こんにちは、引越しアドバイザーのめぐみです。

様々ある引越し業者の中から、ひとつの業者に決めて契約をしますが契約の前に気になるのはその引越し業者についてですよね。

表面上なことは訪問見積もりなどでの説明でわかりますが、引越しというのは人が行うものだからこそ『質』が気になるものです。

質を知るうえで特に知っておきたいのが、クレームなどについて。

クレーム

良い情報よりも、どんな点が悪いのかというのが気になるものです。

今回は、大手引越し業者のアート引越センターのクレームをまとめました。

[ad#]

アート引越センタークレームまとめ 電話対応編

電話対応

まずは引越しの窓口になることも多い、電話対応についてです。

アート引越センターの電話対応は、ほかの業者と比べてもとても良い印象がありますし、引越し業者の電話対応ランキングなどでも上位に入っています。

ですが、それでもやはりクレームはあるものです。

  • 電話で見積もり相談ができると思っていたら、面倒なのかすべてネットでやってくれと言われた。
  • 電話でのプラン提案が全く客の意向を反映させてなく、会社に都合のよいプランを押し付けられた。
  • 電話対応に関するクレームをまとめましたが、全体のクレームの量に対してみると電話対応に関しては非常にクレーム数は少なかったです。

    やはり、電話は窓口でもあるからこそ人の教育がしっかりと行き届いているようです。

    アート引越センタークレームまとめ 訪問見積もり編

    次に見ていきたいのが、訪問見積もりに関するクレームです。

    営業マン

  • 約束の時間に来ない上、それに対して謝罪もありませんでした。
  • 上から目線な接客で当たり前のように高いプランしか案内されなかった。
  • 訪問見積もり時のプレゼントは持ってこず、なぜか契約前提で話を進められました。
  • とにかく偉そう!小馬鹿にした対応をされて腹が立った。
  • 値段交渉には応じてくれないのに他社の悪口ばかり言う。
  • 当日契約を迫られて急に契約したら、引越し当日いろいろなことが間違って契約されていた。伝達ができていない。
  • 繁忙期の引越しの見積もりをお願いしたら訪問見積もりに来てから「忙しくてできない」の一点張り。それならはなから来てほしくなかった。
  • というように、クレーム全体においても訪問見積もりに来た営業マンへ対するものが多かったです。

    その中でも、「上から目線」という感想を持っている人が多い印象を持ちます。

    クレームを見ている中で注意が必要だなと感じたのは、営業で話した内容と引越し当日の内容が食い違っていることがあるようなので、営業で話してもらった内容は後々しっかりと確認できるような形で残しておくことが大切です。

    [ad#]

    アート引越センタークレームまとめ 引越し当日編

    次にまとめているのが、引越し当日。

    つまりは、引越し作業員に関するクレームです。

  • 予定のトラックが2台だったのに、荷物の量を見て勝手にトラックを1台にされて荷物を無理やりつめこまれた。
  • 靴下を履き替えるのはいいけど、その靴下でベランダに出てそのまま新居を歩き回られた。
  • 隣町の引越しに12時間もかかった。すべての手際が悪い。
  • 荷物の破損や紛失があったのに謝罪がなかった。荷物の扱いが雑。
  • 事前の連絡なしに大幅に予定の時間に来なかった。
  • 私自身、アート引越センターの引越し作業員に関してこういった印象が全くなかったので意外という印象でした。

    ですが、引越し作業員に関するクレームとして全体的に言えるのが、引越し作業員のチームに新人が多い場合にこういったクレームにつながることが多いことがわかります。

    特に忙しい時期には、どうしても人員が必要になるため人員確保のためまだ新人であっても働くようになっているのですね。

    新人が多い場合には、引越し作業に時間がかかる→次のアポイントに遅れる、というような悪循環が生まれてしまうのです。

    アート引越センタークレームまとめ アフターフォロー編

    引越し中の破損や紛失への対応や、ダンボール回収に関するアフターフォローについてのクレームです。

  • アート側のミスで積み忘れがあったので後日届けるといわれてから2週間連絡がない上に、問い合わせると届ける手配すらされていなかった。
  • ダンボールの無料引き取りサービスを利用するため連絡しても全く来てくれませんでした。何度か電話して5度目にやっと取りに来ました。
  • 引越し中に紛失と破損があって、それについて対応をお願いしていましたが引越しから数週間たっても連絡がなく、電話を入れると折り返し対応にされて折り返しはありません。
  • このようにクレームはまとめましたが、そこまで数は多くありませんでした。

    ただし、破損や紛失に関しては決着がつくまでにかなり時間がかかることが多いようなのでその点に関しては注意が必要です。

    また、特に繁忙期の引越しの場合にはダンボール回収が日程通りに来てくれないことも多いので、その点に関しても知っておくとよいかもしれません。

    まとめ

    今回はアート引越センターのクレームを4つの段階に分けてまとめてみました。

    ですが、実際クレームの量として多かったのは

    ・営業担当者の対応の悪さ

    ・引越し作業員の作業の手際の悪さ

    ・荷物の破損や紛失

    ・営業担当者と引越し作業員ともに時間通りにこない

    という4点です。

    とはいえ、クレームだけではなく良い評判も多くあるからこそアート引越センターは一概に悪い業者ではありません。

    特に引越し当日の作業員に関して心配であれば、営業担当者などに念を押しておくと配慮してもらえることも多いですよ。

    [ad#]