こんにちは、引越しアドバイザーのめぐみです。



引越しは荷物量によってその料金が変わってきます。



家具や家電などは大きいものが多いため、荷物量の中でも大部分を占めますが、荷物の中にピアノがあった場合、家具や家電とはまた別にピアノの引越し料金がプラスされます。



%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%8d%e3%82%b3%e3%83%a4%e3%83%9e%e3%83%88%e3%83%94%e3%82%a2%e3%83%8e


ピアノはただ大きかったり重かったりするだけでなく、繊細な荷物でもあるので、引越し業者によってはピアノだけNGという業者もあります。



では、大手のクロネコヤマトではどうでしょうか?



クロネコヤマトでのピアノの配送の取り扱いについて詳しく調べてみました。



スポンサーリンク





クロネコヤマトのピアノ配送はしている?




クロネコヤマトではピアノの引越しの依頼は可能です。



クロネコヤマトのネットワークを活かし、全国どこでも配送OKとなっています。




期間についても土日や祝日でもOKですが、GWや年末年始などについては、配送の受付を停止している期間もありますので注意しましょう。



また、クロネコヤマトは引越しだけではなく宅配業者でもあるため、引越しのオプションプランではなく、楽器輸送のプランとなっています。



そのため、引越しをする時だけではなく、誰かにピアノを譲るなどピアノや楽器を単体で運びたいという時にも利用できるのが特徴です。



また、ピアノというとグランドピアノやアップライトがありますが、クロネコヤマトではどちらも輸送OKで、それ以外にも電子ピアノや電子オルガン、さらにはチェロやコントラバスなどの楽器の全般的な輸送にも対応していますよ。





気になる料金ですが、ピアノの種類や移動距離によって費用は変わってきます。



%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%82%af%e6%96%99%e9%87%91


例えば、アップライトピアノであれば県内(1階→1階の移動)で18900円(税抜)になっています。



他業者のピアノ輸送の料金相場も、大体県内(1階→1階)でアップライトピアノが20000円ぐらいなので、クロネコヤマトの楽器輸送料金は平均的な金額といえます。



ただし、離島などへの輸送であれば料金がプラスになったり、楽器によっては下見が必要だったりすることもあり、場合によってはその下見にも費用がかかることがあるので、その点は注意してください。



ちなみにピアノの引越しに関しては次の記事で詳しくご紹介していますので、併せてチェックしてみてくださいね。



ピアノ種別による引越し費用の差は?主要2項目で料金比較!



電子ピアノはらくらく家財宅急便でもOKなの?




電子ピアノはアップライトピアノなどと異なり、楽器というより電子機器の扱いだというイメージがある人も多いですよね。



そのため、電子ピアノの配送について調べていると、ヤマト便やらくらく家財宅急便でも配送できるという情報が数多く見られます。



しかし、実際には公式サイトでも説明されているように、らくらく家財宅急便で電子ピアノを配送することはできません。


家財宅急便で運べないもの(一部)
家財宅急便で運べないもの(一部)




このように、楽器全般は「当該配送に適する設備がない」という理由から、家財宅急便では受け付けてもらえません。



電子ピアノの場合でも、必ずピアノ配送を利用して配送を行ってくださいね。



スポンサーリンク




クロネコヤマトではピアノの買取・処分もしてくれる!




クロネコヤマトではピアノの配送だけではなく、買取や処分をするサービスもあります。



特に、引越しをする時、荷物量を減らしたいという理由や、新居ではピアノがNGな物件であるなどの理由から、処分を検討する人も多いです。



そういった場合に利用できるのが、クロネコヤマトのピアノ買取・処分サービスです。



クロネコヤマトに引越しを頼んでいる場合は、一度に頼むことができるので手間が省けますし、もし引越しはクロネコヤマトに頼んでいないとしてもピアノの買取や処分サービスを利用することができます。



ちなみに買取サービスでは、電子ピアノは買取不可なので注意してくださいね。



買取の目安の料金ですが、



  • ヤマハアップライトU30BL→100000円(税抜)~

  • ヤマハアップライトU3H→50000円(税抜)~

  • カワイアップライトBL-31→10000円(税抜)



  • となっています。



    また、処分をする場合には



  • グランドピアノ→63000円(税抜)~

  • アップライトピアノ→39000円(税抜)~

  • 電子オルガン→29000円(税抜)~



  • となっています。



    また、買取や処分をお願いする時には作業量や引き取り量がプラスされるので、それは費用のひとつとして見込んでおきましょう。



    ピアノや精密機器以外であれば、家電や家具などの大きく・重たいものに特化した『家財宅急便』というサービスもあり、うまく組み合わせができれば、トータルコストを抑えることができるかもしれません。あわせてチェックしてみてください。



    クロネコヤマトのらくらく家財宅急便の料金は?冷蔵庫や洗濯機もOK?



    また、ピアノのような特殊なオプションで対応しなければならない家財がある場合、全体の引越し料金を抑えるためには見積もり交渉がとても重要です。



    見積もりで料金を少しでも安くするコツをこちらの記事で紹介しています。


    引っ越し費用と相場について!料金を半額にしたサカイの見積り例!



    また、引越し業者の料金を比較するためには、一括見積サイトを上手に利用することが大切。



    おすすめの一括見積サイトについては、次の記事をご覧ください。



    引っ越し比較サイトでおすすめは?一括見積もりで格安業者発見!



    クロネコヤマトにピアノ配送を頼む上での注意点は?




    クロネコヤマトは、ピアノをはじめとする楽器の輸送は専門業者と提携して行っているので、輸送によって音質が変わってしまう繊細なピアノ配送においては安心できますよね。



    安全重視


    また、輸送中の過失によって起きてしまった破損などに関しては、運送保険の範囲での補償もされますよ。



    ピアノの引越しをする際に注意が必要なのが、ピアノ配送後の ピアノ調律です。



    クロネコヤマトは、ドアtoドアで全国どこでもピアノ配送を行っていますがあくまで『輸送』することが基本。



    そのため、設置後の調律はピアノ配送サービスには含まれていません。



    ピアノの調律やピアノクリーニングなどを希望の場合は、オプション扱いになるので別途料金がかかってきますよ。



    しかし、配送と合わせて頼むことができるので、一緒に依頼しておくと便利ですね。



    スポンサーリンク




    まとめ




    クロネコヤマトでは、ピアノに限らず様々な楽器の配送を全国で対応してくれる業者です。



    もちろん、ピアノ配送だけではなくピアノの買取や処分、オプションプランでピアノの調律やピアノクリーニングなども行っているので、ピアノや楽器に関する様々なことを一度に頼めるのがメリット。



    また、室内での移動なども請け負っているので、まずは気軽に相談してみてくださいね。



    室内の移動に関しては次の記事で詳しくご紹介しています。



    家具移動ならクロネコヤマト!セルフ引越を楽にするサービスは?