WiMAXを契約するときに迷うポイントとして、料金コース、プロバイダ、ルーター選びがあげられます。



このうち、料金コースは2種類しかなく、後で変更もできますから決めやすいでしょう。



プロバイダも、キャンペーン内容やサービスを比較することで絞り込みやすくなっています。



しかしルーターは一度機種を選んでしまうと変更するのが難しいものです。



2年後または3年後にプロバイダを乗り換えるか機種変更をするまで、基本的には同じものを使い続けなければなりませんから、どうしても慎重になってしまいますよね。



そこで今回は、WiMAXの最新ルーターを比較しながらご紹介し、契約時にどんな機種を選べば良いのかを解説していきます。



WiMAXルーターは最新機種を選ぼう!




はじめにお伝えしておきますが、WiMAXを契約するときには最新の機種を選ぶのが大前提です。



理由は2点。



1) ルーター代金は基本的に無料



ほとんどのプロバイダでは、ルーターを実質無料で提供しています。



最新機種だからといって、高くついてしまうということはありません。



まれに古い機種を選ぶとキャッシュバックが少し多くなったり、料金が安くなったりすることがありますが、在庫処分セールのようなものです。



故障のリスク等を考えると、最新の機種を選ぶのがベストと言えます。



2) WiMAXの回線速度がどんどん速くなっている



WiMAXの回線速度は、一部のエリアで現在下り最大708Mbpsです。



これがほんの1年前までは、下り最大440Mbpsでした。



もちろん、1年前の機種ではエリア内であっても下り最大708Mbpsの速度で通信することはできません。



たった1年でこのような変化が起こるため、たとえ今708Mbpsのエリアでなくても最新の機種を選んでおけば、近いうちに使えるようになる可能性が高いのです。



WiMAXルーターの最新機種を紹介!




では、2018年5月時点の最新機種をご紹介しましょう。



現在WiMAXでは、基本的に以下の3種類から選んで契約することになります。



Speed Wi-Fi NEXT W05(ファーウェイ)



2018年1月発売の最新ルーターで、下り最大708Mbpsを実現。(東名阪の一部エリアのみ)



バッテリー使用時間は最大850時間と最長なのに、薄くて横長のフォルムは持ち運びやすいと好評です。



Speed Wi-Fi NEXT WX04(NECプラットフォームズ)



2017年11月発売。



下り最大440Mbps、バッテリー最大700時間とW05に比べると見劣りしますが、国産メーカーで初めてLTEオプションに対応しました。



少し角ばったぽってりした感じのデザインは、女性に高評価です。



Speed Wi-Fi HOME L01/L01s(ファーウェイ)



最大で42台同時接続が可能な、据え置きタイプのWiMAXルーターです。



白くて丸い優しいデザインは、インテリアに馴染みます。



WiMAXルーター、機種選びのポイントは?




次に、3種類の中からどれを選ぶかということですが、WiMAXを固定回線としてお使いなら迷わずにHOME L01を選びましょう。



持ち歩いて使う場合はW05かWX04になりますが、やはり気になるのがスピードとバッテリーの性能ですね。



W05は、スピードもバッテリー使用時間もWX04に比べて上回っていますので、現時点で1番オススメできる機種です。



708Mbps対応エリアにお住いの方はもちろんですが、現時点ではエリア外でも近いうちに対応する可能性はあるので、迷ったらW05にしておくと良いでしょう。



ただし、WX04は国内メーカーが作っているため非常に安心感がありますし、デザインも好評です。



バッテリー使用時間も多少短いですが、充電ケーブルを持ち歩く方なら気にならないでしょう。



最高速度にこだわらなければ、お好みで選んでも大丈夫です。



WiMAX最新機種の口コミを検証!




最後に実際に使っている方の口コミをご紹介しましょう。



W05について


  • 五年前からWimax使いましたがこれは過去最高です。レビューに高評価しかないのも納得です。

  • 今まで使ってきたWimaxは途切れたり再起動したりシムさしなおしたりとストレスマックスでしたがコレはそんなことありません。受信感度もいいですし読み込みも早いです。3日で20gb使って速度制限かかってますが体感的にはそんなに遅くなりませんしYouTubeも普通に見れます。
    私は毎月100ギガくらい使うので現状この機種であれば間違いないと思います。



  • 初期不良で電源押してもなかなか立ち上がらない。三秒押し続けも駄目、電源おしまっくってようやく立ち上がるといった状態でした。

  • よくよく観察してみるとボタン部分がへたってるのか凹んでいるように見受けられる。当然、プロバイダに言い返品交換依頼しました。そんな位ならwx04にしておけばよかったと。

    そもそもが交換してもらったところで、立ち上げの度に3秒押ししづけてなきゃならないとなるとまたボタンが壊れてしまうのではないかという不安が付き纏ってしまう。ボタン部分の作りが甘そうな印象。

    3年縛りって事でスペックやらバッテリーの持ち云々は気にはしてたが、まさか操作ボタンの持ちまでは盲点であった(笑)たかがボタンといえど電源ボタン。電源が入らなきゃただの文鎮(笑)早々に端末保証プラン外すつもりだったのにどうしようかと思案中。



    WX04について


  • 半月過ぎた辺りから、WiFiが切れてしまい、再起動しないと直らない現象が発生。

  • 今では、時々SIMを外したり付けたりしないと、直らなくなってます。検索すると同じ症状を訴える人が多いようですね更新履歴を見ても、WiFiに絡んだ更新が多いようですし。


    WX04 | 更新履歴


    最後のアップデートから3ヶ月近く経っています。これだけ不具合例が多いのですから、メーカーはいち早くアップデートを提供すべきです。それとも、もう直せないのでしょうか?これ以上よくなることはもう無いのでしょうか?



    デザイン


    新しい感じがして好きです。今までHUAWEI製のものを使っていて見た目が”あぁ、なんか違う。けどかっこいい!”です。



    設定の簡単さ


    簡単さ、は求めてませんが、どうなんでしょう?
    なんとなくガラケーを思わせる使い方だなと。国産だからでしょうか?



    受信感度


    我が家では綺麗に入ります。前機種同様です。問題があるとすれば受信したい端末側です
    私の住んでる所ではw05の速度は出ないので、こっちにしました。



    機能性


    使い勝手が違うので慣れるまで時間かかりました。よほど機械に疎くなければ問題ないと思います、そもそも疎かったらルーターなんて必要ないかもしれませんが。



    サイズ


    少し大きいですかね、致し方ないかと。ルーターないと解約済iPhoneさんとAndroidも中身が”FOMAの低速SIM”でどちらも死亡されてただのおもちゃになっちゃうので常に持ち歩くんですけど、それなりに邪魔&重いですw



    【総評】


    だいたい満足です。電池も別なので、電池パックだけ購入できるし、今のところ朝、、からは、あまり出かけませんが、朝から夜までしっかり持ってくれます。劣化はしてくるでしょうけど。
    ただ次は本家UQWiMAXで契約したいと思います。代理店はSIMにUIMロックかかってたり、端末にSIMロックだったりで、契約後のことを考えるとそちらがいいです。

    (出典: 価格.com http://review.kakaku.com/review/)



    まとめ





    以上、WiMAXルーターの最新機種について選び方や口コミをご紹介しました。




    口コミではそれぞれ良い点悪い点があげられています。



    繋がりやすさは、ルーターの性能以外にお住いのエリアや利用環境で変わってきますし、ボタンの押しやすさや本体の重さなどは、使ってみないとわからないことが多いものです。



    ただいろいろな口コミを読んでおくことで、もし届いたルーターに不具合があれば対処法などがすぐわかるようになります。



    プロバイダ選びと同様、ルーターも納得の上で機種を選ぶようにしてくださいね。