WiMAXについて情報を集める時に頼りになるウェブサイトですが、遅い、繋がらないなどの酷評ばかりが目について不安になることがあります。



一方では高評価なサイトもあり、一体どちらを信じれば良いのかわからなくて混乱しますよね。



そこで今回はWiMAXに関する最新の評判と、酷評されがちな理由についてまとめてみました。



WiMAXの評判と口コミレビューまとめ2018!




2018年になって早いもので3ヶ月。



ネットでは毎日のようにWiMAXに関する口コミやレビューが登場しています。



その内容を大まかに分けると、以下のようになります。


  • 回線速度や繋がりやすさ、速度制限といったWiMAX回線に関するもの
  • キャッシュバックやサポートなどプロバイダに関するもの
  • ルーターの性能に関するもの


  • 特に回線についての関心が高いようで、最近のTwitterの書き込みをピックアップしてみてもその傾向がわかります。












    WiMAXの評判が酷評なサイトが目立つ本当の理由とは?




    このように、WiMAXを契約するにあたってはいかに速く、いかに繋がるかが大切です。



    そもそもWiMAXはケーブルで繋ぐ光回線などと違って電波ですので、場所によっては全く繋がらなかったり、とても遅くなってしまうことがある回線です。



    普段は快適に使えても、新幹線の中やトンネルでは使えないということが多く不安定なので、利用者によって評価が分かれてしまいがち。



    このため、どちらかといえば辛口な評価が目立ってしまうのですね。



    WiMAXの評判からおすすめ人気プロバイダを厳選!




    回線についてはどのプロバイダでも同じですから、WiMAXの契約にはできるだけお得でサポートのしっかりしたプロバイダを選ぶことが重要になります。



    プロバイダはたくさんありますが、特に人気の高い5社について良い点、今ひとつな点混じえてご紹介いたします。



    (1)UQ WiMAX



    WiMAX回線の運営をしているUQコミュニケーションズのプロバイダ部門です。


    メリット デメリット
    ●店舗でも契約できる
    ●選べるルーターや料金プランが多い
    ●運営元ならではの安心感
    ●キャッシュバックや割引がほとんどない


    (2)GMOとくとくBB



    高額キャッシュバックで有名な、とにかくトータル費用を抑えたい方向けのプロバイダ。


    メリット デメリット
    ●キャッシュバックが高い(最高39,900円!)
    ●2年プランも選べる
    ●契約後20日以内ならキャンセル可能
    ●キャッシュバックの受け取りが難しい
    ●解約時の違約金が高い


    (3)Broad WiMAX



    月額料金が安いのでキャッシュバックを待たなくてもお得に利用できます。ただし有料オプションの解約を忘れると高くなってしまいます。


    メリット デメリット
    ●月額料金が最安級
    ●ルーターの発送が早い
    ●店舗受け取りも可能
    ●有料オプションに加入させられる(ルーター到着後解約可能)


    (4)BIGLOBE(ビッグローブ) WiMAX



    老舗のプロバイダです。キャッシュバック、月額割引どちらも選べて手続きも分かりやすいため初心者に好評。


    メリット デメリット
    ●ギガ放題ではキャッシュバックも月額割引も受けられる
    ●キャッシュバック受け取りが簡単
    ●2年プランも選べる
    ●口座振替もできる
    ●2年以内に解約時は端末代の残債とキャッシュバック受け取っていれば特典違約金15,000円を一括で支払う必要がある


    (5)@nifty WiMAX



    BIGLOBE同様老舗の安心感があります。@niftyの他のサービスを利用中の方にはおススメです。


    メリット デメリット
    ●@nifty会員向けコンテンツが豊富 ●キャッシュバックや割引キャンペーンがない



    WiMAXのルーター紹介!




    最後に実際にWiMAXに繋ぐ機器、ルーターをご紹介します。



    WiMAXのルーターは大きく分けると、中国のファーウェイ社製Speed Wi-Fi NEXT W00シリーズと、NECプラットフォームズ社製Speed Wi-Fi NEXT WX00シリーズがあります。



    「Speed Wi-Fi NEXT」の部分は同じなので後半のWかWXかを見れば、メーカーが判ります。



    現時点での最新モデルはW05とWX04、さらに据え置き型ホームルーターSpeed Wi-Fi HOME L01/L01s(ファーウェイ社製)となります。



    (1) Speed Wi-Fi NEXT W05



    最速下り708Mbpsを実現した最新モデルです。上り速度も大幅アップで動画アップロードなども高速に。1番薄くて持ち運びやすいデザインです。



    (2) Speed Wi-Fi NEXT WX04



    これまでWXシリーズは「au 4G LTE」が使えませんでしたが、今回からついに対応。国産のものを使いたい方にうけています。ユーザーを選ばない丸みを帯びたデザインも好評。



    (3) Speed Wi-Fi HOME L01/L01s




    自宅の固定回線としてWiMAXを利用するなら、これで決まり。インテリアに溶け込むシンプルなデザインも好感度が高いです。



    その他旧モデルの機種については、それを選ぶことでキャッシュバックが高くなったり基本料金が安くなるプロバイダがありますが、それ以外の理由であえて選ぶ必要はないでしょう。



    WiMAXは契約期間が最低でも2年以上と長いので、できるだけ新しい機種を選ぶと安心です。



    以上、最新のWiMAXの評判とプロバイダ、ルーターについてご説明しました。



    WiMAXの評判は使う方の環境や使う頻度などで大きく変わります。



    ご自身の環境に当てはめてみて、最適なプロバイダやルーターを選ぶようにしてくださいね。