今日は通信業界に長年キャリアがあり、情報に精通している筆者が、人気おすすめのWiMAXプロバイダを4つ厳選し比較ランキングでご紹介します。



全てのWiMAX業者がUQコミュニケーションズから回線を借りてるため、通信速度やエリアはどの業者も同じです。



よって、比較ポイントを、


・実質料金
 (月額料金やキャッシュバックを加味)

・利便性
 (キャッシュバックが受け取りやすさやコールセンターの対応など)



としました。


結論はBroad WiMAXがおすすめ!
 第1位 broad WiMAX
・キャッシュバック受け取りリスクを回避できる
・3年実質費用 121,426円

 第2位 GMOとくとくBB
・実質支払い額が業界最安値
・3年実質費用 111,260円




wimaxプロバイダ人気おすすめ比較ランキング2018


第1位 Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

broad wimaxイメージ 画像引用;Broad WiMAX公式サイト




 ギガ放題プラン月額料金:最初の3ヶ月 2,726円、4ヶ月以降 3,411円

 端末を渋谷、秋葉原、大宮の店舗で受け取ることができる

 即日発送、最短で翌日に到着(土日祝日は除く)


メリット デメリット
●月額料金が最安級
●キャッシュバック受取漏れリスクがない
●ルーターの発送が早い
●店舗受け取りも可能
●3年間の実質料金が最安級ではあるが最安ではない
●有料オプションに加入させられる(ルーター到着後解約可能)



Broad WiMAXはキャッシュバックがないものの、月額料金が2726円からと業界最安級、3年間の実質料金は121426円です。



一方、業界最安はGMOとくとくBBの111260円ですが、40000円以上するキャッシュバックの受け取りリスクを11カ月もかかえながら過ごす必要があり、『受け取れなかったらどうしよう・・・』という大きな不安が付きまといます。



この見えない大きなリスクを回避し、契約直後に他社のキャッシュバック分の利益を早々に確定でき、精神的に開放されるメリットが大きく、Broad WiMAXをランキング1位としました。



また、WiMAXは、基本的にホームページや電話で申し込むため、ルーターが届くのに時間がかかってしまうのが弱点ですが、Broad WiMAXは申し込んだ当日に発送してくれるので、地域にもよりますが最短で翌日には届きます。



また、渋谷、秋葉原、大宮に店舗があるので予約しておきそこで受け取れば、当日から利用することも可能。



別料金がかかりますが、東京23区ならバイク便で届けてくれるサービスもあります。



Broad WiMAXの料金プラン!おすすめはギガ放題プラン?



Broad WiMAXの料金プランは「ギガ放題プラン(無制限)」と「ライトプラン(7GBまで)」の2種類です。(どのプロバイダでも、 WiMAXはこの2種類となります)



そして最初の2ヶ月間は、どちらも同じ月額料金です。なので、迷う方はとりあえずギガ放題プランにしておきましょう。



その間通信量をどのくらい使うか調べてみて、7GBも使わないと確信できたらプラン変更すればOKです。



Broad WiMAXの口コミ



ポジティブ

3000円台でWiMAXが利用できるのは業界最安級。ここまで安い金額で使うことができるのに、接続が切れたりすることもなく安定してつながる状態になっています。

自宅で使う固定回線にもなり、また外出時の安全なWi-Fiにもなりって感じで使いこなせる。両方のシチュエーションで繋がって、しかもこの安さだから契約した。

今回、WiMAX2+でこの価格なので、すぐに契約を決めました。面倒な工事もなく、ルーターが届いたらすぐにつながるので、機械音痴の人、女性でも扱いやすいです。

ネガティブ

BroadWiMAX 、1日に申し込んだのに到着予定日8日って…ホームページで謳ってるよりも配送遅くなーい?それじゃ他社と一緒では?

Broad wimax解約したくても電話が全然つながらない。これで違約金必要とか意味不明。

契約時に聞いていないサービスを付けられ、料金を請求された。当時の電話での説明も公開せず、返金にも応じない。カスタマーセンターも木で鼻をくくったような対応で、正に安かろう悪かろう。絶対にお勧めしません。

(出典/クチコミランキング https://kuchiran.jp/)



料金面でメリットを感じるケースが多く、サポートの対応や契約内容の理解不足による想定外の自体に不満を持つケースが多いですね。



もし、Broad WiMAXの契約を考えているなら、事前にデメリットを把握しておくことで、より安心して契約することが出来ますね。



 Broad WiMAXの公式サイトを見てみる



第2位 GMOとくとくBB WiMAX

gmoとくとくbb公式サイトイメージ 画像引用;GMOとくとくBB公式サイト




 3年間の料金:152,160円

 キャッシュバック:40,900円

 実質支払い額:111,260円


メリット デメリット
●キャッシュバックが高い
(最高39,900円!)
●2年プランも選べる
●契約後20日以内ならキャンセル可能
●キャッシュバックの受け取りが難しい
●解約時の違約金が高い



キャッシュバック金額が高いため、契約期間中のトータルコストは最安クラス。



ただし、キャッシュバックを受け取るためには多くの手続きが必要なうえ、受け取れるのが約1年後となるため、もらい忘れてしまうリスクも。


・キャッシュバック最大40,800円(2018年3月現在)

・ギガ放題月額料金:最初の3ヶ月 3,609円、4ヶ月以降 4,263円

・キャッシュバック受け取りには11ヶ月後にGMOより付与されたアドレスに届くメールをチェック→期限内に口座の登録という手続きが必要。忘れるとキャッシュバックはもらえません。



メールを見逃したり期限を過ぎてしまったりするとキャッシュバックは1円も受け取れないので、3年間で150,000円以上支払うことになり、見えない大きなリスクを背負うことになります。



WiMAXならGMOとくとくBBは嘘?キャッシュバックの落とし穴!



GMOとくとくBBの口コミ




キャッシュバックに魅力を感じている方が多い反面、受け取り忘れやサポートへの不満が見られます。



【良い口コミ】

安く利用できるプロバイダーを探していたのですが、とくとくBBのサイトを見ていて「それってここじゃね?」とすぐに契約しました!
WiMAX2+のルータもセットで契約できるということで、かなりの低料金で高速インターネットができるようになっています。

せっかくWi-Fiを使うのですから、スマホと連携できなければ意味がないと思っていましたが、とくとくBBのルータならこうした問題もあっさりクリアすることができました。
おまけにキャシュバックも受けることができましたので、本当にいたれりつくせりのサービスでしたね。おかげで安くて速いプロバイダで快適なインターネットライフを送ることができるようになりました。サクサクだー

キャッシュバックを適用した後にWIMAXの料金比較をすると、2年間で考えれば明らかにGMOとくとくBBが圧倒的に安い。
そもそも提供するサービスは同じなのだから、絶対的に料金が安いところを選ぶべき。ただGMOとくとくBBは自分でキャッシュバックを申請しなければいけないので、そこは忘れずにスケジューリングを。それがしっかりできれば間違いなくここが1番。そういう申請を忘れてしまう人は別のWIMAXを選んだ方が良いと思う。

現時点ではWIMAXの中でもGMOとくとくBBが圧倒的な安さだと思う。
キャンペーン時も月額利用料割引時もどちらにせよ、キャンペーンの規模が大きく、お得度が高い。WIMAXを探すのであればGMOとくとくBBは外せないと思う。WIMAXのサービス自体にはどこも差はないのでポイントサービスやキャッシュバック額等が結局決め手になると思います。

(出典/クチコミランキング https://kuchiran.jp/、クチコミュニティ https://www.kuchicommunity.net/)



【悪い口コミ】

WiMAXの性能的な部分についてはとくとくBBでも特に気になる部分はないです。
が、何らかの障害が発生した場合にサポートに問い合わせてもこれが異様なまでにつながらない。しかもフリーダイヤルではないから電話料金はこちらもちという有様…。めったに利用することがないから良いけれど、このあたりはなんとか改善してもらわないとユーザーが離れていくのでは?と思った。

つながらないのはまぁ仕方がないとはいえ、せめてフリーダイヤルにしてくれないかな、と思う。

使用しているWiMAXを解約しました。理由は、キャッシュバックでの対応、株主優待での対応に不満があったからです。
キャッシュバックは、契約から11か月後に送られてくるメールを見逃すと、受け取れない恐れがあります。株主優待での「自社グループが提供する各種サービスの利用料上限5,000円割引」にWiMAXの料金は含まれません。ただキャッシュバックの大きさは他のWIMAXと比較しても魅力的ですので、対応さえ間違えなければ損はなと思います。

 (出典/クチコミランキング https://kuchiran.jp/、クチコミュニティ https://www.kuchicommunity.net/)







gmoとくとくbbのキャッシュバックやサービスの詳細、申込みなどは、以下の公式サイトでチェックしてみて下さい。



 gmoとくとくbbの公式サイトを見てみる




【コラム】WiMAXとipad(タブレット)のセット契約はおすすめしません!

ところで、キャッシュバック以外のキャンペーンとしてよく見かけるのが、タブレットとのセット契約です。

せっかく使い放題のWiMAXにするなら、ついでにタブレットも欲しくなりますよね。

2018年4月現在、こうしたキャンペーンをしているのはGMOとくとくBBとbroad WiMAXの2社ですが、実は両方ともおすすめではありません。

どちらもセットのタブレットは決まっていて、Amazonで15,000円程度で買える機種になります。

iPadなど人気の機種が安くなるわけではないのです。

GMOとくとくBBの場合、そんなタブレットをもらうよりもキャッシュバックをもらってその金額内で好きなタブレットを買う方がよいです。

broad WiMAXは契約するときにセットオプションとして24回払いで分割購入できるというだけなので、結局Amazonで買うより高い料金を払うことになってしまいます。




wimax人気おすすめプロバイダ比較ランキングに戻る



第3位 3WiMAX

3wimaxイメージ 画像引用;3WiMAX公式サイト




 プレミアムプラン(4年契約) :最初の3ヶ月 1,970円、4ヶ月以降 3,495円

 スタンダードプラン(2年契約) :最初の3ヶ月 2,980円、4ヶ月以降 3,615円

 auユーザーには30,000円キャッシュバック




最初の3ヶ月は月額1,970円というプレミアムプランが話題。auユーザーなら30,000円のキャッシュバックもあります。



3 WiMAXのクチコミ



ここでも料金の安さとキャッシュバックが話題になっています。



ただし受け取りには条件が多いようですので注意しましょう。







第4位 BIGLOBE(ビッグローブ) WiMAX

biglobe wimax公式サイトイメージ 画像引用;BIGLOBE WiMAX公式サイト



 キャッシュバック20,000円か、月額料金割引を選択

 キャッシュバックプランの3年間の料金:156,310円

 実質支払い額 :136,310円

 月額料金割引の場合:144,410円


メリット デメリット
●ギガ放題ではキャッシュバックも月額割引も受けられる
●キャッシュバック受け取りが簡単
●2年プランも選べる
●口座振替もできる
●2年以内に解約時は端末代の残債とキャッシュバック受け取っていれば特典違約金15,000円を一括で支払う必要がある


老舗のプロバイダです。キャッシュバック、月額割引どちらも選べて手続きも分かりやすいため初心者に好評。



biglobeのキャッシュバックの受け取りイメージですが、契約から数日後、その案内が郵送されますので、期限内に記載のアンケートに回答すると約1年後に振替払出証書が届きます。



これを郵便局に持参すれば現金と交換できるので、口座番号をネットで入力する必要すらありません。



しかし、BIGLOBEはキャッシュバックをきちんと受け取ったとしても、3年実質支払い額は136310円であり、キャッシュバックのないbroad WiMAXの場合121426円のため、結局、Broad WiMAXの方がトータルで安くなります。



第5位 UQ WiMAX

UQWIMAX公式サイトイメージ 画像引用;UQ WiMAX公式サイト



WiMAX回線の運営をしているUQコミュニケーションズのプロバイダ部門です。


メリット デメリット
●店舗でも契約できる
●選べるルーターや料金プランが多い
●運営元ならではの安心感
●キャッシュバックや割引がほとんどない


UQ WIMAXの口コミ




「本家」であること、選べるルーターの種類も多いこと、料金プランも多いことなど、とにかく「多い」「選べる」というキーワードからこちらにしています。
金額的にも安いプランで契約することができました



