日通は自転車OK?単身パック利用時の一番お得な運び方は?

こんにちは、引越しアドバイザーのめぐみです。



引越しでは、色々な荷物を運びます。



日用品はもちろんのこと、家具や家電類も引越しをする時に運ばなければいけないものになります。



ですが、それ以外に大きなものとして自転車を思い浮かべる場合もありますよね。



Print


特に一人暮らしをしている学生などは自転車を移動手段のひとつとしていることも多く、そのため引越しの時に自転車をどうしようかと悩む場合もあります。



単身引越しを扱うことの多い日通では自転車を運んでくれるのでしょうか?



また運ぶ場合にはどれくらいの料金で行ってくれるのでしょうか?



併せて、引越しを自転車で運ぶときに最適の方法についてご紹介していきます。



スポンサーリンク

次の記事もあなたにおすすめです






日通では自転車を運んでくれる?




自転車の一般的な大きさとして、縦105センチ×横180センチ前後になります。



荷物にするとなかなか大きい部類に入ります。



(奥行きがないとしても、一人暮らし用の冷蔵庫よりも大きくなっています。)



荷物として大きいものだからこそ、まず引越しにおいて自転車を運んでもらえるかどうかは気になるところですよね。



日通では自転車を運んでくれるのでしょうか?



日通では、自転車を運んでくれます。



そもそも日通は日本通運という大きな運送業者です。



運送業者が自転車を運ぶことができないわけがないのです。



ただし、日通でどんな引越しプランを選ぶかによっても運べるかどうかが変わってきます。



特に注意が必要なのが、日通でも高い人気のあるサービスでもある単身パックのプランです。



具体的に次でご紹介していきます。



スポンサーリンク





日通の単身パックで自転車を運ぶことはできるの?




では、日通の単身パックプランでは自転車を運んでくれるのでしょうか?



日通の単身パックプランは、基本的に単身ボックスという決められた大きさのボックス内におさまる荷物を運ぶ仕組みになっています。



日通単身パック評判


(荷物が多い場合には、単身ボックスを追加して行うように単身ボックスの数が引越し料金になります。)



荷物が少ない単身の引越しでは、単身ボックス1つでおさまりその料金が安ければ15000円程度で済むというところから日通の単身パックのプランはとても人気が高いのです。



その単身パックプランにはいくつか種類があり、S・L・Xの3種類になります。



Sは縦155センチ×横108センチ×奥行74センチの単身ボックスで、Lの場合には縦175センチ×横108センチ×奥行104センチといった単身ボックスのサイズになっています。



すでにご紹介の通り、一般的な自転車の大きさが縦105センチ×横180センチと考えると入らないことはないけれど、自転車だけで単身ボックスがほぼほぼ埋まってしまう計算になるのです。



そのため、 単身パックで自転車を運べないわけではないけれども単身ボックスの容量を考えるとほぼ難しいのです。



ですが、単身パックでも単身パックXは長距離限定の引越しになってしまいますが鉄道用コンテナを利用するため単身パックSやLと比べると運べる荷物量が増えるため、単身パックの中でも単身パックXであれば自転車も余裕で運べるようになりますよ。



単身パックXの詳しい内容は次の記事でまとめてあります。



日通の単身パックXとは?その内容や料金、条件まとめ!




自転車を運ぶのに一番お得な方法とは?




日通の単身パックプランで考えると、長距離限定の単身パックXのプランまたは単身でも1台トラックを貸切って行う引越しでないと自転車を運ぶのは難しくなってしまいます。



そういった場合に、自転車を運ぶ場合にどういった手段が安くなるかというのも考えておきましょう。



ちなみに、日通の単身パックは単身パックSで一番安くて15000円、単身パックLは一番安くて16000円となっています。



単身パックをどうしても利用したい場合には、この単身ボックスを1つ追加する形で行うこともできます。



ほかの送り方として、自転車のみ引越しとは別に配送という形をとる方法もあります。



運送業者


配送業者のひとつとして有名なヤマト運輸でいうと、 自転車ぐらいの重さのものだと関東圏内であれば2000円~3000円程度で運ぶことができます。



(ただし、別途梱包の料金が発生します。)



もちろん自転車のサイズによって料金は多少前後しますが、それでも単身パックを追加するというよりも明らかに安くできるのはヤマト運輸などに頼むというやり方です。



ただし、このやり方のデメリットは手続きが二重になっていますという点。



引越しの手続きもして、配送という形で自転車の手続きもするという面倒さも出ますが、それでもかなり格安になるというのは引越しをする時にはありがたいものです。



ちなみに、私は単身での引越しの時に事前の見積もりで自転車があることを伝えておらず引越し当日になって自転車分を追加するという形になりました。



そのためその時は大体20000円近くプラスになってしまったのを今でも覚えています。



自転車は特に単身引越しであればかなり大きな荷物の部類に入るので、事前の見積もりの時には必ず荷物量に含めてもらうのを忘れないでくださいね。



スポンサーリンク




まとめ




単身引越しで自転車を運ぶ場合、特に単身パックプランを使用する時には自転車が大きい荷物だからこそ注意が必要ですよ。



単身パックであれば、運送業者に自転車だけ別に頼んだ方が特になることも多いですよ。



ただし、電動自転車の場合は一般的な自転車よりもかなり重量が増すため運送業者に頼むとかなりの料金になってしまうこともあります。



なので、料金などは必ず事前の見積もりで必ず営業担当者に相談するようにしてくださいね。




 引越し料金が最大50%安くなる無料の一括見積りサイトを見てみる




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