妊活にビタミンeがおすすめ!妊娠力を高める驚くべき3つの効果

ビタミンeが妊活中に 与える影響と効果について

妊活中に必要な栄養素とは何でしょう?

よく言われているのは葉酸や亜鉛ですよね。

でも、妊活中の女性が摂るべき栄養素はそれだけではありません。

実はビタミンeも無くてはならない栄養素の1つなのです。

では、実際ビタミンeは、妊活にどのような効果があるのでしょうか。

ビタミンeが妊活中の体に与える影響と効果について解説していきます。

妊活にビタミンeが与える効果とは?

子どもを産む力を与える!

ビタミンeが子宝ビタミンと呼ばれているのをご存じですか?

トコフェロールという化学名を持つビタミンeですが、このトコフェロールには「子どもを産む力を与える」という意味があります

アンチエイジングや美肌効果で知られるビタミンeですが、実は不妊に働きかけるビタミンとして発見されたのが始まりなんですよ。

若返りビタミンで卵子を元気に

ビタミンeが卵子を元気にする。

これはビタミンeの抗酸化作用によるものです。

ビタミンeの抗酸化作用はシミやシワを防ぎ、美肌に良い効果が期待できる、というのはすでに広く知られていますよね。

でも、ビタミンeの効果はそれだけではありません。

抗酸化力を高めると、卵巣と卵子の老化を遅らせることができるのです。

抗酸化と卵子の老化の関係について、もう少し詳しく説明しておきましょう。

私たちの体に酸素が取り込まれ、酸素をエネルギーに変えるとき、同時に活性酸素が作り出されます。

この活性酸素が分子を酸化させてしまうことが、体を老化させ、シミやシワその他さまざまな生活習慣病の引き金になるのです。

さらに、増えすぎた活性酸素は、排卵にも悪影響を与えてしまいます。

排卵時、通常は、活性酸素を消去する酵素や抗酸化物質が卵胞内で卵子を保護しているのですが、活性酸素が過剰になると卵子は酸化のストレスによって質が落ちてしまいます。

そこで、体の酸化を防ぎ、卵子を老化から守ってくれる抗酸化力の高いビタミンeが必要になる、というわけですね。

毎月の排卵を安定させる

毎月の排卵を安定させるには、エストロゲンとプロゲステロンいう女性ホルモンの分泌が欠かせません。

この2つの女性ホルモンの分泌を促す働きをするのがビタミンeです。

エストロゲンは排卵前、プロゲステロンは排卵後に分泌され、上手くバランスを取りながら妊娠に備えています。

エストロゲンは子宮内膜を厚くして受精卵の着床に備え、プロゲステロンは妊娠を継続させる役割を担います。

さて、これらのホルモンを分泌させる指令を出す、いわばボス的な存在は脳の視床下部です。

視床下部は脳下垂体に指令を出し、脳下垂体は卵巣に女性ホルモンを分泌せよ、という指令を出す仕組みになっているわけですね。

ところが、ボス的存在の視床下部はとてもデリケートで、ストレスの影響を受けやすいという性質があります。

ビタミンeで女性ホルモンの分泌を促進することも大切ですが、視床下部がきちんにと指令を出せるように、できるだけストレスの少ない生活を送り、生活習慣を正す必要があるのです。

正常な排卵のためには、生殖機能だけを安定させれば良いということではありません。

体のさまざまな機能が複雑に干渉し合っていることを考えると、一生懸命ビタミンeを摂ったとしても、ストレスの多い生活を送っていては女性ホルモンの分泌が妨げられてしまうということですね。

