今回は、Broad WiMAXの3つのデメリットをまとめながら、おすすめできる業者かどうかご紹介します。



Broad WiMAXの3つのデメリット!


1.初期費用が18,857円かかる場合がある




せっかく月額料金が安いのに、初期費用が高くて驚きますよね?



ただしこれは、「初期費用無料キャンペーン」を使えば払わなくてすみます。



ウェブサイトのフォームから「クレジットカード」払いで申込み、かつ「指定オプションサービス(有料)に加入」すればよく、キャンペーン期間も特に決まっていないのでいつでも対象となります。



また、オプションサービスはルーターが届いたら解約できます。



加入しなければならない3つのオプションとは?




  • 安心サポートプラス(月額550円)…ルーターの無料修理サービス

  • MyBroadサポートライト(月額907円、最大2ヶ月無料)…インターネット設定のサポートやセキュリティソフトを利用できる

  • モバレコポイントクラブ(月額400円、最大2ヶ月無料、初回10,000ポイント付与)…会員向け優待サービス



  • いずれも端末到着後に無料で解約可能ですが、安心サポートプラスだけ初回から550円かかります。



    また、モバレコポイントクラブは初回に10,000ポイント、さらに毎月400ポイントもらえて、1ポイント=1円で還元できるので、実質無料で利用できます。



    いずれのオプションも契約後は内容をよく読んで、解約するかどうか判断してくださいね。



    2.初月利用分は無料にならない



    プロバイダによっては契約初月は無料ということが多いですが、Broad WiMAXは日割りで料金が発生します。



    細かいですが、月初に申し込むとほとんど1ヶ月分料金がかかることになります。



    3.電話サポートが有料、営業時間が短い




    申し込み用のフリーダイヤルと異なり、ユーザーサポートダイヤルは有料で、しかも日曜祝日は営業していません。



    いざという時、なかなか繋がらないという不満も。



    このように、主なデメリットとして、『余計な支払いが発生する場合がある』『サポートに不満』が挙げられます。



    以上がBroad WiMAXのデメリットです。



    これを踏まえたうえで、個人的には、やはりBroad WiMAXが一番おすすめです。



    なぜなら、有料オプションはすぐに解約できるので、解約忘れのリスクは少ないですし、gmoとくとくbbとちがって、1年近くもキャッシュバック受取を意識しなくてよい、それでいて、トータル金額が業界最安級だからです。




    ただ、Broad WiMAX契約後も、いざ使ってみたら電波が入りにくかった、などキャンセル・解約したいケースもでてきますね。



    特に、キャンセルの際、事務手数料の返金があるかなど、細かいお金の部分を事前に把握しておくことで、納得感が大きくなり有意義です。



    Broad WiMAXのキャンセル・解約方法も事前にチェックしておきましょう。



    また、Broad WiMAXの料金の詳細や、gmoとくとくbbなど他社との比較は、以下のランキングをチェックしてみて下さい。



    wimax比較!人気おすすめプロバイダランキング2018