こんにちは、引っ越しアドバイザーのめぐみです。



引っ越しをする時にまず考えるのは、どの引越し業者に頼むのかということですよね。



多くの引越し業者の中から、この業者!と決めるポイントになるのは見積もりです。



見積もり


引越しの見積もり金額は、そのもらい方によって料金が変わってくることがあります。



今回は、引っ越し業界の中でも大手の引っ越しのサカイの見積もりを安くもらうためのポイントをご紹介していきます。



スポンサーリンク





見積もりを安くする方法1 必ず訪問見積もりをしてもらう




これは引っ越しのサカイに限らず、引っ越しの見積もりをもらう時のポイント。



今は、電話やWEBなどで見積もりを済ませることができる場合もありますが、実は訪問見積もりをしてもらうということは見積もりを安くしてもらう上では重要なポイントなんです。



「自宅に来られると、営業されるのが嫌」と理由から自宅への訪問見積もりを断る人も多いですよね。



私も一人暮らしの引越しで、まだ引越しに慣れていないころはそう思っていました。



しかし、自宅に来て正確な見積もり金額を出してもらうことは大事なことです。



営業マン


これは、安くするポイントというよりは高くしないポイントと言えるのですが、あらかじめ正確な見積もりを出してもらえば、追加料金が発生してしまうということもありません。



営業マンは、荷物の量からトラックの大きさなどを計算してくれ見積もりを算出してくれます。



プロの目で見てもらうことで、素人目ではわからない正確な荷物の量がわかるんですよ。



逆に訪問見積もりを行わない場合、荷物を多めに見積もることも多く、その分料金が高くなってしまう可能性があります。



また、訪問の際にはオプションになるエアコンの着脱の有無やピアノ運搬などの料金も確認しながら教えてくれるので、漏れなく見積もってもらうことが出来るんですよ。



見積もりを安くする方法2 引っ越しのサカイは2番目以降最後以外




これだけ見ると意味がわからない、という人もいるかもしれません。



基本的に、引っ越し業者から見積もりをもらう時には1社だけからもらう、という人は少ないですよね。



特に私がおすすめなのは、3社以上。



3社以上から見積もりをもらえば、十分に比較できますしこの後のポイントでもご紹介する、交渉という点でもうまく働きます。




この時に重要なのが、見積もりをもらう順番です。



3社以上から訪問見積もりをしてもらう場合に、引っ越しのサカイは2番目以降で最後以外にするようにしてください。



というのも、引っ越しのサカイの営業マン対応の特徴として交渉上手な人が多いので、見積もりの交渉の仕方によってかなり安くすることが出来るんです。



でも、見積もりをもらうのが1番だとその場での交渉のしようがなくなってしまいますし、一番最後だと交渉以上に押しに押されて契約なんてなりかねません。



見積もりの交渉も出来て、即決もしない方法として2番目以降・最後以外に順番を置いておくことがポイントなんですよ。



下記の記事では、数ある引越し業者のなかで、10回以上引越し経験をした私が経験的におすすめできる大手8社について以下の記事で比較しています。



サカイ以外にどこに見積もりを依頼しようか検討されている方は、こちらも参考にしてみてくださいね。



引っ越し業者比較!大手おすすめ8社の見積もりとサービスの違いは?



また数ある引っ越し業者を選ぶ手段として、値段から口コミ評判までチェックすることが出来る一括見積サイトはおすすめです。



次の記事では、様々な一括見積サイトの中でも4つのサイトの特徴などをご紹介しているので、併せてチェックしてみてくださいね。



⇒引っ越し比較サイトでおすすめは?一括見積による業者発見術!



