WiMAXのプロバイダ選びで欠かせないのが比較サイトの情報です。



オススメプロバイダの料金やキャンペーン、メリット、口コミなどが網羅されていて便利ですが、いくつかサイトを見ていくと、同じプロバイダでもサイトによって評価が分かれていることがあります。



特に比較サイトに必ずといっていいほど登場する「Broad WiMAX」は良い評判、悪い評判が入り混じり、中には酷評と思える内容のものも。



そこで今回は、Broad WiMAXのメリットやデメリットをまとめながら、本当にオススメできるのかどうかを掘り下げて解説いたします。







Broad WiMAXの評判&メリットデメリット!




Broad WiMAXのメリット



1) 月額料金が最安級



WiMAXはどのプロバイダでも速度などは同じなので、とにかく安く利用できる方がお得です。



そこでプロバイダは、会員獲得のためキャッシュバックや割引などのキャンペーンを行うことが普通です。



Broad WiMAXでは、キャッシュバックなどはない代わりに最初から月額料金が安いというメリットがあります。



特に最初の2ヶ月は3,000円を切る金額で使えるという点が大きなメリットなのです。


  • 1〜2ヶ月目の月額料金・・・2,726円

  • 3〜24ヶ月目の月額料金・・・3,411円

  • (税抜、ギガ放題月額最安プラン)


    2) 端末が当日発送で届き、店舗での受け取りも可能



    WiMAXは、基本的にホームページや電話で申し込むため、ルーターが届くのに時間がかかってしまうのが弱点です。


    Broad WiMAXは申し込んだ当日に発送してくれるので、地域にもよりますが最短で翌日には届きます。



    また、渋谷、秋葉原、大宮に店舗があるので予約しておきそこで受け取れば、当日から利用することも可能。



    別料金がかかりますが、東京23区ならバイク便で届けてくれるサービスもあります。



    Broad WiMAXのデメリット



    1) 初期費用が18,857円かかる場合がある



    せっかく月額料金が安いのに、初期費用が高くて驚きますよね?



    ただしこれは、「初期費用無料キャンペーン」を使えば払わなくてすみます。



    ウェブサイトのフォームから「クレジットカード」払いで申込み、かつ「指定オプションサービス(有料)に加入」すればよく、キャンペーン期間も特に決まっていないのでいつでも対象となります。



    また、オプションサービスはルーターが届いたら解約できます。



    2) 初月利用分は無料にならない



    プロバイダによっては契約初月は無料ということが多いですが、Broad WiMAXは日割りで料金が発生します。



    細かいですが、月初に申し込むとほとんど1ヶ月分料金がかかることになります。



    3) 電話サポートが有料、営業時間が短い



    申し込み用のフリーダイヤルと異なり、ユーザーサポートダイヤルは有料で、しかも日曜祝日は営業していません。



    いざという時、なかなか繋がらないという不満も。



    以上のように、メリットデメリットを整理してみると、Broad WiMAXについては〝料金が安い〟〝わかりやすい〟という高評価と〝余計な支払いが発生する場合がある〟〝サポートに不満〟という低評価があることがわかります。



    Broad WiMAXを酷評するサイトが多い本当の理由は?




    次に酷評サイトが多いワケについてですが、上記のデメリットにもあるように、〝初期費用が高い〟ことと、この初期費用を回避するために〝有料オプションに加入しなければならない〟ことが大きな原因と考えられます。



    「初期費用18,857円無料キャンペーン!」などと書かれているとすごくお得な気分になりますが、よく調べていくと他のプロバイダにはもともと初期費用などなく、キャンペーンのために有料オプションに加入する必要もないことがわかります。



    また、オプションはすぐに解約できるとありますが、解約を忘れてしまったり、サポートダイヤルに繋がらず解約できなかったりして、無駄なオプション料金を払うことになるリスクがあります。



    きちんと理解して契約すれば問題ないのですが、わかりにくい部分が多いために騙されたと感じてしまいがちなのかもしれません。



    Broad WiMAXの料金プランや初期費用について




    それでは実際にBroad WiMAXを契約する場合のポイントをまとめていきます。



    Broad WiMAXの料金プラン!おすすめはギガ放題プラン?



    Broad WiMAXの料金プランは「ギガ放題プラン(無制限)」と「ライトプラン(7GBまで)」の2種類です。(どのプロバイダでも、 WiMAXはこの2種類となります)



    そして最初の2ヶ月間は、どちらも同じ月額料金です。なので、迷う方はとりあえずギガ放題プランにしておきましょう。



    その間通信量をどのくらい使うか調べてみて、7GBも使わないと確信できたらプラン変更すればOKです。



    Broad WiMAXの初期費用は?ルーターはamazonで買ってもいいの?



