デュアルsimを海外でも使う方法は?おすすめ機種まとめ!

こんにちは、しむかずです。

デュアルSIMデュアルスタンバイに対応しているスマートフォンは、2枚のSIMカードを同時に使い分けられるので便利ですよね。

デュアルSIM端末は、もちろんSIMフリーモデルなら海外でも使えます。

今回は、デュアルSIM端末を海外で使う方法について徹底解説します。

デュアルSIM端末を海外で使う方法は?

デュアルSIM端末は、海外でもまったく問題なく使えます。

SIMフリーのデュアルSIMに対応した端末を用意して、現地で購入したSIMカードを入れて設定すればすぐに通信が可能になりますよ。

例えば片方は日本で使ったSIMカードを通話用に確保しておきつつもう片方でデータ通信を行ったり、日本のSIMは使わないけれどなくさないように本体に入れておいたりなど、色々な使い方ができますね。

海外で使えるおすすめのデュアルSIM端末まとめ!

海外で使える便利なデュアルSIM端末は、日本にもたくさんあります。

選ぶべきは、ただ2枚のSIMカードを入れられるだけではなく2枚のSIMカードを同時に使うことも可能なデュアルSIMデュアルスタンバイ対応端末ですね。

続いて、海外でも使えるおすすめのデュアルSIM端末を2つ紹介していきます。

HUAWEI nova

novaは、ファーウェイが販売しているSIMフリースマートフォン。画面サイズが5インチで、サイズが小さめになっていることが特徴の端末です。

novaは本体にケースが付属しているので、別途購入する必要なく本体を守れるのも嬉しいポイントですね。

novaはCPUがSnapdragon 625で、ゲームプレイも快適に行えます。

普段使いからゲーマーまで、幅広い人が使いこなせるのがnovaの魅力でしょう。

最近流行のデュアルレンズではないもののカメラ性能も充実。

novaなら海外の旅行先で写真を撮影するときなど、綺麗な写真を残せますよ。

ZenFone 4

日本で大人気だったZenFone 3の後継機が、ZenFone 4です。

端末価格が5~6万円程度と高額ですが、その分性能も大幅にアップしています。

ZenFone 4は、画面サイズが5.5インチと大きめ。さらにCPUはSnapdraon 660という高性能なもので、メモリも6GBと大ボリュームです。

nova以上の性能に加えてレンズはデュアルレンズ。背景ボケのある写真も撮影できます。

予算に問題なければ、ハイスペックで満足できるZenFone 4もおすすめですね。

デュアルSIM端末の同時待ち受け(DSDS)とは?

デュアルSIM端末は、国内でも海外でも2つの音声通話SIMを入れておいて着信を同時待ち受けにすることができます。

これによるメリットは様々。

例えば、仕事でスマートフォンや携帯電話を2台持っているなら1台で両方の電話番号を使えます。

端末を2台持ち歩くと、充電や荷物量において不便ですよね。

しかしデュアルSIM端末なら、このデメリットを解消できるのが嬉しいポイントです。

また片方はデータSIM、もう片方は音声通話SIMを入れて、役割分担をすることだってデュアルSIM端末なら可能です。

なにかと便利なデュアルSIM端末。

海外旅行に行く人も行かない人も、活用してみてはどうでしょうか。

まとめ

海外旅行に行く際は、デュアルSIM端末を持っていけばすぐに現地のSIMカードを本体に入れて通信が可能になって便利です。

1枚のSIMカードで利用するSIMフリー端末だと日本で使っていたSIMカードをなくしたり、日本からかかってくる電話に出られなかったり不便なこともありますよね。

日本でも海外でも、デュアルSIM端末なら快適に2枚のSIMカードを使い分けられます。

用途に合っていると感じた人は、使ってみてはどうでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました