海外タブレットのおすすめ機種、鬼まとめ

こんにちは。しむかずです。

SIMフリータブレットには、格安SIMで使えるSIMフリーモデルもありますよね。

しかし使えるのは日本のみなんじゃないの?と思っていたかもしれません。

実はSIMフリータブレットなら、海外でもネットを使えます。

今回は、海外で使うのにおすすめのSIMフリータブレットを紹介します。

海外でタブレットを使うなら、SIMフリータブレットを購入しよう

海外でタブレットを使いこなしたいなら、Wi-FiモデルよりもSIMフリーモデルを買うのがおすすめです。

SIMフリータブレットなら、Wi-Fi環境がない場所でもネットができます。

レストランの場所を探したり、近くに宿屋がないか探したりと、様々な場面でタブレットをすぐに使えるのがSIMフリータブレットのメリットです。

海外でタブレットを使うなら、SIMフリータブレットを購入しましょう。

iPadは世界中で販売されていて、海外での通信に最適

海外で使うSIMフリータブレットの購入候補としてまず挙げたいのが、iPadです。

どのiPadでも基本的に性能・海外での利用には問題ありません。

最新であるiPad Pro(10.5インチ)のスペックは、以下の通りです。

税抜価格(AppleStore、64GB)
CPU A10X
メモリ 非公開
ストレージ容量 64GB
画面 10.5インチ
サイズ 250.6mm×174.1mm×61mm
重さ 477g
バッテリー容量 非公開、最大9時間稼働
対応周波数 UMTS、HSPA/、HSPA+、DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)

GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)

CDMA EV-DO Rev.、Rev.B(800、1,900MHz)

LTE-Advanced(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、17、18、19、20、21、25、26、27、28、29、30、38、39、40、41)

iPadは日本だけでなく、世界中の幅広い地域で販売されています。

これが何を意味するのかというと、世界中のSIMカードで使えるということです。

格安SIMを海外で使うにあたって、海外で使われている周波数に対応している必要があります。

iPadシリーズなら対応周波数が多いので、使える国・地域の広さは最大級です。

SIMフリーのiPadに空港などで購入したプリペイドのSIMカードを入れれば、ネットができます。

またSIMフリーのiPad Proシリーズには、実は最初から海外旅行者向けの「Apple SIM」が内蔵されています。

Apple SIMを使えば、現地で提携している通信会社の回線を使って通信できます。

つまりプリペイドSIMさえ買わなくても、iPad Proならネットがすぐ使えます。

海外でタブレットを使いたいなら、まずiPadから検討してみるのがおすすめです。

ただしiPadは、全体的にサイズが大きめです。

特にApple SIMが内蔵されているProシリーズは最大で12.9インチと、ノートパソコン並みに大きいです。

持ち運びやすさを重視するなら、次に紹介するMediaPad M3が良いでしょう。

8インチサイズのMediaPad M3は、スーツケースに収まりやすい

iPadに次いでおすすめなのが、8インチタブレットのMediaPad M3です。

MediaPad M3にはスペック違いのゴールドモデルとシルバーモデルがありますが、おすすめは安いシルバーモデルです。

税抜価格(楽天モバイル) 37,800円
CPU Kirin950
メモリ 4GB
ストレージ容量 32GB
画面 8.4インチ
サイズ 215.5mm×124.2mm×7.3mm
重さ 310g
バッテリー容量 5,100mAh
対応周波数 FDD-LTE:Band 1/3/5/7/8/19/20

TDD- LTE:Band 38/40/41

W-CDMA:Band 1/2/5/6/8/19

GSM:Band 2/3/5/8

MediaPad M3はHUAWEI社のAndroidタブレットで、画面サイズが大きいながらも横幅は細くなっています。

サイズが大きすぎずスーツケースやカバンに入れても邪魔にならないので、海外旅行での持ち運びにとても便利です。

MediaPad M3も、現地で販売されているプリペイドSIMを購入して本体に挿入すれば通信ができます。

「海外旅行向けのタブレットは大きすぎず持ち運びやすいものが良い、あるいはiPadより価格が安いものにしたい。」

そんな人は、MediaPad M3を検討してみてはどうでしょうか。

ただし対応周波数の充実度では、iPadに劣ります。

MediaPad M3を海外に持っていく際は、現地で使えるかチェックしておきましょう。

まとめ

今回は、海外でも使えるSIMフリータブレットの中からおすすめの機種を2つ紹介しました。

iPadはサイズが大きめですが、世界中で販売されているため対応周波数が多くどんな国でもバッチリ使えます。

MediaPad M3はサイズが小さめで、海外への持ち運びが負担になりません。

予算や用途を考えながら、購入するSIMフリータブレットを選びましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました