家族で引越し やることリスト 時期別に紹介


こんにちは。引越しアドバイザーのめぐみです。



引越しをするときって、準備や手続きなど、やることがかなり多いですよね。



私も毎回、考えるだけで少し憂鬱になってしまうほど。



でも漏れなくやっておかないと、引越し前後にあわてたり、引越し後の生活に支障が出るなんてことも、少なくありません。



特に家族引越しの場合、引越しをする人数も多いですし、家族構成によっては手続きの種類も増えます。



そこで今回は、家族引越しでやることについて、リストで見ていきましょう。



引越しの準備では、いつまでにやらなければならない、という期限があるものや、この時期には済ませておいた方が良い、というものがほとんど。



時期が重要ですので、やることリストも時期別に紹介していきますよ。




引越し1ヶ月前までのやることリスト




引越し1ヶ月前までのやることリスト


引越しの準備というのは、実はかなり前からスタートします。



ここでは1ヶ月前としていますが、決まり次第やるべきことが多々あります。



  • 引越しの見積もりを取り、契約する業者と引越し日を決める
  • ダンボールの手配と荷物の仕分け
  • 現住所の管理人へ退去の連絡
  • 転校・転園の手続き
  • 固定電話・インターネットの契約変更



  • 家族引越しの場合、荷物も多いので一般的には引越し業者に依頼をして、引越しをするケースが多いですよね。



    引越し業者には、1ヶ月前と言わず、引越しをしなければいけないことが決まったら、なるべく早く連絡をして、見積もりを取るのがおすすめ。



    特に引越しの繁忙期である3月~4月の時期や、週末、夏休み中などの引越しを希望する場合には、早く契約しておかないと、希望の日程で引越しができなくなる可能性があります。



    引越しを希望どおりに、そして料金を安く済ませるためにも、早めに引越し業者との契約をしましょう。




    契約するとダンボールがもらえますので、早めに捨てるもの、持っていくものなどの仕分けを始めてくださいね。



    家族引越しで特徴的なのが転校や転園の手続き。



    お子さんがいるご家庭の場合には、この手続きが必ず必要です。




    引越しの日程が決まったら、まず現在の学校に連絡をして、必要な手続きを済ませましょう。



    手続きの内容は公立や私立、各自治体などによっても異なりますので、しっかり確認をしてくださいね。



    保育園などの場合、引越し先の定員によって、希望の場所に入れない可能性も出てきます。



    私も過去の引越しで、認可園に入れず、一時的に認可外保育園に預けたことがありました。



    そういった代替手段もとれるよう、早め早めに動いてくださいね。



    引越し1~2週間前までのやることリスト




    引越し1~2週間前までのやることリスト


    1~2週間前になると、手続き関係が増えてきます。



  • 荷造り(日々使用しない物はつめておく)
  • 不用品の処分
  • 引越し挨拶品の準備
  • 役所への届け出関係(転出届、年金、保険、印鑑登録等)
  • インフラ関係(電気、ガス、水道の停止および開始)
  • 各種契約変更(新聞、定期購入など)
  • 郵便物の転送届



  • 荷造りは、現在使っていない季節品などから徐々に行っていきましょう。



    家族引越しでは荷物が多いので、自分たちが想定しているよりも時間がかかることが多いです。



    また、荷造りをしていく中で、不用品が出てくると思いますので、それぞれ適切な方法で処理してくださいね。



    そして、このくらいの時期には引越し挨拶品を準備しておきましょう。



    引越しの挨拶品
    引越しの挨拶品




    引越し前の住居の周囲の方や大家さん、引越し後のご近所の方などには挨拶が必要です。



    日用品で構いませんので、少し多めに用意しておくとよいですね。



    役所への届け出関係は準備しておけば1日で済ませられますので、必要書類などをしっかり確認してから、手続きに臨んでください。



    引越し前日までのやることリスト

  • 最終の荷造り
  • 手持ちの荷物の準備
  • 冷蔵庫/洗濯機の水抜き



  • 引越し前日までには、ほとんどの荷造りを終えておくのを目標に作業しましょう。



    引越し業者と話をしていると、当日になってもできていない、という話もよく耳にするので、そういったことがないよう、早めに作業をすすめておくのがおすすめ。



    荷造り中にダンボールが足りなくなるというのもよくある話なので、そういった場合のためにも、早め早めにしておくと安心です。



    ただし、当日引越し業者に支払うための現金や、通帳や印鑑、その他の貴重品などは自分で運ぶようにし、手持ちの荷物にまとめておきましょう。



    冷蔵庫や洗濯機は、それぞれ説明書などを見て、水抜きをし、当日の作業に影響がないようにしておいてください。



    引越し当日のやることリスト




  • 旧居の掃除
  • インフラ関係(電気のブレーカーを落とす、残金の精算、ガス開栓の立ち合いなど)
  • 引越し状況の確認、指示、精算
  • ご近所への挨拶
  • 荷解き



  • 旧居の掃除は事前にある程度済ませておいた方が良いですが、当日になって大きな家具を移動したら後ろが埃だらけだった、ということもままあるもの。



    掃除用具は最後に詰めるようにし、部屋の簡単な掃除ができるようにしておきましょう。



    また、公共料金などの精算、新居でのガス開栓の立ち合いが必要な場合もあるので、引越し時間との兼ね合いを見て、事前に調整しておいてくださいね。



    新居でのご近所への挨拶は、当日でなくても構いませんが、なるべく早く伺いましょう。




    引越しをしていることは、ご近所にはすぐにわかりますので、なかなか挨拶に来ないというのは印象がよくありません。



    新しい生活を気持ちよく始めるためにも、早めに済ませておきたいですね。



    引越し後にやることリスト




    新居への荷物の搬入が済めばほっと一息・・・といきたいところですが、引越し後にもやることはいろいろあります。



  • 役所関係の手続き(転入届、年金、保険等)
  • 運転免許の住所変更
  • 自動車の登録変更
  • 転校の手続き
  • 各種住所変更



  • 役所関係の手続きと運転免許の住所変更は、流れでまとめてやってしまうのがおすすめ。



    また、住所変更は必ず運転免許証から行いましょう。



    そうすればその他の住所変更の際に、確認する書類として運転免許証が利用できてスムーズですよ。




    まとめ




    家族引越しの場合、単身に比べて荷物も多く、やることも多いもの。



    漏れなく準備を進めるためには、チェックリストを活用するのも一つの手です。



    こちらの記事でおすすめのチェックリストを紹介していますので、ぜひ参考にしてください。



    引っ越しやることリスト&準備順番!新築入居前後にやること6つ!



    また、家族引越しの場合、家族全員の都合を合わせなければいけないので、日程の調整なども大変。



    引越しが決まったら、なるべく早めの行動を心がけてくださいね。