アフターケアやフォローがきちんとしているWiMAXサービスの本家本元。ぴったりの料金プランを探せるようになっていて、利用者の利便性を一番に考えている。


WiMAXの提供元なのに(だからこそか?)割引プランやキャンペーンが少なく、他のプロバイダを経由する場合と比較して割高。特にサポートや回線速度が変わる訳ではないと思うのでメリットに乏しい。
(出典:クチコミュニティ https://www.kuchicommunity.net/、クチコミランキング https://kuchiran.jp/)



多少費用はかかっても良いので、サービスの提供元ならではのサービスのきめ細かさ・安心感を得たいなら、UQ WiMAXがおすすめです。



UQ WIMAXのキャンペーンや料金プランは?




一方、UQ WiMAXは、もともとキャッシュバックや月額料金の割引キャンペーンなどはあまり行なっていません。



WiMAX回線をいろいろなプロバイダに貸し出し、販売してもらっているためあまり安くすることはできないのでしょう。



時期によって商品券などの特典がつくこともありますが、GMOとくとくBBやbroad WiMAXといった他のプロバイダに比べると見劣りします。



UQ WiMAXの料金プランは「ギガ放題」か「月7GBまで」かの2種類です。



他のプロバイダでもそれは同じで、UQ WiMAXの料金がもともとの料金(定価のようなもの)となります。



Flatツープラスギガ放題 4,380円/月(最初の3ヶ月は3,696円/月)(税抜)
Flatツープラス(7GB) 3,696円/月(税抜)



また、契約期間はもともと2年縛りしかありませんでしたが、最近では3年縛りが標準となっています。



もちろん3年縛りの場合は契約から3年以内に解約すると違約金が発生します。



2年でも長いのに、3年となるとかなり覚悟が必要ですよね。



でもその代わり、3年プランにはメリットもあります。



通常1,005円のLTEオプションが無料になるので、よくLTEオプションを利用する人はお得です。



プロバイダによっては3年プランしか選べないところも増えてきましたが、UQ WiMAXでは、2年プランも選べるので選択肢が広がっているといえます。



第6位 カシモWiMAX

カシモWIMAXイメージ 画像引用;カシモWiMAX公式サイト



旧型の未使用端末を格安で利用できます。一つ前のモデルなので、機能的には特に問題ないでしょう。



最近では最新の端末も選べるようになりました。



キャッシュバックやauユーザー向け特典はありません。


・最安級プラン(ギガ放題):最初の2ヶ月 1,380円、3ヶ月以降 3,380円

・新端末プラン(ギガ放題):最初の1ヶ月 1,380円、2ヶ月以降 3,580円


カシモWiMAXの口コミ



2017年秋に始まったばかりのサービスなので、まだ口コミが少ないですが「シンプルで安い」という評価が目立ちます。









カシモWiMAXの評判&メリットデメリット!業界最安のカラクリ真相!


第7位 @nifty WiMAX

nifty wimaxイメージ 画像引用;@nifty WiMAX公式サイト



BIGLOBE同様老舗の安心感があります。@niftyの他のサービスを利用中の方にはおススメです。


メリット デメリット
●@nifty会員向けコンテンツが豊富 ●キャッシュバックや割引キャンペーンがない



記載の料金について、「ギガ放題3年プランで最新のルーターを選べる場合」で比較しています。理由は、WiMAXには2年契約と3年契約がありますが、3年契約のほうがキャンペーン内容がよいことが多いのと、選ぶルーターによっても金額が変わることがあるためです。また、実質支払い額とは、月額料金×36ヶ月分−キャッシュバック金額としました。初期費用などは含んでおりません。(料金は全て税抜き)



wimax人気おすすめプロバイダ比較ランキングに戻る



WiMAX業者の選び方とは?絶対失敗しない5つのコツまとめ!


選び方1; 月額料金割引かキャッシュバックかを決める



条件が同じなら、最も重要なのは支払う料金の安さです。



broad WiMAXのようにキャッシュバックがない代わりに月額料金が安い業者と、GMOとくとくbbのような多額のキャッシュバックがある業者、あるいはどちらかを選べるようになっている業者、だいたいこの3パターンがあります。



WiMAXは最低契約期間が2年間のことが多いため、割引内容から2年間のトータルコストを計算して比較してみましょう。



たいていの場合、キャッシュバックをもらう方がトータルコストは安くなります。



ただしキャッシュバックを受け取るのは契約から1年ほど後のことになり、受け取り月を覚えておいてこまめにメールをチェックするなど面倒な作業が発生しますので、そうした作業に自信がない方、あるいはそんなに待てないという方は、月額料金割引の方を選ぶ方がお得感を得られるでしょう。



選び方2; その他割引やキャンペーン


上記の事例に加えて、例えば期間限定のキャンペーンをしているとか、auユーザーだとお得になるなど、プラスαの割引を受けられるプロバイダがあれば、選択肢に入れる価値はあります。



キャンペーンの条件などをよく理解した上で申し込むようにしましょう。



選び方3; 支払い方法




現在、支払い方法がクレジットカードのみというプロバイダがほとんどです。



クレジットカードを持っていない方は、口座振替ができるプロバイダを探しましょう。



選び方4; 契約期間と違約金



WiMAXの契約期間は最低でも2年間となっており、無料解約月を除いて解約には違約金を払うケースがほとんどです。



最近では3年や4年縛りのプランにするとお得になるというプロバイダも多いため、契約期間と違約金については必ず確認してください。



契約期間が長い場合、途中でルーターの機種変更が無料でできるかどうかも重要です。



2年縛りならプロバイダ乗り換えの時に新しいルーターが入手できますが、3年や4年の間ずっと同じルーターを使わされることになると不便ですよ。



選び方5; サポート



ルーターの故障や原因不明の速度低下など、いざという時に重要なのがサポート体制です。



サポートダイヤルが有料だったり、平日しかやっていない、なかなか繋がらないという口コミが多いようなプロバイダは、 WiMAX初心者の方は避ける方がいいでしょう。



WiMAXのルーター紹介!




最後に実際にWiMAXに繋ぐ機器、ルーターをご紹介します。



WiMAXのルーターは大きく分けると、中国のファーウェイ社製Speed Wi-Fi NEXT W00シリーズと、NECプラットフォームズ社製Speed Wi-Fi NEXT WX00シリーズがあります。



「Speed Wi-Fi NEXT」の部分は同じなので後半のWかWXかを見れば、メーカーが判ります。



現時点での最新モデルはW05とWX04、さらに据え置き型ホームルーターSpeed Wi-Fi HOME L01/L01s(ファーウェイ社製)となります。



(1) Speed Wi-Fi NEXT W05



最速下り708Mbpsを実現した最新モデルです。上り速度も大幅アップで動画アップロードなども高速に。1番薄くて持ち運びやすいデザインです。



(2) Speed Wi-Fi NEXT WX04



これまでWXシリーズは「au 4G LTE」が使えませんでしたが、今回からついに対応。国産のものを使いたい方にうけています。ユーザーを選ばない丸みを帯びたデザインも好評。



(3) Speed Wi-Fi HOME L01/L01s




自宅の固定回線としてWiMAXを利用するなら、これで決まり。インテリアに溶け込むシンプルなデザインも好感度が高いです。



その他旧モデルの機種については、それを選ぶことでキャッシュバックが高くなったり基本料金が安くなるプロバイダがありますが、それ以外の理由であえて選ぶ必要はないでしょう。



【コラム】WiMAXルーターをamazonで買うメリットは?
ルーターは契約すればプロバイダから送られてきますが、Amazonでもよく売られているのを見かけます。

これの使い途や買うメリットが、よくわからないという方も多いのではないでしょうか。

実はWiMAXルーターには、スマホと同じようにsimカードが使われています。

もちろんsimカードは入れ替えできるので、ルーターをAmazonで買って対応の格安simを挿せば、通信することができます。

旅行などで一定期間だけWiMAXを使いたいときなど、2年縛りが邪魔になるためこうした使い方をすることがあります。

また、WiMAX契約時にもらったルーターが壊れてしまったとき、修理費を払うよりもAmazonでルーターを買ってsimを入れ替えて使う方がお得な場合も。

ちょっとイレギュラーな使い方をするときに、役に立ちそうですね。




wimax人気おすすめプロバイダ比較ランキングに戻る