クロネコヤマトの引越しダンボールは無料?回収やオプションは?

こんにちは、引越しアドバイザーのめぐみです。



引越しで大切な梱包資材。



特にダンボールは単身の引越しでも10箱近く使うことがほとんどです。



だからこそ、引越しをする時には梱包資材をどうするかをまず考えなければいけません。



引越し業者によっては無料だったり、有料だったりしますがクロネコヤマトではどうなのでしょうか?



スポンサーリンク

次の記事もあなたにおすすめです





クロネコヤマトの引越しダンボールは無料?




クロネコヤマトでは、引越しのダンボールは引越しコースによって有料か無料か違ってきます。



日通ダンボール


クロネコヤマトの引越しコースの中でも、引越しらくらくタイムリーサービスと建替引越パックには、梱包資材であるダンボールとガムテープが無料でついてきます。



引越しらくらくタイムリーサービスや建替引越パックは、基本家族向けの引越しコースになっています。



引越しでのダンボール数もかなり多くなっているので、ダンボールは無料サービスのひとつとなっているのです。



ですが、単身引越しのコースではダンボールは無料でついてきません。



単身引越サービス・単身引越サービスminiタイプともに同じ条件で、どちらもダンボールなどの梱包資材は有料になってきます。



自分で用意してもOKですが、単身プラン向けに単身資材パック3200円(税抜)が用意されていて、そちらを利用することが多いです。



クロネコヤマトの引越しダンボールは回収してくれる?




引越しにおいて梱包資材を無料でもらえるかどうかも大切ですが、同時にそのダンボールを回収してくれるかどうかも気になりますよね。



単身引越しでも10箱近く必要なダンボールなので、家族引越しとなれば多い場合には100枚近くになることもあり得ます。



そうなったとき、自治体によっては引越しダンボールは回収してくれず個人で処分する必要が出てくるからです。



正直、個人で何十枚のダンボールを処理するのは大変です。



だからこそ、引越しのダンボールを回収してくれるどうかは重要になっているのです。



クロネコヤマトでは、基本無料でダンボールをもらえるプランであればダンボール回収のサービスがあります。



逆に、単身パックの場合にはダンボール回収サービスはないです。



ただし、単身パックでも処分量として料金を支払えば引き取り可能となっています。



赤帽料金


料金は3000円(税抜)になっています。




引越しプランを申し込む段階で頼んでおくこともできますし、追々やっぱり回収してほしいなと思ったら、



0120-008008



のフリーダイヤルに問い合わせをすれば、梱包資材の回収を行ってくれますよ。



スポンサーリンク




クロネコヤマトの引越しダンボール以外の梱包資材のオプションは?




クロネコヤマトでは、単身パックでなければ基本的に梱包資材であるダンボールとガムテープがついてきます。



ダンボールやガムテープの数は、引越しの荷物量に応じて決められているので実際に営業担当者が訪問見積もりの際にダンボールが何枚ぐらい必要か計算して必要量を持ってきてくれます。



ただ、荷物の中にはクローゼットでハンガーにかけられているものもありますよね。



すべてダンボールにしまってしまうと、ハンガーにかけてしわにならないようにしている衣類がしわになってしまうことがあります。



しわを作りたくない衣類を引越しで運ぶ時に便利なのが、ハンガーボックスです。



%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%8d%e3%82%b3%e3%83%a4%e3%83%9e%e3%83%88%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%bc


他業者でもよく扱われていますが、クロネコヤマトでもハンガーボックスを利用することができます。



もちろん、ダンボールが無料のコースであればハンガーボックスも無料で利用することができます。



基本的には、訪問見積もりの際に申し出れば借りることができます。



私もクロネコヤマトに見積もりをお願いした時にそうでしたが、大抵は営業担当者さんの方からハンガーボックスのレンタルを提案してくれることが多いです。



なので、引越し経験が少なくハンガーボックスの存在を知らない人でも安心してくださいね。




スポンサーリンク




まとめ




クロネコヤマトでは、単身パック以外の引越しコースであればダンボールを無料でもらうことができますし、併せてダンボールの回収も行ってくれますよ。



さらに、便利なハンガーボックスも申し出れば借りることができます。



大抵の場合はハンガーボックスがあった方が便利なので、訪問見積もりの時に申し出るようにしてくださいね。




 引越し料金が最大50%安くなる無料の一括見積りサイトを見てみる




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