こんにちは、引越しアドバイザーのめぐみです。



引越しの荷造りにおいて、ダンボールが必須なのはご存知だと思いますが、ハンガーボックスというものがあることを知っていますか・



%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%bc%e3%83%9c%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%8d%e3%82%b3%e3%83%a4%e3%83%9e%e3%83%88


ハンガーボックスはより引越しの荷造りの手間を省いてくれるものですが、すべての業者に用意されているものではありません。



では、大手引越し業者のひとつであるクロネコヤマトではハンガーボックスの取り扱いはあるのでしょうか?



スポンサーリンク





クロネコヤマトでハンガーボックスは扱っている?




そもそもハンガーボックスとはどういうものかご存知ですか?



ハンガーボックスとは、ダンボール内にハンガーをかけるポールがついていて、そこに洋服をクローゼットからハンガーごと荷造りすることができる梱包資材です。



通常はたたんでダンボールに梱包しなければいけない、という手間を省くことが出来るため荷造りの時間短縮になります。



ではクロネコヤマトではハンガーボックスの取り扱いはあるのでしょうか?



クロネコヤマトでは、契約したコースによって無料提供されるものと有料オプションのひとつとしてのハンガーボックスがあります。



ハート引越料金相場





クロネコヤマトでハンガーボックスを無料で利用できるのは、ダンボールが無料となるプランのみ。



基本的には、「引越しらくらくタイムリーサービス」または「建替引越の達人」など、家族向けの引越しサービスであれば無料だと考えてください。



それ以外の場合、資材を別途購入することができますが、クロネコヤマトではハンガーボックスも購入できます。



ただし、料金などはWEBサイトでは非公開となっていますので、事前に確認が必要です。



ちなみにクロネコヤマトで単身引越しをする人で、単身資材パックを購入する人もいますが、こちらにはハンガーボックスは含まれていないので、注意してくださいね。



クロネコヤマトの単身引越しの資材セットについては次の記事で詳しくご紹介しているので参考にしてみてくださいね。



クロネコヤマトの単身パック引越しでダンボールを集める3つの方法!



また、クロネコヤマトの単身引越しに興味がある方は、こちらの記事も合わせてご覧ください。



クロネコヤマトの単身パック料金が安い理由は?日通と長短比較!



クロネコヤマトのハンガーボックスに種類はある?




一般的にハンガーボックスといえば、大き目の長方形ダンボールにポールを通していて15~20着程度洋服がかけられるようになっているものです。



ただクロネコヤマトにはハンガーボックスが2種類の素材があります。



まずはダンボール素材のもので、これは無料提供されるダンボールなどの梱包資材に含まれていたり、個別に購入することができるものです。



サイズは、450×490×1020mmサイズのものになります。



もう一つは、レンタルになるもので、エコ素材のハンガーボックス。


これはプラスチック製で反復使用できるため、購入ではなくレンタルする形になります。



またクロネコヤマトの提供している引越し・配送用の資材としては、1着用のハンガーボックスもあります。




ハンガーボックスアート


ただし1着用は割高となり引越し用としてはあまり需要が高くないので、基本的には通常の大きなハンガーボックスを使用することになるでしょう。

スポンサーリンク




クロネコヤマトのハンガーボックスは他社と違う?組み立て方は?




クロネコヤマトのハンガーボックスと他社のハンガーボックスでは明らかに違う点があります。



それがハンガーボックスが家に届く日の違いです。



私もたくさん引越し経験があり、何度もハンガーボックスを借りてきました。



大抵の場合には、ハンガーボックスを使いまわししているので、引越し当日にハンガーボックスを持ってきてその場でどんどんクローゼットのハンガーにかかった洋服たちを入れていくことになります。



ですが、クロネコヤマトの場合にはそうではありません。



クロネコヤマトのハンガーボックスは、基本的にその他ダンボールと同じ扱いになるので事前に納品されます。



ハンガーボックスを自分で組み立てて、そのハンガーボックスに洋服類をかけておくようにするのです。




ハンガーボックス=業者が持ってきてその場で詰め込んでいく、というイメージがある人はクロネコヤマトのハンガーボックスは事前に自分で組み立てから行うということを忘れないようにしてくださいね。



ただし、クロネコヤマトでも先ほど紹介したように反復して使用できるエコ素材のハンガーボックスの利用も多くなってきています。



そちらのタイプの場合には、他社のハンガーボックスと同様に当日に持ってきて洋服を入れ、引越し後その日に持ち帰る、というパターンになります。



どちらのタイプが良いか、希望などがあれば訪問見積もりの際にでも、営業マンに伝えておきましょう。



クロネコヤマトのハンガーボックスの組み立て方は?参考動画紹介!




ダンボール素材のハンガーボックス場合、組み立て方がわからなくなってしまう人も多いです。



残念ながら、記事執筆現在、『ヤマトのハンガーボックス』の立て方の詳細については、私も引越し当時メモをしておらず、他のサイトさんにも詳細情報がなかったため、詳しくご紹介できない状況です。



ですので、ハンガーボックスの組み立て方について、次の動画でイメージを膨らませつつ、それでもどうしても分からない場合は、ヤマトに直接問い合わせ頂いた方が確実です。








引越し業者にはハンガーボックスに限らず、いろいろとサービスに違いがあります。



大手引越し業者の特徴や、サービスの違いについて、こちらの記事で詳しく紹介していますよ。



引っ越し業者比較!大手おすすめ8社の見積もりとサービスの違いは?



また、自分に合った引越し業者を探すために比較をしたい場合は、引越し比較サイトを上手に活用してくださいね。



引っ越し比較サイトでおすすめは?一括見積もりで格安業者発見!


スポンサーリンク




まとめ




引越し経験が増えれば増えるほど、ハンガーボックス=当日の無料資材サービスと思ってしまいがちですが、クロネコヤマトの場合はそうとは言い切れません。



利用するプランによって有料になったり、当日ではなく事前提供だったりなど、引越し条件によって使用方法も異なります。



とはいえ、引越しの荷造り作業をよりスムーズにすることを考えたらあったらいい資材になるので、営業マンに詳しく確認してみてくださいね。




また、引越しには料金を安くしたり、荷造りを楽にする裏ワザがたくさんあります。



知らないと損をすることもありますので、ぜひこちらの記事を参考にしてください。



引越しを安くする裏技は?業者の見積もり費用を下げる11の方法!