方がシャンプーや石鹸などの泡立ちも良くなりますし、肌や髪への刺激も少なく、安心して使用できます。



硬水の特徴や用途は?




硬水は一般的に口当たりが重く、飲みづらいのが特徴。



私もはじめて硬水を口にした時は、決して味がまずいわけではないにも関わらず、飲み込むのに苦労しました。



しかし、硬水はミネラル豊富なため、飲料用としても様々な種類の硬水が販売されています。



マグネシウムを多く含む硬水の場合、便秘解消などのメリットもあるため、ダイエットのために継続的に飲んでいる人も多いですね。



また、ミネラルをあまり含まない軟水にはなく、硬水の特徴とも言えるのが血液をさらさらにするなどの健康効果。




継続的に飲むことで、動脈硬化の予防になるなどの効果が期待できます。



ただし人によっては、お腹をこわしやすくなったり、結石の可能性が高くなるなどのデメリットもあるので、摂取には注意が必要です。



硬水は軟水と異なり、料理用には向いていないとされていますが、実は洋風の煮込み料理には硬水が最適。



硬水を使うと、肉の臭みを消したり、余分なたんぱく質などをアクとして出すなどする効果があり、おいしい料理ができると言われています。




しかし、和食の場合には、硬水を用いると、昆布や鰹節などの旨み成分の抽出が阻害されてしまうので、軟水を使うのがおすすめです。



まとめ




今回は、硬水と軟水の違いや特徴について紹介してきました。



硬水と軟水は味が違うだけでなく、それぞれに向いている用途などがあるので、目的にあった使い方をすることが大切です。



もちろん飲料水としての用途の場合には、味の好みなどもありますが、いろいろな特徴を理解して、上手に使い分けてくださいね。