    Broad WiMAXには謎の初期費用「18,857円」がありますが、これはキャンペーン適用で無料になります。



    他には、どのプロバイダでも発生する契約事務手数料3,000円(税抜)と、オプションの安心サポートプラスの初月550円がかかります。



    ルーターは無料で、契約時に選んだものをすぐに発送してもらえるので、わざわざ自分でamazonなどで購入する必要はありません。



    Broad WiMAXの申し込み時の注意点とは?オプションの必要性について




    Broad WiMAXを契約する時は、必ずクレジットカードを用意しましょう。



    そして電話ではなくウェブサイトから申し込み、指定のオプションにも加入しておきます。



    そうしないと、初期費用18,857円がかかってしまいます。



    加入しなければならないオプションは、以下の3つです。



  • 安心サポートプラス(月額550円)…ルーターの無料修理サービス

  • MyBroadサポートライト(月額907円、最大2ヶ月無料)…インターネット設定のサポートやセキュリティソフトを利用できる

  • モバレコポイントクラブ(月額400円、最大2ヶ月無料、初回10,000ポイント付与)…会員向け優待サービス



  • いずれも端末到着後に無料で解約可能ですが、安心サポートプラスだけ初回から550円かかります。



    また、モバレコポイントクラブは初回に10,000ポイント、さらに毎月400ポイントもらえて、1ポイント=1円で還元できるので、実質無料で利用できます。



    いずれのオプションも契約後は内容をよく読んで、解約するかどうか判断してくださいね。



    Broad WiMAXのキャンセル・解約について




    契約後、やっぱりキャンセルしたくなったり、解約する場合の条件も確認しておきましょう。



    8日以内に無料キャンセルが可能!



    実際にWiMAXを使ってみて、自宅では電波が入りづらいなど正常に利用できない場合、端末を返品して契約を解除できるクーリング・オフに似た制度があります。   



    ルーターが到着してから8日以内にサポートサイトから電話で申請し、申請後7日以内に必要なものをすべてまとめ、端末配送時の箱に入れて返送します。 



    期限内に商品の返送が確認でき次第、キャンセルの受付が完了となります。



    月額料金は請求されませんが、契約事務手数料3,000円は返金されません。



    解約方法と解約金



    無料キャンセル期間を過ぎてからの解約は、解約金を払うか、契約更新月に無料で解約するかのどちらかとなります。



    解約するには専用ダイヤル(0120-651-351)に、解約したい月の25日までに電話します。



    26日以降は翌月に解約となるのでご注意くださいね。



    なお、Broad WiMAXは契約期間が3年です。無料で解約できる更新月は37ヶ月となります。



    この時期が近づいても連絡がくることはありませんので、契約時に記録しておくか、そろそろかなと思ったら早めに問い合わせておきましょう。



    更新月以外に解約する場合は以下の解約金がかかります。


    12ヶ月目まで/19,000円、24ヶ月目まで/14,000円、25ヶ月目以降/9,500円


    「ご満足保証」について



    「ご満足保証」とは、Broad WiMAXから関連会社の別のインターネット回線に乗り換える場合、解約金が無料になるというものです。


    光回線や他のモバイルWi-Fiサービスなどいろいろあるので、回線を乗り換えたいならとりあえずは担当窓口(0120-680-382)へ電話してみましょう。




    Broad WiMAXとGMOとくとくBBを比較!評価が高いのはどっち?




    最後に、プロバイダ比較サイトでよく比べられる、GMOとくとくBBとの比較です。



    Broad WiMAXとGMOとくとくBBの決定的な違いは「キャッシュバック」の有無でしょう。



    キャッシュバックがないBroad WiMAXの方が、GMOとくとくBBよりも月額料金は安いのですが、キャッシュバックをきちんと受け取った場合、契約期間中の実質支払総額はGMOとくとくBBの方が安くなります。



    GMOとくとくBBのキャッシュバックは受け取り条件が厳しいため、自信がないとか面倒と感じる方はBroad WiMAXにしておくのが無難です。



    また、Broad WiMAXは契約期間が3年ですが、GMOとくとくBBは2年と3年を選べます。



    2年契約なら早めに乗り換えられるので、新しいルーターを使いたい方キャンペーンで得したい方には、GMOとくとくBBのほうが評価が高くなります。



    いかがでしたか。



    酷評されることも多いBroad WiMAXですが、契約内容をよく理解しておけば大変お得に利用することができます。



    引越しや新生活のスタート時にはとにかく月額料金を安く抑えたいですから、検討してみる価値は高いプロバイダと言えますよ。




    結論


    ・キャッシュバックを絶対にGETできる自信がある、契約期間を2年にしたい気持ちが強いなら『GMOとくとくBB』

    ・キャッシュバックの受け取りに拘束されたくない、月額費用を最小限にしたいなら、『Broad WiMAX』



    それぞれの最新キャンペーン等の詳細や、公式サイトへのアクセスは、以下のランキング記事にあります。



    wimax比較!人気おすすめプロバイダランキング2018