余談ですが、私は一時期PMS(月経前症候群)にずいぶんと悩まされたことがありました。

PMSの症状もビタミンeを摂取することで和らげることができるんですよ。

また、毎日基礎体温を測っていても、グラフがガタガタでいつ排卵が起こるのか予測できないという場合もありますね。

このような場合、自己判断でビタミンeさえ摂っていれば大丈夫、と安心するのは危険です。

基礎体温が二層にならない、または、高温期があっても極端に短い場合は、無排卵や黄体機能不全の疑いがあるため、医師の診察を受けることをおすすめします。

私にも経験があるのですが、基礎体温をつけ始めてしばらくは二層というのがよく分からないこともあります。

基礎体温をつけ始めたけれど、どこで排卵してどこが高温期なのか分からないという場合は、とりあえず3ヶ月ほど様子を見ましょう。

それでもサッパリわからない!という場合は婦人科を受診してみてください。

精巣の機能を高める

ビタミンeには、精巣の機能を高め、精子の質を上げる効果があります。

また、男性ホルモンであるテストステロンを増加させ、分泌をスムーズにする働きもあります。

では、ここでひとつ、活性酸素が精子幹細胞に与える影響を示す興味深い研究をご紹介します。

先ほど「増えすぎた活性酸素は排卵に悪影響を与えるので抗酸化作用のあるビタミンeが必要」という話をしましたね。

では、活性酸素は精子にも悪影響を与えるのでしょうか。

一般的には「与える」と言われています。

右を見ても左を見ても、活性酸素は除去するべき、という見解ばかりです。

ところが、京都大学の研究チームが、活性酸素が低下すると精子幹細胞の増殖が抑制される、という論文を発表しているのです。

今回の研究成果は活性酸素の低下が精子を作るもととなる幹細胞の増殖を低下させる作用があるということを明らかにしました。

つまり、適度な量の活性酸素は精子幹細胞の生存や自己複製分裂に必要だということになります。

この研究は、2013年に米国の科学誌「Cell Stem Cell」に掲載され、日本でも朝日新聞・読売新聞を初め、多くの新聞に掲載されました。

どうやら、活性酸素の除去は必ずしも精子に良い影響を与えるとは言えない、ということになりそうですね。

とはいえ、これは活性酸素も精子幹細胞のために役立っていますよ、という研究結果なので、男性はビタミンeを摂取してはいけない、という極端な話ではありませんからね。

生殖医療も日進月歩です。

現在では不確かとされている効果や作用なども、今後の研究によって明らかにされていくでしょう。

と、同時に古い研究が覆されていく可能性もゼロではありません。

妊活中にビタミンeが不足するとどうなる?

ビタミンeが不足すると さまざまな悪影響がある!

ビタミンeが不足すると、ホルモンバランスや月経、排卵など、さまざまな悪影響が出てきます。

卵巣は元気がなくなり、卵子も酸化により衰えてしまいます。

流産を誘発する原因の1つになる可能性もあるため、婦人科や不妊専門クリニックなどでビタミンe剤を処方されることもあります。

不妊症の女性にビタミンeを長期的に投与することによって、妊娠したという例も少なくありません

ただし、ビタミンeは食事からでも充分摂れる栄養素です。

食事で足りている場合は、さらにサプリメントなどで足してしまうと、ビタミンeの過剰摂取になってしまう恐れがあります。

ビタミンeを含む食品

ビタミンeを多く含む食品は以下の通りです。

  • お茶類(煎茶・抹茶)
  • 木の実類(アーモンド・松の実・落花生)
  • 油類(サフラワー油・とうもろこし油・なたね油・サラダ油)
  • 魚介類(あんこうのきも・すじこ・キャビア・いくら・たらこ・あゆ・いわし)
  • 野菜類(トウガラシ・モロヘイヤ・大根の葉・西洋かぼちゃ・赤ピーマン)
  • そのほか、マーガリンやマヨネーズなどの調味料にも含まれています。

    また、妊活中のおやつには、ビタミンeが含まれているオイルスプレークラッカーがおすすめです。

    もうひとつ、私がぜひおすすめしたいのがアーモンドミルクです。

    アーモンドは液体にすると、さらに吸収率がアップするのでおすすめですよ。

    しかも、美味しいです!(私は好きなんですけどね。あなたの好みに合わなかったらゴメンナサイ!)

    スーパーなどでも手に入るので、お気に入りのフレーバーを探してみてくださいね。

    相乗効果が期待できる栄養素

    ビタミンeは単独で摂るよりも、他の栄養素と同時に摂取することでお互いに効果を高め合うことができます

    なかでも、ビタミンA・ビタミンCはビタミンeと相性の良い成分です。

    抗酸化作用はもちろん、効果を持続させる作用もあり、さらなる効果アップが期待できます

    どんな栄養素にも言えることですが、1つで働くよりも互いに作用し合うことが、さらに良い効果をもたらすのです。

    ビタミンeの摂取量

    ビタミンeを多く含む食品を積極的に摂るようにしましょう。

    でも、特定の栄養素のことばかり考えながら献立を考えていると、栄養が偏ってしまう可能性があるし、食事を楽しめなくなってしまいますよね。

    そこで、今日の食事はビタミンeが足りていないな、と感じたらサプリメントで補うようにすると良いでしょう。

    日本人の食事摂取基準(2015年版)によると、ビタミンEの摂取目安量と耐用上限量は以下の通りです。

    18~29歳……男性の目安6.5mg/耐用上限量800mg 女性の目安6.0mg/650mg

    30~49歳……男性6.5mg/900mg 女性6.0mg/700mg

    これを見るとお分かりになると思いますが、目安量と耐用上限量にはかなりの差がありますね。

    耐用上限量が650~800mgまでだからと言って、ギリギリまで摂る必要はないのでご安心ください。

    サプリメントからビタミンeを摂るなら、マルチビタミンなどのように、他の成分も一緒に入っているものがおすすめです。

    ビタミンeのみのサプリには、摂取目安量を大幅に上回る量が含まれているためです。

    ビタミンeを過剰に摂取すると、腎機能の低下、下痢、吐き気、血液の凝固作用が弱まるなどの恐れがあるため、サプリメントの飲み過ぎには注意してくださいね。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました