海外のsimカードの使い方は?フリー端末と合わせて徹底解説!

こんにちは、しむかずです。

海外旅行中、日本で契約しているSIMロックスマホはそのままだと基本的に現地のSIMカードを入れても使えなくて不便ですよね。

海外では、SIMフリー端末を持ち込んで現地のプリペイドSIMを使って通信できます。

この記事では、海外でのSIMフリー端末の使い方を徹底解説します。

海外でのsimフリー端末の使い方は?

海外旅行先でSIMカードを購入して設定すれば、現地でSIMフリー端末を使って通信や通話ができます。

海外の空港や駅では、SIMフリー端末向けの現地で通信や通話ができるSIMカードが販売されています。

SIMカードの種類によって通信量や使える期間、対応するサービス(通信のみ、通話可能など)が異なっています。

これらはプリペイドSIMと呼ばれるもので、日本で契約するSIMカードのように毎月月額料金を払って使うものではありません。

プリペイドSIMは基本的に使い切ったら利用終了。

ただしものによっては、後からクレジットカードなどを使って追加チャージをすれば改めて更新されて使い続けられる場合もあります。

ちなみに日本でも、mineoや楽天モバイルなどが海外旅行時に使えるプリペイドSIMを販売しています。

現地でプリペイドSIMを購入できるかわからない場合は、日本で買ってから持っていくのもよいでしょう。

海外でプリペイドSIMを使えるSIMフリー端末ですが、これはキャリアで買った端末をSIMロック解除したものでも最初からSIMフリーとして販売されているものでもOKです。

ただし端末によって、対応する周波数はバラバラ。

端末によっては、SIMフリーでも旅行先で快適に通信できないこともあるでしょう。

海外での利用におすすめなのは、対応する周波数が多いiPhoneです。

キャリアでiPhoneを使っている、あるいはSIMフリーiPhoneを購入しているなら、それを現地で使うのがよいでしょう。

プリペイドSIMはただ買って入れただけでは使えません。

SIMフリー端末上の設定アプリで、APN設定をすれば使えるようになります。

Android端末の場合は設定アプリのモバイルネットワーク→アクセスポイントと進んでいき、設定画面を表示して説明書などに記載のある設定を追加して適用しましょう。

iPhoneの場合はWi-Fiに接続して、ブラウザのSafariから設定プロファイルをインストールすれば使えるようになりますよ。

海外のプリペイドsimカードの活用法について!

海外でゲットしたプリペイドSIMは、基本的に調べ物などで使うのがおすすめです。

プリペイドSIMを入れて通信できるようにすれば、動画を見ることなどもできるでしょう。

しかし動画やアプリの更新などはデータ量が多く、すぐにプリペイドで使える通信量をオーバーしてしまう恐れがあります。

ブラウザで調べ物をしたり、地図アプリで目的地を探したりといったあまり通信量を消費しない使い方がおすすめですね。

動画などの娯楽サービスの利用は、ホテルや街中でフリーWi-Fiスポットに接続して行いましょう。

ちなみに、国によっては制限がかかっていてGoogleなど特定のサービスを利用できないこともあります。

こちらも、合わせて気をつけましょう。

まとめ

海外旅行先にSIMフリー端末を持っていけば、現地でプリペイドSIMを買って通信できて便利です。

日本ではない海外こそネット環境がないと、どう対処していいかわからないトラブルが起こったときに大変です。

海外旅行に行く予定の人はSIMフリー端末を持っていって、現地で徹底活用してみてはどうでしょうか。

コメント

  1. KAZUMI JUNKO より:

     ごめんなさい。コメントではなく教えていただきたいのです。
    というのは、現在日本のスマホZene Fone GoのデュアルSimをメキシコで使っているのですが、電話は通じるのですが、電話回線?ではインターネットに接続できません。例えば、外出先で Google map、Uberに接続したいのに使えなくて困っています。 一つ原因かなと考えているのは・・・・現地ではtelcelのプリペード式で、なくなりそうになるとコンビニで、電話番号を伝え購入するのですが、自宅ではWifiなので、あまり使わないので、プリペイドの残額が小額だからなのかな~~~とも・・・・先日 Sim1にメキシコのSim・・・・Sim2に日本のしmを入れ替えてみましたが、まだ駄目です。教えていただけると幸いです。

タイトルとURLをコピーしました