スポンサーリンク




見積もりを安くする方法3 見積もり交渉




「営業が苦手」という人の多くは、営業の押しが苦手だったり値段の交渉が苦手だったりする人が多いですよね。



でも、引っ越しの見積もりにおいてそれってすごくもったいないです。



なかには、値段交渉するのが恥ずかしいなんて人もいますが、引越しの営業マンは交渉されるのは当たり前。



ここでは、そんな営業が苦手な人でも上手く交渉出来るように、私が引っ越しのサカイで見積もりを安くしてもらってきたポイントをご紹介していきます。




まず、覚悟しておいてほしいのは営業の人は契約を取るのが仕事のため、人によってはかなりぐいぐいとくる場合があります。



でも決してひるんではいけません。こちらも「慣れてます」な雰囲気で、どんと構えてくださいね。



見積もりを出してもらう時には、まず考えられるオプションも含めた料金を提示してもらい、絶対にこれ以上値段があがらない、という見積もりにしてもらいましょう。



せっかく安くしても、後から値段がかかったらもったいないですからね。



見積もりを出した時または見積もりをしている時に、営業の人に「他にどちらから見積もりをとっているんですか?」と聞かれることが多いです。



具体名は出してもOKですが、営業の人によっては他社潰しのために他社の欠点などを言ってくることもあるので、それが気になる場合はできれば具体名は言わずに「あと2,3社からです。」のようにごまかしてみてください。



それでも迫られたら「他の業者さんに言わないでと言われた」など言ってみてください。そこまで言って迫る営業マンはいないはず。



もし名前を出すなら、引っ越しのサカイと同様に大手の名前を出しましょう。



この段階で、「今日決めてくれたら」とか「ここで決めてくれたら」という条件付きで○万円の値引きをしてくれると思います。



でもここではまだ決めてはいけません



「後1,2社から見積もりをもらって考えます」という話でそこは即決を回避しましょう。



そうすると、営業の人は「何かあれば電話でいいので、ご連絡ください」とひとこと残していくはず。それでとりあえずその場はOKです。



すべての見積もりを見て、一番安い見積もりの金額が引っ越しのサカイよりも安いのであれば、その金額よりマイナス1~2万円ぐらいの値段を設定してみてください。



引っ越しのサカイが一番安いのであれば、引っ越しのサカイの金額よりも2~3万円安い金額を設定してみてください。




これはあくまで目安なので、もし自分の希望の金額があるのであればそれを金額の設定としてももちろんOKです。



その設定した金額を引っ越しのサカイの営業の人に電話で話しましょう。



そうすると、間違いなく交渉にのってくれます。



営業交渉


もちろん、時期や距離、荷物の量の関係もあるので必ずしも希望の金額とはいかないかもしれません。



でも、具体的な金額の提示をすることで、出来る限り希望の金額に近づける努力をしてくれるはずです。



もし営業マンがちょっと渋っている感じあれば、「もしその金額でやってくれるなら、今決める」のとどめのひとことを言ってみてください。



営業にとって「今決める」という言葉はかなり響きます。



私は今まで、大体このひとことで見積もりを安くしてもらってきました。



この段取りで交渉すれば、見積もりは元の金額より絶対的に安くなりますよ。



スポンサーリンク




まとめ




引っ越しのサカイの営業の人は、ある意味営業マンらしい場合が多いです。



だからこそ、営業マンの性でもある交渉をしない手はないのです。



もちろん交渉が苦手な人も世の中たくさんいますが、今回ご紹介した様な方法をぜひとも実践してみてください。



私はこの方法で過去2回の引っ越しのサカイでの見積もりは、半額近くにしてもらいましたよ!



半額近くにしてもらった事例については、以下の記事でも詳しく紹介しておりますので、あわせてチェックしてみて下さい。



⇒引っ越し費用と相場について!料金を半額にしたサカイの見積り例!



ちなみに、見積もりを安くしてもらうことも大切ですが、引っ越し自体のサービスや接客ももちろん大切です。



引っ越しのサカイのサービスや接客についての評判も、参考にしてみてください。




引っ越しのサカイの口コミ評判の良し悪し&私の体験談!

コメントを残す